夏目友人帳 伍 第七話 「遠い祭り火」

ありがとうの気持ち。  田沼君の親戚が経営している旅館が改装するということで、西村君、北本君たちみんなとお手伝いのため遠出した夏目。彼等とはほぼほぼ登場しててもちょっとだけが多かったから、今期ここでようやくまともな絡みがあって良かった(^^)  大変学生らしいちょっと若々しく楽しく過ごしていたけれど、もちろん妖はいらっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #35 「目覚めし厄祭」

お金の遣い方を知らない子どもたち。  火星で新たなガンダムフレームと一緒に発掘されたモビルワーカーもどき。それは厄災時代に、まさにその厄災を引き起こしたというモビルアーマー。そしてガンダムを含めたすべてのモビルスーツは、そのモビルアーマーを倒すために作り出された兵器でした。  マクギリスと手を結ぶことにした鉄華団。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポッピンQ

ほんの少し変わることが出来たら。  何気なく響ラジオに追加されていたこの作品宣伝用のラジオ番組。瀬戸さん亜李さんともよちゃんの3人がパーソナリティという理由だけで聞き始めたのが、この作品との出会いでした。  そこからホームページでキャラ絵やスタッフを知りつつ、動画で予告を知っていったり。ニコ生見たり。着実にw マーケティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #34 「ヴィダール立つ」

たとえ仲間でも家族でも言わないものは言わない。  オルガはマクギリスとの密約を名瀬に話し、名瀬はそのことを、自らの命を張ってテイワズに話をつけてくれました。変わらず仁義、任侠で満ち満ちていました(^_^;) でもこれでまた敵が、内なる敵が本格的に攻め込んでくるみたい。  火星の支配といっても過言ではない、その密約。一応これで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇場版 艦隊これくしょん -艦これ-

決戦、鉄底海峡  ブラウザ版サービス開始から早4年目に。TVアニメが終わって1年半。その間にもアーケード版やVita版、Android版など展開は留まることはなく、常に突き進んできてくれた作品。その艦これが満を持しての劇場アニメとなって返ってきました。  自分はブラウザ版をサービス開始年の夏くらいからやりはじめ、舞鶴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #33 「火星の王」

タカキの意思。  鉄華団はアストンたちの死を受け入れることもままならないまま、後処理に追われていました。タカキのショックはやはり大き過ぎたようでした。  アストンの最期の言葉、その想いに、タカキは押しつぶされそうになってしまっていた。それと同時に、妹だけは守りたい、決して悲しませてはいけないとも考え、彼は鉄華団をやめるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #32 「友よ」

名も無き戦い。  膠着していた戦闘は、恐れていた事態によっての終結を迎えました。犠牲、という言葉一つで括るにはあまりに大きく、何よりも悔しい。  勝者など誰もいない。誰も"何も"得ず、ただただ失っただけの戦い。狂わそうと思えば、簡単に人の心なんて流すことができてしまう。ガランは戦争に長けた人物であり、それと同時に、すべて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 伍 第六話 「音無しの谷」

久しぶりにスタンダードなお話でした。夏目が友人帳から名前返すシーンも、ひどく久しぶりに見た気がします(^_^;)  すずめ?かなんかのでっかい妖。レイコさんの知り合いで、いつもどおり、夏目をレイコと誤認するところから。いつもと違うのは、夏目が出会う直前に、別の妖によって声を奪われていたというところ。  声を奪われた状態で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #31 「無音の戦争」

膠着こそが目的。  開戦、、はしてはいたものの、その戦闘は実に不完全燃焼の積み重ねで、全く持って歯切れの悪い戦いが幾度となく繰り返されていました。あまりにおかしいため、団員たちも気づき始めるほど。  すべてはガラン・モッサの作戦、その賜物でしかありませんでした。初の経済圏同士の戦闘。そこにマクギリスを巻き込み。さらにその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 伍 第五話 「結んではいけない」

視えなければいないも同然。  久しぶりの多軌さん。  彼女の家にどうやら妖が迷い込んでしまったらしく、夏目と一緒に捜索することに。そこでは家から出れないでいる妖が、ざっと3体ほどいらっしゃった(^_^;)  多軌は祖父の術で普段は視えない妖を視ることができたので、1体は直接会話して事情を聞いて家から無事出てもらうこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #30 「アーブラウ国防軍発足式典」

