ソードアート・オンライン 第15話

必ず彼女を取り戻すため。


事態は一旦リアルへ。あれから二ヶ月。キリト君こと、桐ヶ谷和人君は、あのソードアート・オンラインの世界をクリアし、現実世界へと戻ってこれました。が、一緒に暮らしていた最愛のアスナ、こと、結城明日奈ちゃんは、昏睡状態から戻っていなかった。彼は彼女の入院先を調べあげ、お見舞いに通っていたのだけれどある日、そこで彼女と結婚しようとしている男に出会いました。彼は決して明日奈ちゃんに好かれているわけではなかったのに、彼女の今の状況、昏睡状態を利用して、それを成してしまおうと考えていた。

ところどころの設定が古典的なところが、なんとも残念ではあるのだけれど、そこは制作自体を、丁寧に描いていく事で感じさせないことはできるはず。


一度は返ってきたのだけれど、一度は失ったと思った恋人がまだ、かろうじて生きていた。助けだす方法は未だ見つからないものの、彼女は目の前に確かに存在していて、触れることはできるという状態。それは「失う」こととは明らかに異なり、彼の心には少なからずの安心が芽生えていたのかもしれない。
その僅かばかりの安らぎも、突如として失われようとしていた。その唯一の瞬間も、彼女との時間そのものも失われてしまう。そうなってしまえば彼にとっての彼女はもう、恐れていた「消失」に外ならない。

けれどどうしようもない絶望感に再度打ちのめされていたその時、1通のメールが彼の瞳には希望に映りました。その添付されていた画像に映っていたのは、あのアスナだったから・・・。

現実から、気軽に挑んだ仮想へ。そして死にものぐるいで仮想から現実へと戻ってきて、今もう一度仮想へ。
仮想で得た、現実では得ることの出来なかった絆を、もう一度、現実に取り戻すために。


今回より登場した兄大好きな妹、直葉ちゃん。彼女は実は兄とは血が繋がっていなくて兄がもう大好きで(^_^;) しかも竹達彩奈さんをセレクションする当たりがもう、どうしようもない感じでした(いい意味でw)
一度返ってきて彼女のために再びダイヴする。大元は敵(子安さんw)の手中にあるという状況を度外視して、それでも彼女を助け出す一筋の、最後の希望としてやはりあくまでも、VirtualからREALへと引き戻すというスタンスは変えないその考えは、一環していると感じました。ただそれを同じ劇中で2度行うということは、それはそれで期待と不安があるところ。でも、この作品は金字塔といっても過言ではない名作。期待を大きく、後編も見ていきたいと思います。

ソードアート・オンライン 5(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2013-02-27


Amazonアソシエイト by ソードアート・オンライン 5(完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"ソードアート・オンライン 第15話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント