テーマ:フルーツバスケット

フルーツバスケット 第14話

「僕は、ママを助けてあげられたのかな・・・」  紅葉君。彼もまた、重い、とてもあんな小さな体では支えきれるはずのないであろう、過去を、柵を背負っている子。  母親からしてみれば、それは至極当然の反応なのだろうと、納得せざるを得ないところがあるだけに、余計に辛く、切なく感じてしまう。両極端はあるとしても、恐らく総数的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルーツバスケット 第3話

「疑うよりは、信じなさい。」  もうかなり昔の事で、相当記憶欠落してしまってはいるのだけれど、当初この作品はドラマCDから知ったような記憶。その後単行本を買い始め、最初にアニメ化。原作未完なまま始まり、キャストも変更。とはいえ、やはり岡崎さんの歌の印象が強かったり、本そのものの魅力は十分描けていたと思うし、終わり際にはキャスト…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フルーツバスケット 最終巻

 倖せを。  終わってしまいました。書いている内容が前回のとまるかぶりになるんだけどw とうとうおしまい。アニメで出会ってもう6年近く経っていました。こうして見事に、本当にきれいに終わってくれたのだからもちろん、決まり文句の如く「再アニメ化を」と願います。4クールでも終わるかどうか、だと思うけどうまくまとめてくれるといいなあ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フルーツバスケット 22巻

終わりがあれば、始まりがある。  次巻で最終となるフルバ。「いよいよ来てしまう」というこの気持ちは寂しくもあり、少し感慨深いものもあります。  この作品も自分はアニメで知って原作コミックを集め出したパターンで、アニメも原作も大好きになりました。律子さんの歌があって、堀江さんが主役の透役を演じられていて、個人的にはCDドラマでのキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルーツバスケット 16巻

今回は透のお母さん、赤い蝶、今日子さんのお話でした。そしてお父さん。 小さいころの夾君にお話してた今日子さん。 波乱な人生に見えたけど、絶対に子供が悪いとは思わなかった。 どんな子供でも、親の存在は果てしなく大きいと思う。 いればいいというわけでもない、というケースが今日子さんのお話。 道をはずれる前に、その予兆に気づ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more