テーマ:

紅 第十二話 「われ存在り」

決意のその瞳に映りし人は、笑顔を、自由を、生きることを切望してくれた。 そしてまた出会えることを、約束してくれた。  最終話を見てここまで感動したのはものすごく久しぶりで、本当にこの作品に出会えて、最後まで見ることができて良かったです。アニメを見てきて良かったとさえ感じられる最後でした。思い入れ強く見てきて心から良かったと。…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

紅 第十一話 「われ思考う」

九鳳院へと乗り込んだ真九郎君たち。助けてと叫ぶことも許されない彼女を、何としても助けなくてはいけない。  奥ノ院へと戻ってしまった紫ちゃん。彼女の意思など、まるで最初からなかったかのような扱いをする兄や義母が、彼女に心ない優しく声をかけ度に、彼女の今の生活が当たり前、と言い放つところ。すべてが腹立たしい限りでした。彼らはその行…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

紅 第十話 「慣れの恐怖」

彼女から聞きたい。 彼女の顔を見ながら、彼女の声で真意を。  前回の仕事は失敗。真九郎君はそう紫ちゃんのことを割り切ろうとしたけれど、とてもじゃないができていませんでした。加えて、その自分を「それでいい」といってくれる人もいれば、「正気なのか?」と激怒、呆れられる人も彼の近くにはいる。  真九郎君が彼女に感じていた空白…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

紅 第九話 「貴方と私と」

大切な人に出会えたこと。 いくつもの選択を自ら選んで、 或いは選ばされて、結果出会えたことは、 奇跡と思わざるを得ませんでした。  九鳳院の家系、隠された事実がすべて明らかになりました。血の掟。彼らが存続する手立ては、あまりに拘束事項が多く、そこに生まれた女性は果たして、本当に生きていると呼べたのだろうか。ただ、死んでは…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

紅 第八話 「自愛と臆病と」

動き出した九鳳院。  前回、環さんのうっかり行動により九鳳院家に紫ちゃんの所在が特定されていまい、事態は急転を見せ始めてきました。今回はまだ七五三のお話が合わさっていたものの、徐々に九鳳院家が全面に出てくるんだろうな。。あまりにも紫ちゃんがかわいいだけに、かなり感情移入してしまっているので(^_^;) どうなるかがものすごく心…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

紅 第七話 「女」

女として得られる普通の幸せ。  環さんがフラれるまでは、どんどん紫ちゃんが違う方へ成長していってるなと思わせるシーンばかりでかなりおもしろかったです。女とは、という環さん論が多々ご紹介されました。  けれど環さんも女は女。どういう女が異性から声がかかるか、知っていながら、それでも自分はそうはできない、なれない、と痛感して…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

紅 第六話 「貴方の頭上に光が輝くでしょう」

この世のすべては時代が、すべては政治が悪い。 だからこそ歌を。ミュージカルを!  やはり重要なお話でしたw 「RED GARDEN」でもふんだんに取り入れられていた独唱。それが今作ではさらにパワーアップして、合唱、ミュージカルへと昇華していました。もう欠かせないんだなあ。また少量?ユーザーが置いていかれた感もありますが(^_…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

紅 第五話 「望み」

彼が手にしたい強さ。  真九郎君が訪れた崩月家。そこは代々暗殺・人殺しを生業としている家系。夕乃さんはその家の次期後継者であり、真九郎君の師でもありました。  彼女は彼の師ということもあり、強さは半端なく、今回は柔術だけでしたが、後継者なだけあり常軌を逸する力を備えていることは伺えました。  二人の稽古とダブら…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

紅 第四話 「才物」

誰かを守りたいという気持ちは、人を強くする。  真九郎君の隠された力と過去が、明かされました。  その右肘から突き出た角、というか刃は、銃撃を跳ね返すほどの硬度を持ち、武器と化していました。あの力が崩月家の力。夕乃さんは真九郎君より強いというところ、是非見てみたいなぁ。  彼の過去は、実に特異で、彼をゼロよりさらに…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

紅 第三話 「偽者の顔」

正しいことをすることが難しいと感じる世の中。  やっぱ今期もうこれだけで(略w)  どこを見てもおもしろいです。「RED GARDEN」との最大の違いはやっぱ紫ちゃんの存在に他なりません。服ちょーかわいい。  今回は真九郎君の学校生活をメインに、飛び入りしてきた紫ちゃんが、いつものように大変かわいらしく、礼儀正しく…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

紅 第二話 「溝と流れと」

親切にされたときにすること。  もう今期これだけでいいかも、と思えてきましたw 実際他にも気になるのはいくつかあるけれど、一番好みなのはこちらでした。少数派だろうか(^_^;)  紫ちゃんの、典型的なお嬢さまキャラと、彼女をそつなく扱う真九郎君のコンビがとても自然に描かれていて、やはりプレスコの力が充分活かされている…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

紅 第一話 「極夜」

待望のプレスコで、嬉しい沢城さん(^_^) 今期まずこれで2つ目にしよう。  冒頭、学校でのクラスメイトたちとの会話シーンで気づけました。独特のオーバラップされた会話。RED GARDENと同様、プレスコによる収録形態をとった作品でした。ちゃんと監督さんを最初に見ていれば、容易に気づける点ではありました(^_^;) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more