聖闘士星矢Ω 第45話

すべてを闇が包み込んだあの、瞬間。


 とうとう、この物語の発端。その全貌が明らかにされました。これまでで断片的に語られていた過去が、今回、マルスが筋道通してまとめて話してくれました。どう考えても根源はメディアさん。彼女さえいなければ、星矢との戦いで、マルスは確実に滅んでいた。メディアさんが闇を呼び込み、そしてアリアと光牙がそれぞれ、アリアはアテナの光の小宇宙を、光牙はメディアが呼び寄せた闇の小宇宙を受けていました。

 マルスと対峙を果たした光牙君。もちろんマルスに太刀打ちなんてできず、たとえそれがセブンセンシズに目覚めた戦士であろうとも、全くの無意味といっていいほど、力の差は歴然でした。なにせ相手は神。戦いの神マルス。
 でもマルスも最初から神だったわけではなく、元々は普通の人間でした。彼は不慮の事故?によって愛する妻、ミーシャを不条理にも失った過去があった。あのミーシャさんを亡き者にした爆発ってなんだったんだろ。その事故にもメディアが絡んでいたのだとすると、もうどうしようもないことになりそう。あの時点でソニアはいたってことは、ソニアはミーシャさんとの子で、じゃあエデンはメディアとの子かな?

 マルスは世界が間違っていると思い、その深い憎悪から神に選ばれ、さらにメディアによって闇の小宇宙を宿し、今に至っていました。いきなり赤ちゃんで登場していたアリアと光牙君。確か宇宙から飛来したんじゃなかったっけな。。その下りはカットされていたのは違和感あり過ぎだったw アテナがふと振り返ったらいる、って構図になってたよ(^_^;)


 バトルはどんどん架橋に。エデンはもう倒れてしまっていたけれど、他のみんなも来てくれるんだろうか。どうしたってユナちゃんは勝てる気がしないんで、誰かまずそっちに加勢にいってほしいのだけれど・・・





聖闘士星矢Ω 5 [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2012-12-21


Amazonアソシエイト by 聖闘士星矢Ω 5 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"聖闘士星矢Ω 第45話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント