青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第2話

麻衣さんの姿どんどん多くの人から確認ができなくなっていき、且つ、存在自体が消失しつつありました。忘却ではなく消失。はじめからなかったことに。


 街から離れればまだ知っている人もいるのでは、という咲太君の意見で、麻衣さんはできるだけ遠くへ移動してみることに。しかしそれでも彼女を知る人はどこにもいませんでした・・・
 でもホテルで咲太君が国見君に電話して聞いてみると、彼は麻衣さんのことを覚えていて、さらに双葉さんも。確かに学校では彼女の姿は誰からでも確認できていました。故に、学校と彼女の関係がなにかの鍵ではないのかと、双葉さんは考えてもいた。

 実の母親にでさえもうわからなくなっていた事態を、どう戻していくのか。芸能界に復帰さえすれば、あるいは、とも思っていたけれど、このままだと「あの」桜島麻衣という肩書はもしかしたら何の意味もなくなっていってしまう。とはいえ彼女の実力が変わっているのではないのだとしたら、それはそれである意味「新人」としてデビューできていったりするんだろうか・・・


 回想で出てきた牧之原翔子さんも、不思議ではあったのだけれど、このあとまだなにか関係してくるんだろか。咲太君にとってはかけがえのない方のようだったけど、会えていないし、そもそもその学校に在籍すらしていないと・・・。ある意味存在が消えてしまった、という麻衣さんと状況が似ていたりすのかどうか。
 あと唐突に出てきた奈央ちゃん、古賀朋絵ちゃん。エンディングみるとやはり主役級な位置づけなんだろう、ってのはわかるけど、思いっきり蹴られてたのがちょっと良かったですw

 事態は何も解決どころか、悪化していくばかりなものの、麻衣さんとのデートシーンはいちいち麻衣さんが可愛らしくて魅力的でした。さらさらと咲太君がいなしていくところは、最近な感じがしますが、頼れるところ、びしっと決めなくてはいけない ポイントは心得ている感じです。

 まずは学校に戻ってみてなのかなぁ。次回も楽しみです。




青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 『青春ブタ野郎』シリーズ (電撃文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
2014-09-09
鴨志田 一


Amazonアソシエイト


"青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第2話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント