テーマ:甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第22話

新たな章に入りつつあるのか、 ともすれば終わりが近づいているかのような(^.^) 最初はこれまでの旅路を振り返りつつ、 ポポは父の本当の目的、パサーの言葉をずっと自問自答していた。 パサーの言葉が真実であれば、本当に森を救おうとしているのは実はアダーかも知れない。 ポポ君はそこまで思いつめていました。 そんなポポに、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第21話

守護者の証が黒き森を呼ぶ・・・。 今回の力の入れようは尋常じゃなかったなぁ。この作品始まって以来、ってくらい。 黒い森をみつけたポポたち。そこで彼はパサーと一騎打ち。 彼はこの森で生まれ、そして父と母を失っていた。 それも光になったのではなく、地に根付いた木となって命が失われていた。 パサーは守護者の証を持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第20話

今回はいつもより少し深い(読みすぎかな・・)お話しだったと思います。 甲虫コレクターのホビーさん。彼は典型的な依存症でした。 序盤からブーがいいように遊ばれていたのがちょっと新鮮。 いつになく小ネタが多かったです。ここに来て今更もうキャラの個性を 強くするなんてことはないだろうから、単に遊んでただけっぽいな(^_^.) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第19話

飛行船がいつものようにまた落ちて、あろうことか民家に激突。 その村は船を家をとしていた河の村でした。 壊された家の主であるフラウさんちょーいい人で、 彼女の提案でみんな水泳大会に出ることになりました。 そこで優勝すると船一隻ゲット!だからみんな必死に参加です。 パム泳げないのは別によかったんですが、蝶々を分析し、 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第18話

子供たちだけの町。ニール役はKiroroの金城さんでした。 その町の大人たちは赤い眼の甲虫たちに襲われ、すべて光になっていた。 あの町が今の姿になるまでの話をするだけでもう1話できそうな内容だったなぁ 襲った敵はデュークだった。あいつ見た目一番異様で怖い。なんで助けちゃったんだよ・・。 そしてその町は子供だけだったからか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第17話

バビを姉さんと呼ぶ女の子と出会いました。 けれどバビは覚えていない。彼女の幼い日の記憶は失われていました・・。 やっぱりw 飛行船はあっさり壊れました。不時着してた(^_^) でもそこでバビのことを姉さんと呼ぶ女の子が現れました。 バビは子供の事も何も覚えていない。気づいたときにはもうビビ達と旅をしていた。 彼女を自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第16話

パム落ち着いて家壊したw 輝きの森への道を目指すポポたちの前に今度は断崖絶壁が現れました。 相当高くて気流もすごいことになってたけど、ギンヤンマたちは猛スピードで飛んでた。 続いてもう少し、大きな、、、ギンヤンマ?ではなく、手作り飛行船でした。 それには一人おばあさんが乗っていて、これもなかなかのスピードで駆け上がってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第15話

ソーマ君の故郷にきた。 その村では太陽が沈まないため、闇はない。 その村に住む人々にも心の闇がない。 そんな生活に耐えられなくなってソーマ君は旅に出たという。 村のみんなが自分を怖がっているように見えた、という彼の言葉が チョークとの関係に繋がるようです。記憶が蘇りそうでもありました。いや、若いよ(^_^.) ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第14話

アダーおじいさんご登場です。 アダーさんがいってることは己の意思のように聞こえました。 その使命とは本当に天から下ったものなのか、それとも誰かに命じられたのか。 んでやっと現れたと思ったアダーさんは幻影でした。実態はどこに? ムシキングやビビたちがポポたちを助けにきてくれてた。 パサーさんはまた助けてくれた。 彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第13話

ポポ君が徐々に自分を見つめて成長をはじめ、かけたけど。。 1クールラストです。 アダーに虫たちを差し出している森の民がいました。 どんどん近づいてきて、あの三人も同時に攻めて来ました。 ポポ君は自らの力で直接何かを倒したり、誰かを救ったりはしてこなかったけど、 ソーマ君は物知りで、腕っ節も強くて、ぜんぜんポポ君と違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第12話

もう一人の少年、ソーマ君登場。 絵のイメージよりずっと大人びた感じと声でしたが、力強い仲間となりました。 今回はさらにパムも不思議な力を使ったし、ムシキングも遺跡の力でまた強くなった。 そしてパムといつも一緒にいたあのコクワと再会!でもその目は、赤く染まっていました・・・ それでもコクワは最後までパムを襲うことなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第11話

ポポ君も温泉知らなかったのか(^.^) でもパムの説明じゃ何もわからんってw 温泉のある森にきたポポたち。そこには以前、命の誕生に出会った(6話でした)、 生まれた瞬間をみんなで見守ることができたあの子がいました。羽のある子。セランちゃん。 あの老人だけの村はここに引っ越してきたのです。 どうやってここまで無事これたのかは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第10話

今日は一段とかわいいよ、パム(^.^) 毎回の繋がりがさほど感じられないこの作品。今回はいきな吹雪でスタートです。 だからといってみんな服装がほとんど変わってからかなり寒そう・・。 助けに来てくれたと思った村の人には裏切られ、パム攫われて、守護者の証も取られてしまう。 ここでまたサーカス団消ゆ?と思ったけど、 ミルテ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第9話

なまけものの森。 カビに覆われて、樹液の枯れた木しかない森。 そこに森の民はいたけどみんな無気力でやるなしで、寝っ転がってる。 樹液ではなく、キノコ食べて生活してました。 自分たちが困らない程度に生きていく。というだけで、周りで困っている虫たちはお構いなし。 そんなのおかしいよ。。ポポは大きく落胆。 森は虫たちがいて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第8話

か、館長っ 湖の真ん中にあったその塔は、図書館でした。 その図書館には館長さんとその息子・グリがいるといっていましたが、 グリは一度もその塔が出た事がないという。 案の定グリはもうかなり昔に光になっていました。 それも事故で、、というのはまた変にリアルで相変わらずなスタイルです、この作品。 さらに新たな敵も突如現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第7話

あー、カマキリもだめですって・・・。 生きとし生けるものは、死が待っているのになぜ生に固執するのか。 今回はパサーがほとんどメインでした。 彼は常に死を身近と感じ、運命と信じ、戦っていました。何かも流れるまま、それが運命だと。 その運命とはどこまでが運命なのか。 彼の目にはポポの行動派無駄に見えたかもしれない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第6話

パ、パムが二、三度直撃をっ(>_<) 今回ポポたちは枯れ草だらけになってしまった草むらにたどり着きました。 ここもグルムが?やりたい放題で荒らしたのかと、 思われましたが実は違い、そこには老人しかいない村がありました。 彼らの隠れ家?に新たな森の民の命が息づいていました。 その生命を守るために、生かすため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第5話

ポポ君は地味に毎回かなり苦労している・・。 毎回虫を調べている気がする。 虫の生態なんて小学校くらいに覚えた(そして忘れた・・)メジャーなものだけで、 この作品に出てくるような虫はほとんど知らないし、そもそも虫嫌いだからw 知ろうともしてない(^.^) 今回冒頭で登場したトンボ。ウスバキトンボ。なぜ冬を越せないほど、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第4話

まだ前回を引きずってはいますが、(^_^.) とりあえずまだ見ました。 でもまだポポとサーカス団の関係がいまいち掴めません。 全力でポポを守ってくれていて、同時に彼を子供扱いするような素振りはほとんどない。 彼らは彼らの意思でポポを助け、戦い、守っているということなのだろうか。 正直この作品の対象年齢不明ですw 若干難し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第3話

パム物知り! あ、あれ?(汗) いつまでもサーカス団のみんなはいいやつでした。 東の森を目指すポポ。でもそこに突如ジガバチがポポを襲いました。 ほんとに攻殻のやつとそっくり(^.^) ジガバチの毒牙に侵されポポかなりいきなり、相当やばい状態に。 そしてさらにそこへ悪いことにあのカブトムシたちとパサーが襲ってきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第2話

暖かくないよね、カブトムシって。抱いたことないけど(^_^.) ポポ君の身のこなしはすごいな。 昼飯追いかけてついジャンプし過ぎて木の上から下まで落下。 すると途中の枝で少女がいました。声かけて近づいたら蹴られてw 結局一番下まで落下。 一度しゃがんで反動をつけつつ、右足でミドルキック。恐るべし・・・。 昼飯といってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第1話

とてもおもしろかったです。 引き込まれるきっかけがたくさんありました。 ただあのムシがもうちょっとデフォルメされてると・・(^_^;) ただムシがそれほど好きではないだけなんですがw ちっちゃいカブトムシのはよかったんだけど。。 かわいく淡いその画と、壮大さが伝わってくる音楽。 物語自体あんましよくわかってないんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more