テーマ:N・H・Kにようこそ!

N・H・Kにようこそ! 最終話

いよいよ来てしまったクライマックス。 最後は奇跡なんかよりももっと壮大な、 実に達弘さんらしい終わり方でした。 生きて良い理由、生きるための意味。 見つけることじゃなくて考えることの大切さ。 おもしろいようにこれまでと、この一話は別格で、 GONZOであることをここでようやく思い出せた程。 素直に期待していた…
トラックバック:27
コメント:4

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第23話

「やっぱり、みんな死んじゃう前には故郷に帰りたくなるのかな」 プロジェクトが終了。 最初からわかっていた結論に達弘さんは達しました。 自分よりダメな人間が、達弘さん。 岬ちゃんが彼を被験者として選んだ理由でした。 そのことはあの自殺ツアーの時に、おおよそ見当が付いていた達弘さん。 改めて面と向かって告げられてきち…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第22話

自分の予想外のことが起きれば、 不幸でも幸福でもそれはすべて神様のせいに他ならない。 不倫になりかけたり、生きているのが辛かったり 二度も街中で知り合いにあったり、今回も様々な陰謀がありました。 最も本当に陰謀なのでは?と思ったのはもちろん、 岬ちゃんがはぐれてしまった達弘さんを見つけ出せたこと。 けれどその岬ち…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第21話

ありがとう、山崎君。 あ!っという間に冬コミも終了して、東京に雪が積もりました。 5枚だけ売れて達弘君たちの冬は終わり、 イコール、山崎君のUターンの日が近づいたことに。。 山崎君は負けたわけじゃなかった。 負けておめおめと実家に戻ったわけじゃない。 例え5枚しか売れなくても、 本来の目的はそこじゃなくて「創る」こ…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第20話

ベクトルは今回から山崎君へ移りました。 彼にはずっとずっと前から、他人に敷かれたレールがありました。 山崎父が倒れてしまい、即ちまたイベント発生。 この出来事によって彼のこれまでの経緯が簡単に語られた。 彼も普通に苦学生と呼べるんだろうな。 実家で農業を継ぐことに不満はなかったんだろうけど、 その先、自分が死んだ後の…
トラックバック:26
コメント:2

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第19話

小林さんのその身の上、 とても他人が声をかけられるような状況ではなかった。 けれど、けれど青い鳥は。。 すべては回らないときは回らないし、回るときは回るもの。 それを物語で見せてくれたこの作品には一つ、見えたものがありました。 「でもひょっとしたら」 彼女も、彼女の兄もそれがすべてでした。 そう考えなければとて…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第18話

クリーニングオフがあるじゃないか! 彼らの話術は、それを生業としているからこそ もうとんでもないくらい長けていました。 普段の会話しかしていない大多数の人にとって、 彼らの会話は会話であって会話ではない。 立派な武器であり防衛策でもありビジネスであり、生きる術。 そんな人たちにちょっとやそっと 知恵をつけて挑んだと…
トラックバック:21
コメント:2

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第17話

委員長の小林さんから夢のようなお話をいただけました。 あくまで夢です。夢なのですよ・・・。。 高校のクラスメイトの小林さん。 宗教かと思ったけれどねずみ講、マルチ商法でした。 あー、宗教じゃなくてよかった。あ、、あんし・・・、、、じゃないw 仮想現実から帰還した達弘さん。 今度は休む間もなくマルチの世界へよう…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第16話

ゲームの世界の女の子はダメだって・・・。 得てしてオンラインの次はオフラインになるもの。 達弘君はかつてないレベルまで達してきておりました。 あの岬ちゃんがネコなコスプレまでして現実世界に引き戻そうとしたのに、 したのにダメでした。。可哀想な岬ちゃん・・・。 岬ちゃんはどこで間違えてしまったのかを必死に勉強されてい…
トラックバック:26
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第15話

仕送り、って大事だね。 あんな大学生(中退だけどw)って世の中たくさんいるんだろうか・・・。 お金でどうやったら手に入れられるものなのかということを 改めて小学生なりに聞いた方がいいな。 週末不在にすると、わかってはいながらかなり溜まっていた。。 でも帰ってきたらちょうどこちらが始まりそうだったので、まずはこちらを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第14話

「やっぱ死んじゃダメだ」 事が収まって、元の場所に戻ってやり直しという言葉が過ぎった人もいれば、 逆にまた引き戻されていった人も。 今回はあまり実のないアフターケアなお話で、 「あー、無事でよかったね」というシーンしかほとんどなかった。 怒られるのも、泣けるのも、後悔できるのも、 それはすべて生きているからできること…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第13話

彼は最初から、"死なない方"がおかしかった。 すべてが巡り巡って、すべてがタイミングで、全部悪いのは何で、誰か。 方や死へのカウントダウン。方やそのツアーメンバーを止めに動き出す。 最期の晩餐を楽しんでいた達弘君は雰囲気に飲まれちゃって、 帰りのボートのガソリン自ら捨てちゃう始末。 救いようのない人とはいるものだ(^_…
トラックバック:26
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第12話

まさに天国。 肝心なことを言わず聞かずで瞳先輩にひょこひょこついていった達弘君。 新幹線乗って知らない人のクルーザー乗って南の無人島に到着。 日本とは思えない極めて美しいプライベートビーチが 達弘君の目の前に広がっていました。 Revolution 達弘君は「NEW 佐藤」として生まれ変わり、 死人のような目を…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第11話

陰謀といえば瞳先輩。 とりあえずゲームは体験版って形で、手に取れるようになりました。 同人の方の制作はあんな殺伐としているんだろうか(^_^;) 今回陰謀の世界が訪れたのは瞳先輩。 知りたくないわけではありませんでしたが、 岬ちゃんが一旦置いておかれてしまったのも事実なのでちょっと残念。 瞳先輩は公務員の…
トラックバック:24
コメント:1

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第10話

気になり続けて早10話目。 達弘さんがどうのこうのより、すっかりポイントは岬ちゃん。 一度見失ってからというもの、 どこら辺がおもしろいかはまd見つけられずに今回まできてしまいました。 見出せるまでは岬ちゃんは十分見ていけます。 今回見て思ったのはもう明らかに、 この作品の本質はまだ出ていないんじゃないかってこと。 …
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第9話

「締め切りがなきゃダラダラとサボってるばかりでしょ!」 あー、このひどくシンプルな言葉、なんか伝わるというより刺さるw 夏といえば海。水着回はどこも定番な昨今、 こちらの作品でも季節は夏で「海」という単語が出てきましたが 海水浴ではなくて、水着もいらない。なぜなら目的地は有明の海だから。。 山崎君は酔った勢いで…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第8話

準備は何事も厳かに、かつ周到に。 母襲来に慌てふためく達弘君。 このシチュエーションを利用して岬ちゃんと急接近で、 かなりおいしい思いをしていました。 たとえ引きこもりであろうとも、 彼女がとても親しげに接してくれるのであれば、決して悪いもんじゃない。 会社を偽装して「すべてをロフトに作戦」を敢行するも 母は部…
トラックバック:16
コメント:4

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第7話

偽ることに対してはいつも後から後から溢れ出てくる感じ。 さすがに岬ちゃんも呆れちゃう程でした。 彼女の正体についてちょっとだけ達弘君が考えるようになってきてくれた。 自分のことで精一杯だもんね。ましてや生身の女の子(^_^;) もういい加減彼の妄想劇はワンパターンなので飽きてきました。 違ってるようで絵はどうしたっ…
トラックバック:18
コメント:4

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第6話

話の中身は何であれ、由依さんと毎晩会話できることはきっと幸せです。 今回は天使の羽根も見えました。 カウンセリング二日目。 今回岬ちゃんは達弘君に「会話」を教えました。 途中まではなんとなく理論立っているようでしたが、最後でまたw 見下して話している人は自分に自信がない人ってことか。 これはこれで間違ってない気がした…
トラックバック:18
コメント:4

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第5話

きっかけと関係。 ここがフィクションとノンフィクションの境界にも見えました。 あってないような境界線。 「あの娘が女神なら」 瞳先輩と偶然出会った達広さん。 奇しくも彼女は彼のきっかけになるに足る存在でした。 この先がどうのこうのより、今自分がどうしたいか。 それが見つけられるか否かで、また分かれ道はできてくる…
トラックバック:21
コメント:5

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第4話

現実から逃げることを、現実逃避。 ギャルゲーの説明が尚もされました。これにはまた篩いがかかるのでは?w いや、今回の全般的な画は演出だ。画より動きを取るパターンだよね? だいたいのギャルゲーヒロインにおけるイメージを掴めたものの、 やはり具体的なモデルがいないと書けないという達広さん。 引きこもりだけどここは背に腹…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第3話

ネットの海が達広さんを大歓迎。 エロゲー、美少女ゲー、ギャルゲー。 そこから容易に生まれるであろうと予想されていた次のステップに 着実に突き進んでいきました。まさにその熱意を他のことにw つい「エロゲーなんか」と口走ってしまった達広さん。 山﨑君の逆鱗に触れてしまい、そこからは坂道を転がり落ちるかのように、 一気…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第2話

「外に出ないから引きこもり」 この作品真面目に見てみることにした(^_^;) きっと訴えたいことがあるんだと。。あと由依さんがやはりかわいい。 だいたい意図的に自覚してる人はそれに含まれないよなぁ。 外に出る必要がないという考え方、出たくても出れないという恐怖に似た何か。 そういう中引きこもりは派生しているんだ…
トラックバック:29
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ! 第1話

つい先日までこの「N・H・K」が何の略かもわからずに、 牧野さんがご出演ということで楽しみにしていたこの作品。 日本ひきこもり協会。日本語での頭文字を取って アルファベット3文字の略称にするってどーなんだろ、とよく思う(^_^;) 「日引会」とかがベストだ。いや、どうでもいいんだそんなのw 引きこもりの大学4年生?…
トラックバック:14
コメント:2

続きを読むread more