氷菓 #15「十文字事件」

初の挑戦。



 文化祭が始まってからちょこちょこ話題にはなっていた、ちょっとした物の盗難事件。それはお料理研での一件を経て、古典部にも影響が及ぶ事態となりました。もちろん好奇心旺盛なちーちゃんがその事件を見逃すはずはありません。と、折木さんも思っていた。ので、彼女がその話をしてきて、いつもの「気になります!」を発動した時点で、もう逃れることはできないと、半ば腹をくくっていたに違いないんだろうな(*^_^*)

 十文字。この学園にいる名家のうちの1つの名前であり、さらに、視聴者から見れば、前回初登場した十文字かほさんのことがすぐに浮かんでしまう経路に、見事に自分もはまりました。その名は折木さんのいうとおり、一般的には「じゅうもんじ」ではなく「じゅうもじ」がノーマル。さらに盗難被害に遭った部の名を順に上げると、頭文字があいうえお順。さらに盗まれたものも、同じく、あいうえお順。そして十文字という犯行文。
 そこからこの事件は十文字分続くと推測ができ、十文字、つまり「こ」まで行われていく。つまりそうなると「こ」のつく「古典部」が最後の標的。

 そこまではわかったけれど、今はそんな怪盗を追うよりも、目の前に積まれた文集を1部でも売ることが彼等の命題である。それは他の部員も同意でした。けれどそこは里志君が切り返してきました。彼は文化祭当初から、なんとかこの「古典部」を売り込み、文集の売上に貢献させようと奮闘してくれた。だからこの事件もまた、古典部の宣伝に使えないかと考え、折木さんを置いて、他のみんなでこの事件解明に乗り出すことにしました。事件を解決すれば確実に古典部の名前は学園に広まると踏んで。


 面白かったの今回の事件、里志君がかなりなやる気を出しているところ。「データベースは結論を出せない」にも関わらず、そんなことを言っている場合ではないことに気づいたから。折木君はちーちゃんと出会ったことで、どんどん変わってきていて、それは自分が望み憧れているそれに、近づいているからでした。いくら第三者の立場が多い里志君とはいえ、それをただ見ているだけの男ではなかった。彼はなんとしても、折木さんより先に、犯人を捕まえる気でした。

 並行して摩耶花ちゃんのお話もまだ続いているところがまた気になるし、わらしべプロトコルが終わっていなかったところもまた気になる。いずれこの2つも、本線に入ってくるのかなぁ。
 今回は里志君のお話になりそうなのかな、って思うと、より楽しみになってきます。果たして犯人をどう、捕らえることになるのか。
 


氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]
角川書店
2012-07-27


Amazonアソシエイト by 氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"氷菓 #15「十文字事件」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント