テーマ:プリンセスラバー!

プリンセスラバー! 第11話

シャルロット奪還作戦。  舞台はいよいよ国外へ。シャル奪還のため哲平君が自家用ジェットにて出撃です。  シャルロット自身は、監視の方々と和気藹々で楽しそうに遊んでいたから、そこでの緊迫感は持たせないことがお話上必要には見えました。だから逆に、有馬君たち側はこれまでにないくらいの緊張感を出していけば、メリハリが出てくる…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

プリンセスラバー! 第9話

決死の救出劇から続いては危機迫る爆弾処理!  いろいろと端折られたような部分も多く見えたような気もしたけど、全体の流れから読み取れるといえば読み取れたので、なんとか見れました。  ヒルズに爆弾が仕掛けられているとわかり、解除をするにも人手不足! そこで急遽シルヴィと聖華様が参戦してくれました。現場へ向かう途中で温泉協…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

プリンセスラバー! 第8話

突如テロリストに襲われた有馬ヒルズ。 哲平君たちは一致団結し、シャルたちの救出へと向かいました。  救出劇は見事、哲平君たちによって成し遂げられ、事なきを得ましたが、彼等は去り際に爆弾を仕掛けていくというおみやげを残していった!?、というところで終わりでした。  テロリストたちは自ら名乗りを上げたり、シャルロットに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンセスラバー! 第7話

現われし婚約者と狙われるプリンセス。  温泉協定が結ばれ、さらに恋愛方面に加速がかかってくるのかと思っていたら、お話は突如急転。展開が途端にわからなくなってきて、おもしろい、というか、予告見るまではシャルロット大丈夫なんだろうか、という不安で包まれました。  唐突に空からシャルロットの婚約者を名乗る、ハルトマンさんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンセスラバー! 第6話

旅行といえば温泉。季節問わず温泉はいつ行ってもよいもの。  キャラが視聴者に対して話しかけ、「誰に話してるんだよ」というツッコミを他のキャラがする。1,2世代前な演出?イメージ。そんな場面から始まった今回。哲平君が考案したパーティーは「温泉旅行」と名を変え、突如として一泊二日の温泉旅行が始まりました。  気になったのはシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンセスラバー! 第5話

遠いけどすぐな大阪。  まだ哲平君主催のパーティーへとは続かず、今回はシャルロットさん中心に、シルヴィーさんのお話も少し、描かれていました。相変わらず尋常ではない胸の大きさと形が魅力的です。  といっても、やはり気になるのは優さん。彼女と毎日朝一緒に登校できる。しかもリムジンで。ここが一番羨ましい時間に思えてなりませ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

プリンセスラバー! 第4話

自分が出来ることを。  少しずつ哲平君は上流階級世界に慣れてきていました。その上で自分ができることを彼なりに考えて、行動している。この主人公はかなり好感度が高いなあー  哲平君は社交部へ入るため、聖華様の言いつけ通り、自分主催のパーティーをすることとなっていました。が、今回はそこへは行かず、聖華様ご本人にスポットが当…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

プリンセスラバー! 第3話

それなりの立ち居振る舞いができるよう、 社交部入部に向けて哲平君の特訓開始っ  ただ見ているだけで楽しいアニメになってきました。かわいくて画も好みできれいだし、お話に目新しさなんかなくたって楽しいものは楽しいです。  あと主人公が「まとも」なところが、こういう作品で最も重要なところだろうな。優柔不断だって構わないのだけれど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンセスラバー! 第2話

上流な世界に全く慣れない哲平君。 有馬の名前に振り回されつつ、 運命的なヒロインと次々と出会っていきました。  松岡由貴さんのメイドさん役がかなりなインパクトを与えてくれているとわかってきました。それだけで無理せずとも見ていけそうです。  パーティーを終え、自宅となる豪邸へと連れられた哲平君。そこには優さん@松岡…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

プリンセスラバー! 第1話

新番11個目。美少女ゲーム原作な作品は今期最初でした。  主人公有馬哲平君の生活環境は突如として一変。ごく普通の家庭から上流階級世界へと入るところから物語は始まりを見せました。  ゲーム原作とだけあって、定説気味な、理想的なシチュエーションが多々あり、違いがもうわからなくなっていますが、ここはなんていうかリハビリ的に…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more