戦火の火種  ラディーチェさんの裏切りにより、事態は急変してしまった。そしてその渦中に一人、タカキ・ウノはまさにその渦に、翻弄されつつありました。  式典の最中、蒔苗氏がテロに遭いチャドさんも彼を守るために負傷してしまった。その事件から地球での鉄華団の行動は極めて制限されてしまい、タカキはチャドがいない中、なんとか鉄華団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 伍 第四話 「連鎖の陰」

護る力。  的場一門の会合。そこで的場は執拗に夏目を一門に入るよう、スカウトをしていました。スカウトっていうか細かく説明かな。成り立ちや、的場家自身の呪いというか、縛りについても教えてはくれたし、噂でもう少し先も知ることができていました。  けれどそのどの理由にも夏目は一切納得できなかった。ある種そういう形もある、程…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #29 「出世の引き金」

落とし前。  途中介入はあったものの、見事三日月は、夜明けの団の団長、サンドバル・ロイターを見事打ち取ることができました。ジュリスさんはだいぶフラストレーション溜まってたんでw 再会時がちょっと心配(^_^;)  夜明けの団と同じように、鉄華団を羨んでる組織はまだまだいるのなら、鉄華団はそれをすべて薙ぎ払っていく。オルガたち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏目友人帳 伍 第三話 「祓い屋からの手紙」

舞茸は天麩羅が一番好き。  的場さんからの手紙。それはもう不吉な予感しかしませんでしたが、夏目はその手紙を見ることなく、一人の祓い屋が、妖を封印する場に遭遇した。けれどその封印は不完全だとニャンコ先生に言われ、急遽名取さんの下へ。  名取さんとのエピソードは正直結構記憶から抜け落ちてしまっているんだけど(汗) いい人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #28 「夜明け前の戦い」

共闘戦線。  夜明けの団を倒すため、鉄華団は急遽ギャラルホルンと共闘することに。実はずっと支援を受けていたマクギリス配下のカミーチェさんたちの部隊でした。彼等が駆るMSだけを見れば、これまでずっと戦い続けてきたギャラルホルンの機体には違いなく、鉄華団の皆さんは多少なりとも戸惑いを持ちながらでの戦闘。  戦線は刻一刻と状況…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 伍 第二話 「悪戯な雨」

ただ一度の出会い。  人と妖に流れている時間の流れ。それは等しいものには違いないのだけれど、感覚は違う。少女の妖が抱いていてた彼への想いは、純粋でただひたすらに純粋でした。  彼、おじいさんはタオルの事、覚えてはくれていませんでした。50年以上前のこと、いくつかのきっかけはあったにせよ、さすがに記憶から思い出させることは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 伍 第一話 「変わらぬ姿」

5度目の夏目とニャンコ先生!  いつぶりなのかと思い調べてみれば、もう4年も前。4年・・・  お話はもう説明なんて何もなくてw まるで先週の続き、かのような綱が方で始まりました。もうある意味、期間は開いてはいるものの、この作品は日常に溶け込んでいるような感覚です。何一つ違和感ありませんでしたし、ニャンコ先生はほんとゲーセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #27 「嫉心の渦中で」

新たな最初の敵は海賊船団。  夜明けの地平線団の強襲に、バルバトスルプスに乗って落ちてきた三日月が間に合い、なんとか退けることが出来た。けれど鉄華団の被害も少なくなく、特に今回初陣だった新人さんたちはメンタルへの負荷も大きそうでした。  当面の展開はその夜明けの地平線団討伐が、鉄華団の目的となりスタートしそうです。夜明け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #26 「新しい血」

続く世界。  気づけばあれからもう半年。毎月Blu-rayは買っていたものの、やはり見返すことなく今日になってしまいました(^_^;) 早い。時間の進みは問答無用で日々、加速度を増しています・・・  作品内時間も少し進んでいて、鉄華団は新たなステージへと進んでいました。けれど世界そのものは決して良くはなっていなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年07-09月録画リスト

徐々に。 すっかドラフトに入ったまま9月が終わろうとしていることに、今日気づく。 今期もこれ!ってものには出会えなかったなぁ。唯一あまんちゅ買おうかなって思ってはいたものの、個人的には茅野さんじゃないなぁ、って思ってしまったんでご遠慮することとしました… 結局秋アニメ?に入るのか、レガリアに来月からまた期待したいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more