輪るピングドラム 第23話

ピングドラムを見つけよ。


 もうこれ以上新しい情報は入らなさそうな雰囲気があったけれど、ここにきて桃果ちゃんが出てきたことにより、エンディングが見えてきたようでした。あれだけ大切に守り通してきた手帳は燃えて灰となってしまった。けれど彼女さえいれば、まだ希望はある。

 陽毬ちゃんを救うために必要なことが、なんなのかよくわからないままだけれど、今の世界を壊せば救えるのか、大量の人を壊せば救えるのか。そもそも救えたように見えても救えていないのか。

 冠葉の意思はもう変わりそうにはないけど、晶馬はきっと彼を止めてくれる。眞悧はやはり死んだ、というよりどこかに隔離されている。同じように桃果もまた、呪いによって隔離されているのだとしたら、彼女の登場こそが、最後に用意された希望なのかな。

 「結局」という言葉で括りはじめてしまうと、お話自体シンプルでありさらに、それほど大掛かりなものでもありませんでした。運命という言葉で始まり、運命という言葉で終わる。その運命が自身にとってどういうものなのか、どういう存在なのか。どう捉え、生きていくのか。あらゆる見方を経て、彼等は道を切り開いていく。

 いよいよ次回で最終回。陽毬ちゃんは救えるのか・・・

輪るピングドラム 1 [Blu-ray]
キングレコード
2011-09-28


Amazonアソシエイト by 輪るピングドラム 1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"輪るピングドラム 第23話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント