偽物語 かれんビー(上)

もちろんちゃんと本編から見たから!


 この偽物語が始まると聞いたその時その瞬間から、本編スタートと共に、Blu-rayの購入の確定、及びこのキャラクターコメンタリーも楽しみにしていたのは自分だけではないはず。さらに予想外なことにキャラクターコメンタリーは2種類も設けられていて、やはり自分は「その他欧勢」に分類されるごくごく一般的な需要の一部であることを改めて噛み締めました。

 本編をさらっと見たところでまずはバサ姉&ガハラさんバージョンから。すっかりバサ姉は「キャラコメの人」の印象はもう拭えませんw 一体どれだけの台詞を喋らされているのかと思うと、その仕事っぷりには全くもって頭は上がるわけありませんでした。対するガハラさんは相変わらずの自分大好きw 唯我独尊な振る舞いはある意味完膚なき美しさすら感じられるほどです。そして目隠しフェチであることも明らかになりました。あの性格で想像しがたいけれど、それならそれで、という、いわばもう何が来ようとも、的な受け入れ態勢ではるため、彼女に対していの意外性はないといえばない(^_^;)

 この家庭教師二人が相手だと阿良々木君は全くもって太刀打ち出来ない。正直一人だって無理なのになぜ二人も揃えてしまっているのか、彼にはきっと理解できない。あのコメンタリー後の彼の身は、誰がどう予想しても、わかってしまいます。特に真宵ちゃんの場面は誰がどう見ても、犯罪の領域にしか入っていなかったからね。


 そして次は裏音声。撫子&月火ちゃん。月火ちゃんは今回が初参加でしたが、相方が撫子ちゃんということもあってか、対等に、いやそんなレベルじゃなかったな。撫子ちゃんに対する人気に嫉妬したw 陰湿な口撃が多々見受けられました。まさかドラえもんがパーマンのスピンオフ作品だったとはこの年になるまで知りませんでした。

 Bパートら辺で撫子ちゃんが漏らしていた「月火ちゃん、なんでそんなめんどくさい娘に」ってところが、この裏音声を言い表していたと思います。殊の外、思いの外月火ちゃんがうざくてw めんどくさくてw 煩わしくて、これはこれで初のタイプでした。ちゃんと「おでこちゃん」と言わせているところがまた憎らしい(良い意味で)

 炙ちゃん、って名前もまぁ、今となってはありだったかもしれないけれど、月火ちゃんの方が可愛いかな、やっぱり。
 最初から最後まで月火ちゃんは、ガハラさんとはまた違ったアプローチで自分自分でした。あの撫子ちゃんがフォローに一辺倒だったんだから、もうそれはそれは手の付けられないw 今後また来るであろう彼女のキャラコメは果たして誰が被害者にあうのかw 今からとても楽しみです。 


 化物語のキャラコメが文章として本として発売されるらしいんで、きっとこの偽物語も販売されるのかな。なんでも売る姿勢は大切。
 なんていうか2話分でよかったっていうかw 3回も一度に見るのがいけないんだってわかっていながらやっぱりみちゃって勝手に疲れました。恐ろしいほどの会話量。"間"なんて今回もどこにもありませんでした(^_^;) 次巻もとても楽しみです。またどっと疲れることができるかと思うと楽しみですw



「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス
2012-04-25


Amazonアソシエイト by 「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"偽物語 かれんビー(上)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント