テーマ:ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第13話

生きて、生きて。  無事前回からの戦いはぎりぎりのところで事なきを得ました。ヴァイオレットの両腕はかなりな大破ではありましたが、無事そこは機械故か、すぐ修理できてて、またドールとしての仕事も問題なくこなしてくれていました。  ギルベルト少佐の兄、ディートフリートに連れられて彼等の母と会った場面では、彼女のブローチをみて、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話

生き抜くことを。  もう残り今回をいれて2話。もう決して彼女には戦ってほしくはなかったのだけれど、世界はそうはしてくれませんでした。でも彼女は決して誰も殺さないと決めた。彼女は命令のまま動く人形ではないことを、大佐に証明するかのように生きる選択をしていました。  ヴァイオレットはとってもとっても強いのだけれど、同じくらい…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第10話

届き続ける想い。  もう途中からは本当に涙が止まりませんでした。アンの抱えていた事の多さとその重さは計り知れませんでした。同じようにお母さんが堪え悩み苦しみ続けていたことも。それでも愛は深く、いつかかならず伝わると確信して、手紙を綴ってくれていた。  アンが成長し続けていって、でもそれを自分は決して見届けることができない…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第9話

過去は、決して消せない。  少佐がもういないことを知らされ、ヴァイオレットはすべてを見失ってしまいました。それが事実であるのかを疑い、乱れ。やはり事実なのだと知ったあとは、もう何も動かせなかった。  ずっとヴァイオレットが泣き続けていたのが、これまで彼女がほぼ感情を表に出していない、出せていなかったから、より一層痛く強く…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第6話

いつか、どこかの空の下で。  もうこれはずっと感動し続けてしまうパターンに入ってしまったかもしれないなぁ(^_^;) 劇伴も、もうどれをとっても素晴らしく、いつものようにその映像は心から美しいと思えるものばかりで、その上で彼女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの成長は著しい。彼女には退役した今、その時々、最も必要な人が現れてい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第5話

信頼。 こんなにも言葉が心に響いてきたアニメーションは久しぶりでした。一言ひとこと。本当にどの言葉も、美しく透き通って入ってきて、音そのものが美しく響いてきました。  手紙という形でありながら、どの人物たちの「言葉」がこんなにも重みを感じることは、もうどうやって作られているんだろうと、何か従来の作り方と大きく異るところ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第3話

想いを伝えること。  ヴァイオレットが心を知るためには、ヴァイオレットに多くの心を感じてもらう他ないんじゃないかな。彼女は心を感じ取ることはできる。感情を受け取ることはできる。どう説明しても理解することはできないとしても、その感情から、きっと、必ず彼女の中でそれは言葉として紡げる。まだこれから先すべてがうまくいくとは思えな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more