テーマ:花咲くいろは

花咲くいろは 最終話「花咲くいつか」

自分の居場所。  いつぶりかな、これほどのTVアニメーションを見れたのって。1話から最終話まで、一分の隙もない、全身全霊。まさに作品内でいっている、描いていることを自ら、自分たちで成し得ている。そう、感じる最終話でした。  ここ最近はどれほどよくても「せめてここを・・・」って思ってしまうことが多く、老いをw 感じることが…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翆荘」

自らの夢を背負って走っていける人。 その人の夢に一緒についていくことを、夢とする人。  いよいよぼんぼり祭。喜翆荘存続の危機。この2つの大きな出来事が一度に押し寄せることで、クライマックスを迎えるこの作品。最後の最後まで、何一つ手を抜かないそのスタイルには、感服でした。絵や演出はもちろん、やはりずば抜けていたのはストーリー、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第24話「ラスボスは四十万スイ」

女将には誰一人として勝てない・・・  皐月さんのおかげで、喜翆荘に復活の兆しが見えた。けれど、女将、スイさんはその追い風を無視するかのごとく、頑なに宿を閉じることを撤回することはありませんでした。みんなが、喜翆荘を好きで、働いていきたいと言っているのに、女将だけがそれを断固拒否。誰もが理解できず、何に意固地になっているのかもわ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第23話「夢のおとしまえ」

想いはずっとそこに。  もう本当に残りわずか。喜翆荘を畳む、という女将の発言を受けて、若女将となった崇子さん、そして緒花ちゃんは東京へと向かいました。  ここにきてこれまでも十分に盛り込まれていたドラマ、そして演出のよさがさらに際立ってきていて、加えて緒花ちゃんと孝ちゃんとのお話も再開。クライマックスに向けての盛り上…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第22話「決意の片思い」

思いはひとつに。でもどんなものにも永遠はない・・・  片思いというタイトルから、みんちのお話の続きと思っていたら、加えて緒花ちゃんの恋のお話も復活♪ この作品、全体的には恋物語1つ、とはならなかったけれど、最後に持ってきてくれたらそれでもいいかな、って。  みんちはかなり最悪な形で徹さんへの思いを本人に伝えてしまった。で…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第21話「蘇る、死ね」

唐突に、それでいて華麗に「それ」は帰ってきました。  あっという間に若旦那は崇子さんとご結婚することに。今回はその結婚式を、喜翆荘で挙げよう!っていう、とても賑やかでめでたいお話・・・、になりそうだったのだけれど、この結婚式をきっかけに、みんちからまた緒花ちゃんに対して「死ね」の一言が復活した回にもなってしまいました。 …
トラックバック:35
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第20話「愛・香林祭」

愛を込めたオムライス。 文化祭の続き。みんこ姫は変わらずすべてを一人でやってやるよ!と、意固地になっていたけれど、そこを緒花ちゃんがいつもの通りw おせっかいに来てくれました。いや、本当は単に結名ちゃんの言っていた通り、チームワークが良いだけなんだけど(^^) みんこ姫は別に、彼氏のためにあーだこーだ、言ってた娘が…
トラックバック:30
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第19話「どろどろオムライス」

四十万の女は仕事に生きるのだから!  続いて今回は文化祭。緒花ちゃんのいる2-Aには、民子ちゃん、そして結名ちゃん、と、二人の姫がいることもあって、ありきたりなカフェでも、華やぐこと間違いなし。緒花ちゃんは東京の学校とのテンションの違いに、もうわくわくしちゃって目が期待にあふれていて可愛かった(^^)  夢に出てきてた孝…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第18話「人魚姫と貝殻ブラ」

他人に認められることこそが、働いている意義であって、働ける活力に直結するもの。  今回はなこち回!! 前々から話には出ていたご家族も登場されて、彼女の「素」の部分を初めて見ることができました。家では仕事場よりさらにてきぱきと立派なお姉さんであり、お母さんでもあってw あんな娘がいればもうどこに出しても恥ずかしくないし、ずっと側…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第17話「プール・オン・ザ・ヒル」

一夏の想い出は、想い出にはならず。。  映画のお話は順調に進みかけていましたが、案外あっさりそれは詐欺だとわかり、なくなってしまいました。詳しい経緯は従業員たちには伝わっていない?らしく、縁さんはまんまとハメられた形になり、挙げ句にはパートナーと思っていた崇子さんにも突き放されてしまう始末。お姉さんにも、「正しい」事を言われて…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第16話「あの空、この空」

喜翆荘で映画を!!  アニメを使って、聖地巡礼も込みで町おこし的な活動をする町はここ最近少なくなく、かくいうこのアニメも準じていました。ここ最近だと「あの花」もそうかな。有名なところだとらきすたや同じくPAWORKSの「true tears」とか。他にも町を舞台にした作品は多く、今度始まる「たまゆら」や「かんなぎ」、「化物語」…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第15話「マメ、のち、晴れ」

気づいたらヨダレが出てたんですw  結名ちゃんが洋輔さんを振ったところから続き。結名ちゃんは「たぶんそうなんじゃないかなぁ」と、思える場面が多かったんで、あの発言はそれほど驚くことではありませんでした。けれどはっきり言ってしまうようにも思えなかったんで、そこはちょっと驚きました。しかも許嫁に。  修学旅行先の旅館は、仲居…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第14話「これが私の生きる道」

やりたいことはたくさんあるけれど。  2クールスタートは修学旅行から。海水浴出来る場所に行ったみたいで、嬉しい水着回となりました。みんちの水着が大好きです。  物語は結名ちゃんのお話。いよいよもう一人のお孫さんの出番がきました。  彼女たちが泊まる旅館の跡取り息子、洋輔さん。彼はなんと結菜ちゃんの許嫁でもありました。に…
トラックバック:34
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第13話「四十万の女 -傷心MIX-」

一見さんであって、一見さんではない。ある意味最大にやっかいなお客さん(^-^)  なんとか緒花ちゃんのおかげで皐月さんを喜翆荘へと招き入れることとなった今回。いつも通りの応対を皆に命じながら、最もいつも通りではなかったのは、女将さんでした。  皐月さんはその職業柄・・・、なのかな? 所々にアドバイスを独り言のように言…
トラックバック:35
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第12話「じゃあな。」

自分が一番の悪役だ。  雨の中、みんちと徹さんに拾われた緒花ちゃん。事情はそれほどは説明しなかったけれど、緒花ちゃんは結構顔に出るタイプなので(^_^;) 徹さんにはさくっと伝わってしまいました。  けど緒花ちゃんが東京に出てきた理由は喜翆荘を救うため。憎き母親を説得すること。緒花ちゃんは母親誘拐作戦を二人に提案w 徹さ…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第11話「夜に吼える」

こんなにも、こんなにも心が動くなんて。  この前の雑誌レビュー対策結果。だいぶ良い印象を与えたと思っていたけれど、発売された雑誌を見たところその得点は10点満点中なんと5点。いくら他人の客観的評価だからといって、あまりにも不当と感じた緒花ちゃん。怒り奮闘ですぐさま雑誌社へ殴り込みをかけました。このアクティヴさを生み出している原…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第10話「微熱」

緒花ちゃん、風邪をひく。  前回のドラマティックな展開とは裏腹に、今回はある意味日常が描かれたお話でした。こういうお話こそに本当の力量が測られるものだけれど、このスタジオにはそんなのもう不要な話。期待通りでした。  朝早くから掃除しまくりだった緒花ちゃん。しばらく続けていたところ、とうとう過労でダウンしてしまい、熱ま…
トラックバック:34
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第9話「喜翆荘の一番長い日」

自分で決めたことを、自分が信じて、自分で頑張る。  前回からの続き。緒花ちゃんが徹さんを探すために数多くの結婚式場を駆け巡り探しまくり。手がかりがかなり少なかったものだから、もうほとんど不可能なのでは!?と諦めてしまっていた緒花ちゃん。  けれどそこにちょうど孝ちゃんから矢のようなお電話。ようやくその電話を取れた緒花ちゃんは…
トラックバック:35
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第8話「走り出す」

緒花ちゃん、走りに走る。  雑誌の取材で、覆面調査員たちが訪れるかも!?という情報を、今回は沖縄な結名ちゃんから入手した緒花ちゃん。もしその雑誌ランキングで上位になれば、喜翆荘が満員御礼になるのも夢じゃない!という夢を見ていたところ、アクシデントは起きました。  1つ目のアクシデント?は急に増えたお客さんたち。なぜか…
トラックバック:39
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第7話 「喜翆戦線異状なし」

若さって、いいよね。  仲居頭 輪島巴さんの苦労の日々。その一部分が今回、最初から最後まで余すところなく描かれておりました。能登さんは今年で31歳です。大好きです。  巴さんもたぶんもうそれくらいの年齢なのかなぁ ぎりぎり20代にも見えるけど(^_^;) 親から言われることは決まっていつも同じで、言われなくてもわかっ…
トラックバック:39
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第6話 「Nothing Venture Nothing Win」

「何かをすれば、何かは起きる」  前回?くらいに電話でのみ出ていた崇子さんなる、喜翆荘には似つかわしくない方が来訪されたお話。実際には結構前から月一で来ているコンサルティング会社の方みたいでしたが、性格も、肝心の仕事もまるでダメでw なぜ雇っているのか不明です。  毎回セクション毎に被害に遭っててw 今回は仲居さんたち。…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第5話 「涙の板前慕情」

頑張っている人を、心から応援したい。  徹さんがなぜか福屋の結名ちゃんと!?という、見てはいけない場面で終わってしまった前回。お話は小説家さんのせいでw 徹さんが引き抜きになった、ってとこまで発展していきました(^-^)  もちろん一番ショックを受けたのはみんち。彼女は彼がいなかったら、喜翆荘で働くことができていなか…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第4話 「青鷺ラプソディー」

春は新学期の始まり。挽肉的なみんちの恋のお話。  小説家さんの騒動が一件落着してまもなく、緒花ちゃんは新しい学校での新学期を迎えることとなりました。緒花ちゃんは1話でも学生服姿は見ることができていたけど、民子ちゃんや菜子ちゃんは初めて! もちろん可愛らしくて、もう心が掴まれっぱなしです。  クラスは残念ながら?w 菜子ち…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

たくさんは縛れません。  引き続き売れない小説家さんのお話完結編w  彼は彼なりに苦悩していたようだけれど、あの発想そのものを直さない限り前へ進むどころか、どんどん犯罪者への道を歩むばかり。けれど彼のおかげで、小説の内容が仲居3人を用いての妄想が描かれていたことは事実なので、彼は決して憎めませんw あと緒花ちゃんが縛られて、…
トラックバック:31
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第2話 「復讐するは、まかないにあり」

仲居さんのお仕事。  女将であるおばあちゃんに、言われ放題言われて、そのまま黙っている緒花ちゃんじゃない。ふてくされることもない。仕事を知らないことを理由に怒ってきたのなら、仕事をすればいい。とてもポジティヴな素直な子。  でもそれは別に彼女の持って生まれた性格とかじゃなくて、なるべくしてなる環境にいたから、そうなってしまっ…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第1話 「十六歳、春、まだつぼみ」

春新番2つ目!! 石川県のとある温泉宿でのお話。  まずは1つ目。P.A.Worksによるアニメオリジナル作品。これだけでもう見る価値があると断言できるから楽しみでした。そして1話目を見て改めてまた評価したくなる、嬉しくなる1話だったから、これはもちろん最後まで見ていくことにします。  舞台は富山、、ではなくてそのお…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more