夏目友人帳 陸 第一話 「つきひぐい」

もう早いもので6度目。  なかなか最近「6期」という言葉自体聞かない、というかほとんど聞かないw 6期。昔ならずーっと続けてこれたんだろうけれど、昨今はそうもいかず、ちょいちょいじゃないと続けられない事情があるんだろうな・・・  今回はまた新たな、という導入でした。説明はほぼほぼニャンコ先生が少年化した夏目君に対してして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #50 「彼等の居場所」

生きるための戦い。  長い戦いに幕が降りました。彼等が、彼等の居場所を得るための戦い。  得るためだけの、戦い。  多くの遺志の上で、生き延びた鉄華団。けれど生き残った者はあまりに少なく、失ったものがあまりにも多く、大きすぎました。  でも、得たものがなにもなかったわけではありません。  ほんの僅かであって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年04月 録画リストメモ(新番のみ)

2017年04月 録画リストメモ(新番のみ) もう少しで桜も満開。  冬アニメはおおよそがフレンズ一人勝ち?な空気でしたが、自分は1話で見切ってしまったのでw 特に触れることなく。クズの本懐、あと思いのほか幼女戦記がお気に入りでした。  そして春。いくつか続編はあるものの、ほぼほぼ新作。  続編だと、進撃さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クズの本懐 最終話

求め続けて。これからも求め続けて。  実に綺麗に、すべての登場人物にある意味決着がついて、さらに未来が添えられていた最終回というエピローグでした。  モカちゃんもきちんと割り切り。えっちゃんもちゃんと前を向いていました。えっちゃんも元々美人なのでショートカットも実によく似合ってて可愛かったなぁ。  先生同士も幸せそうで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2017年01-03月録画リスト

2017年01-03月録画リスト 今年ももう1月が終わろうとしてる…  だいたい2話くらいまで終わったので整理を。 201701月-03月開始日日08:30キラキラ☆プリキュア アラモードテレ朝02月05日日09:30ワンピースフジ-日17:00機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズTBS10月02日日22:27にゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クズの本懐 第十一話

人は、変われる。  崩れてきた茜先生。鐘井先生の純愛が、茜先生の調子をどんどん狂わせていって、茜先生自身がそのことに戸惑い慌てる様子が見ていてとても可愛らしかったなぁ。  茜先生は自身に対する意識が薄く、いつも第三者目線が存在していて、当事者意識を持てないでいました。さらに一線を超えることに対しても非常にハードル(これも…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #49 「マクギリス・ファリド」

遺志を。  団長の死を受け入れる間も、彼等には残されていませんでした。オルガが命を賭して与えてくれた最後の道。その道を進んでこそが、オルガのためであることを、三日月は皆に語ってくれました。彼じゃなければできないことでした。  三日月たちは時間稼ぎのため始まった掃討作戦を待ち受けることに。兵力差はもちろん圧倒的ではあったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クズの本懐 第十話

来る者は拒まず、去る者を追わず。  茜先生の本性。と、いってももうおおよそがこれまでで描かれてきてはいたのだけれど、描かれていなかった部分も見えていました。  彼女が感じ続けていた悦楽。求められること、羨まれること。それしかないのは、それしか知らないから。誰も教えてくれなかったから。彼女の魅力に、誘惑に打ち勝つような相手が現…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

亜人ちゃんは語りたい 第11話

頑張る人にできること。  亜人ちゃんに対する接し方について、教頭先生に指摘を受けた高橋先生。思い返せば教頭先生の言葉はいろいろ言い当てられていて、納得がいってしまった。彼女たちが学生である以上、周りには先生よりももっと多くの生徒、友達がいる。悩みを打ち明ける相手が多ければ多いほど、その信頼関係は深まっていくだろうし、人間関係も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #48 「約束」

あと、もう本当にあと一歩・・・  生き延びることを決めた鉄華団。そう決めてからのオルガは、昔のオルガに戻ったかのように生き生きと、そして何よりも自分を含めた家族を守り続けてきた彼に戻っていたように思います。  そのためにマクギリスは自ら囮となることを告げ、退路もなんとか見出し、頼みであった蒔苗さんとも話は着き、さらには地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~

