TARI TARI 第3話「振ったり 出会ったり」

発表会終わっちゃったもんだから、またまた部員集めして再発足!


 合唱部が廃部となった時を同じくして、バドミントン部も廃部となり、来夏ちゃんは次なる獲物をそのバドミントン部へと定めました。結果大智君とウィーンが選ばれました。

 3対2のバドミントン対決は、大智君の全国レベルな力が発揮されるのかと思いきや、まさかシャトルまで3つ! さすがに、、なため、その力存分には出すことできず、敢え無く敗退。。 けれど来夏ちゃんは最初から2つの部を1つの部にしてしまおうと考えてて、あの対決は部名の前に来る方をどっちにするかだけでした(^_^;)
 まさかウィーンの隠れた才能が!?、と、思わせる場面もありましたが、思わせただけで、残念。。彼そういえばもうすっかりウィーンなんだけど、あれはあれでいいのかな・・・ あと大智姉が初登場っぽかったけれどいきなり下着?姿での登場でした。彼女はどこに配置されているのかも楽しみです。

 その後無事部は校長先生の許可を得て発足。教頭先生はやはり反対してきたけれど、あそこまで、だと何か理由はもっとちゃんとありそう。校長が言いかけていた和奏ちゃんのお母さんのお話が、彼女を合唱部へと留める最後の鍵になるんだろうな。併せてED絵もちょっと変えてきてくれたりしてきたらいいな。今時ではもうベタな方に入るだろう演出かもだけれど、自分としてまだ、嬉しいって思います。


 紗羽ちゃんは相変わらず馬がよく似合っていました(*^_^*)和奏ちゃんとはちゃっかり「和奏さん!」「紗羽!」と、名前で呼ぶ逢う間柄になり、二人の友達である来夏ちゃんにとっては少し不満そうだったなぁ。強引に自分も!って言いそうで、それを想像しただけでもやっぱ可愛いです、来夏ちゃん。ちっちゃいです来夏ちゃん。


 和奏ちゃんにつきまとってきた謎の外国の方&足の速い豚さん。海の家でもその豚さんはいて、来夏ちゃんたちが校歌を歌っていた時に、軽快に伴奏を入れてきたおじいさんたちは果たして何者か・・・

 町おこしのために音楽を取り入れることで、作品はもちろん、作品内世界にも音楽がメインとなる形を取り入れることで、より一層音楽、唄への重要性が高まって来ました。その期待に応えるに余るほど、彼等の唄はとても素晴らしいところが、また素敵なところです。

 次は紗羽ちゃんがなんか怒ってた・・・ 怒ると怖そうだよなぁ・・・


 今期はあまり全数が少ないこともあって、久しぶりラジオも聞こうかと(*^_^*)こちらのTARITARIにもWEBラジオがあり、ヒロイン3人がパーソナリティということもあってとっても楽しかったので、アニメと併せて聞いていきます。


TARI TARI 1 [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2012-09-05


Amazonアソシエイト by TARI TARI 1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"TARI TARI 第3話「振ったり 出会ったり」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント