テーマ:AIR

AIR 夏・特別編 後編 「あめつち -universe-」

神奈の一つひとつの表情が、本当に目を見張るものがあります。 その瞳は本当に美しく、その笑顔は本当に愛らしい。 わかっていた始まりと、そして終わりなんだけど、 もっと見たい、ってやはり思ってしまいました。 これだけ綺麗な画は時間さえかければできるんだろうか、 他と比較してもいいんだろうか、そんなことまで思ったり(^.^) …
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

AIR 夏・特別編 前編 「やまみち -mountain path-」

「AIR」本編とは異なり、とても雰囲気が明るい作品になっていました。 SUMMER編はこちらの方が原作に近いのかな。 本編で見たお話と相違はありませんが、 とても明るいところが本編と大きく違うところでした。とっても楽しく、明るく。 お話自体に違いがないため、あえて感想はないのですが(^.^) 何度でもあのOP、そして映…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

劇場版 AIR

評判通り、だった(^_^.) でも改めてこの作品の大きさに触れられました。 TV版を見終わってまだ四ヶ月くらい。 少し別な形となっていたこの劇場版を見て、 改めてこの作品の美しさが感じ取れた。 相当久しぶりにアニメで感動した作品だったTV版「AIR」 この劇場版は公開当初からあまりよい評判は聞いていませんでしたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIR 総集編

原作ありきとはいえ、今期一番よかったです。 総集編ならそれはそれで映画でもありなんじゃないかな。。 実際の映画は結局観れなかったんだけど。DVD出たら見て見よう。 やっぱみちるちゃんの回は結構来る。。。音楽もひどくいい。 海辺で「ママ」と観鈴ちゃんが叫ぶシーンも。。 またみたいな、って思ったんで、DVD購入に走るこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIR 最終話 「そら -air-」

そらの物語。 はじまりが終わって、 その終わりは、はじまりでした。 観鈴ちゃん、翼の痛みが日に日に強くなり、次の夢が最後となると。。 晴子さんは必死に、これまでのすべての日々を取り戻したく、 観鈴ちゃんを取り戻したく、 必死に、すべての力を彼女に注ぐがごとく励まし、祈っていました。 でも夏祭りの日、カーテンを開…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

AIR 第11話 「うみ -sea-」

か、髪がすごく短くなった!! 衝撃ですw かわいさでできている観鈴ちゃん。 お母さんと暮らしていく、乗り越えていくと決めたけど、 翌朝、彼女の記憶は大事なところがすべて抜け落ちていました。 晴子さんのその必死の思いは裂かれるほどであっただろうし、 ゼロに戻ったような感覚に襲われたと思う。けれど晴子さんはそれでも ゼロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIR 第10話 「ひかり -light-」

観鈴と往人のこれまでの軌跡が、ひとつの光につつまれて・・・。 「ずっと側にいる。」彼のその言葉の形は、あのままではないですよね。 これまでのお話のうち 往人、観鈴、晴子の三人に関係するところだけ特化された中で、 カラスさんが溶け込んでいました。あたかも最初からいたかのように。 お名前は「そら」。このカラスさん、飛べないのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIR 第9話 「つき -moon-」

は、母強し。 霊山から降りる際、襲われるも母の力により粉砕。これが翼人の力。 しかし母は矢に討たれてしまいました。。 力落ちゆく母の前で今までの旅の話を聞かせる神奈。 旅の途中で覚えたお手玉を見せるも だいぶだいぶうまくなったけど、まだちょっとだけ・・・。 そして母はその目を永遠に閉じました。。 「家族のよう」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIR 第8話 「なつ -summer-」

今までがあってこそ、です。また1話に逆戻り(^_^.) もちろん話がさっぱりわからないのは言うまでもなくw ですが、翼を持つ少女、というただ1点だけ、今のところ結びついてるのかな。 あと悲しげなお話もまた通じるものはあります。 美しさや演出などは変わらず綺麗なのですが、こうも別ストーリーが進むと、 みんながみんな大変な気が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIR 第7話 「ゆめ -dream-」

観鈴ちゃんのゆめ。日に日に強く、激しく、痛くなってきました。 そして往人は心に決めました。 もはや立つこともままならない身体になってしまった観鈴ちゃん。 それでも往人さんと一緒に海に行きたい。側にいてほしい。 彼女をそうまでさせるのは 運命だからでしょうか。 そんな言葉では言い表せない尋常なる思いがあるようにみえます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIR 第6話 「ほし -star-」

みちるちゃん、彼女が残してくれたたくさんの笑顔。 思い出にはしたくないって、誰もが思ってました。 記憶を取り戻した美凪のお母さん。美凪を”美凪”と呼んでくれました。 しかしそれは同時にみちるの、彼女の居場所が失いかけることに。 夢の欠片はそのみちる自身でした。 彼女が美凪の夢の欠片で、羽を持つものでした。 空の向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIR 第5話 「つばさ -wing-」

自分の住んでいる町から海や、星が見えるというのはいいですね。 どこか不思議な自分の時間を持っている美凪さん。 背が高い女性はお嫌いではないです(^_^) なぜ彼女が”みちる”と母親に呼ばれていたんだろう。 突然観鈴ちゃんが泣き出しました。 往人とただトランプをやろうとしていただけなのに。 ”友達になれそうになったら”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIR 第4話 「はね -plume-」

佳乃ちゃんの不思議なお話の続きです。 このファンタジーな感覚は懐かしくもあり、切なくもあり。。 神社に奉られていた”羽” 幼き日に、佳乃ちゃんはその羽に触れたときから、 不思議な出来事に遭うようになりました。 その羽には、お姉ちゃんの考えとは裏腹に、 怨念にも似た思いが込められていました。 でもその思いは、往人の力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIR 第3話 「こえ -whisper-」

あのバンダナには意味があったのか。かわいいだけじゃなかったのか。 ポテト、君はいいやつだ(^_^) ほとんどもうOVAです。ぜんぶ綺麗。 会話の中の"間"に耐えられる作品はどうしても好きになってしまいます。 キャストさんたちにはちょっと申し訳ないんですが(^_^.) 佳乃 ちゃんは相当事情がありそうでした。 ひどいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIR 第2話 「まち -town-」

美人なお母さんだなぁ。毎晩晩酌希望です。 あのぬいぐるみそして犬もこええよw 犬は箸ももってた・・・。 淡々と進んでいる割にあまり早足な感じはなくなってました。よかったです。 おこめ券だ。。なんでおこめ券、、、 あぁ、もうほかにも聞きたいことがたくさんだよ、、(^_^) なんで光ってたんだろ、佳乃ちゃん。 後半になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIR 第1話 「かぜ -breeze-」

かなり昔に出たゲーム、ですよね。なんだか懐かしい気がします。 でもやったことはありあせんが(また・・・) これもまた絶大な人気であることは、 映画化など決定している点から見て十分わかります。 突然少女が主人公の下に。かわいくてちょっとおっちょこちょいで、変な口癖。 遊びたい遊びたいって言いながら 往人は彼女のご自宅に居…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more