夢と現実の狭間で。  神山監督作品だったため観てきました。でも思い返すと正直自分は、東のエデンの劇場版からいまいちヒットしてきたことがなく、期待はせずに、というスタンスで。結果はそのスタンスで良かった方でした。  現実と夢の世界を絶妙に融和させていく手法、アイデアは見ていていい意味での混乱を植え付け、その混乱を抱えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #47 「生け贄」

未来のために。  時間が経つにつれて、報道もされ、鉄華団の立場はどんどん悪くなる一方。何よりも資源が不足していて、戦うどころから明日を生きることもままならなくなってきていました。  オルガ・イツカは苦しんだ末、アリアンロッドに許しをこう行動に出てしまった。家族を守る。彼を突き動かしていた源はもうそれだけでした。自分がどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クズの本懐 第九話

「どうしてひとりじゃ生きられないんだろう・・・」  失恋してしまった花火ちゃんの下へ、えっちゃん再来。旅行へと誘ってくれて、花火ちゃんは同意しました。  あの日の夜、麦くんからはたった一言「ごめんね」というメッセージだけが届いて、それ以降連絡は取っていない。彼の告白がうまくいったとは到底考えられない。もしあの日受け入れら…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #46 「誰が為」

迷わないこと。  シノが逝き、戦場はかろうじて最終ステージへの移行を果たすことが出来た。  今回の戦いでも数多くの命が失われていきました。誰もが帰る場所を作る為に、温かい陽を浴びる時間を作りたいが為に。  多くのメンバーが、それぞれの立場で飲み込もうとしていました。ザックの考え方が一番まともにも聞こえたし、デインのいう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クズの本懐 第八話

巻き戻せることはない。  互いに告白をしようと決めた花火ちゃんと麦君。すでに二人は当初の関係性から大きく変わってきていて、恐らく二人共、どちらも、進めたいと思い始めたから告白を決めたんじゃないかな。互いが片思いをしているその恋についてと、変わってしまった二人の関係。そのどちらも進めたい。  最初は麦君。きっと何度も頭の中…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #45 「これが最後なら」

最期の一撃を。  ラスタルはその物量に奢ることなく、徹底抗戦をしかけてきました。さらに相手兵士を操作し、自らは「報復」という形でダインスレイヴを大量投入してくる始末。  多くの同士を失った鉄華団は、最後の手に出ることに。ガンダム・フラウロス(流星号)でラスタルの座乗艦への特攻に打って出て、そして・・・。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クズの本懐 第七話

価値を得たい。  モカちゃんこと、のり子ちゃんのターン。  「一生の思い出にするね」  楽しい夢のような時間。その最後に彼女が麦に伝えたその一言は、あまりにも哀しく切なく、苦しいものでした。  麦から得ていた「特別」それはモカちゃんが求めているそれとは異なるもの。その特別には先がない。離れることもないけれど、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #44 「魂を手にした男」

あと一回。  勢力が大きく2分し、見方としてはわかりやすい構図になりました。ガエリオの登場により、マクギリスの思惑は意図しない方向へと向かっていってしまった。アリアンロッドとの対立は必然であったが、セブンスターズの残存党首をまとめ上げることで、対向しようと考えていた。けれどそれは叶わなかった。結果、党首たちはアリアンロッド側に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クズの本懐 第六話

略奪への快楽。  翻弄され続ける花火ちゃん。自分も茜先生のように、好意を奪えば、得られるものがあるのかと考え、以前出会ったチャラい方を実験台に。けれどわかったことは、自分は彼女と根本的に異なる部分があまりに多いということだけ。特に自尊心についてはおよそ理解し難く、真似出来ない。  だから、得られるものはありませんでし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #43 「たどりついた真意」

再会。  革命を経て、とうとうというか、ようやくガエリオさんがその姿を、マクギリスさんの前に現しました。  1話すべてを費やし、マクギリス・ファリドとガエリオ・ボードウィンの、本当の再会が描かれていました。  マクギリスがギャラルホルンの象徴ともいうべきMSガンダム・バエル。そのバエルを起動させたことによって、彼の意思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more