テーマ:屍鬼

屍鬼 最終話

神はいつも、いかなるときも、どんなときも、何も物言わない。  ほぼ屍鬼狩りが終盤を迎えようとしていたとき、森に火が放たれ、それは乾燥と風向きの悪さによって、村全体を覆い尽くしてしまうこととなってしまった。  村を何とかして元に戻したい。先生の決死の試みは、思い半ばで諦めざるを得なくなってしまいました・・・ 何もかもが無駄…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第21話

彼等の平穏は、相手を滅ぼさなくては決して成し得ない。  屍鬼があまりにも多く、あまりにも狩り過ぎたため、村人たちはもうそれを単なる「作業」としてしか捉えないようになってきていた。ちょっとした大きなゴミを片付ける程度にしか。誰もがもう疑問を抱くことはなく、そんなことしている暇があれば、一刻も早く村を正常化するため、屍鬼を埋める。…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第20話

狩りが本格化してきた矢先、彼等も黙ってやられるほど愚かではなかった。  手当たり次第に屍鬼を駆除していく尾崎先生たち。けれど屍鬼たちもまた、報復はしてきた。  篤は最後の最後までオヤジに勝てなかったなぁw あのオヤジは明らかに人ではない力が宿っているwww  やっかいだったのは正志郎。彼のスナイピングはかなりのものらし…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第19話

最悪の排除。元の状態へと戻すだけであり、他には何の理由はない事。  多くの村人たちの前で、その存在を千鶴を用いて明らかにした屍鬼。ようやく事態を把握できた者たちもいれば、それでもやはり戦うことをよしとしない者たちが出ていた。けれどそれはもう尾崎先生は承知のこと。自分が全員の賛同を得られるようなことを言っているとは、本人も認識し…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第18話

尾崎先生の逆襲。  もうすべてが屍鬼となり、絶滅エンディング必至かと思われたのに、ここで先生が反撃。途端にまたおもしろくなってきました。さらに夏野君はやはり辰巳たちと同じくスペシャル(人狼)であるということも明確になった。人狼は普通の食事でも生活できるってことは、すべてが終わったあとでも、夏野君はなんとか生活できるってことだ。…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第17話

死は万人に対して平等に訪れる。  もうどうしようもないところまで、一気に堕ちてしまった。とうとう尾崎先生始め、残っていた人ほとんどがやられてしまいました。唯一、夏野君を残して。  先生が出した答えに、静信さんは道を違えた。そして選んだ彼の答えは、沙子の下を訪れるという結果に・・・。彼もまた起き上がりとなってしまうのか…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第16話

殲滅へ向けての結託。  ここまでで屍鬼と成り果ててしまった奈緒さんや田中父、恵ちゃんのお話が少し、振り返られました。個々人それぞれの人生があってそして終わってまた始まって。  起き上がれる絶対的根拠はなさそうでしたが、どうやら血筋は一つのキーになっているみたいだったなぁ。田中父が起き上がったってことは、昭君も・・・ って…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第15話

戦う時間は、思っていた以上に短く、そして武器は少ない。 けれど味方は・・・  とうとう真実を明らかに出来た尾崎先生。けれど静信とは道を違えることとなってしまいました。彼と今後再び共に歩くことはありそうには思うけど、「人は殺せない」「屍も人であったことには変わりない」とでも言ってくるのなら、まだ説得のしようがあるって思う。でも…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第14話

実験。  先生は妻、恭子さんが襲われ死亡を確認してからも尚、彼女が起き上がるのを待ち続け、そして5日後、それは起きた。  先生の衰弱は誰が見ても明らかで、あのお母さんまでもが心配されているほどでした。先生自身も、仮説を立証するためにとはいえ、限界は近かった。けれど脳波の復活から、徐々に「死体」に「腐食」とは異なる、そう、…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第13話

とうとう、といういか、やっと、夏野君はお亡くなりになりました。  尾崎先生サイドも、変わらず診療所を訪れる起き上がり候補の方々が絶えず、診察を受けにきていた。そして辰巳と接触していた、尾崎先生の奥さんも、やられてしまった。彼女はほんとただ単に利用されただけだった。。  しばらく間を開けていた静信さんからコンタクトもあった…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第12話

ようやく始まった後半戦。 夏野君はまだ、諦めてはいませんでした。  かなり長いブランクを経て、2クール目へと入ったこの作品。OP/EDも一新され、今後より楽しみな作品です。  新しいOP/EDは今回もまたどちらもよく、その画もまたかなり良かったです。何度見てもあのキャラデザだけが惜しいと思うのは変わりませんw …
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第11話

一枚三千円になります。  郁美さんが主役を張る展開となり、いつになく展開が散らかってておもしろいお話でした。彼女は何一つ根拠といえるものを見つけてはいないものの、その特異な思考からほぼ偶然、起き上がりの存在に気づいていました。  辿り着いた答えが夏野君や尾崎先生と同じでありながら、経緯が全く持って偶々なだけに、桐敷家もあ…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第10話

抵抗虚しく、恐れていたことが。  ここまで事件の真っ直中にいた夏野君が、とうとう彼等の餌食になってしまった。所謂「知り過ぎてしまった」ことが要因なのだけれど、不用意過ぎてもいたこと、「ただでは死なない」という、一体何を根拠にしていたのか不明な過信が、彼を追い詰めたとしか思えませんでした。  前々回、突如現れた相当気色…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第9話

お出迎え。  尾崎先生の推理はほぼ的中し、囮として病院に留めさせておいたお婆ちゃんの血を吸うため、奈緒さんが現れました。  一度にコップ2杯程度しか吸えないとしても、既に向こうはかなりな大所帯となっているんだから、一度に起き上がった人が4人、1人を襲いに来たら翌日には即死なのは間違いない。  でもここまでは皆、1人…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第8話

暴いたその棺の中に。  意を決して恵ちゃんの墓を掘り起こす夏野君と昭君。怯えるかおりちゃん。一緒に埋めたはずの恵ちゃんへのお守りがなぜか墓の外にあることからして、もう夏野君はほぼ確信した上で掘り起こしました。子供二人であれば、陽も暮れて当然。ようやく見えたその棺の蓋が、打ち付けられもせず開いていたこともまた、夏野君にして見れば…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第7話

起き上がり。  一連の死の真相。それは尾崎先生の予想とは全く持って異なり、夏野君の予想の方がが、まだ近いものとなっていました。  桐敷家が起き上がりを誘発し囲い、繁殖させていた。  吸血によりその被害者は一旦死ぬ。そのうち数名が蘇生するも、そのまま生きながらえるためには、人の血を吸う。つまり吸血をしなければならない。こ…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第6話

最初は貧血から始まる。村人の相次ぐ突然の引越し。土葬の風習。 生き返るとしたらゾンビか、吸血鬼。  正体不明の疫病に対し、依然何の手がかりも得られないまま、日に日に被害者が増える事態に、尾崎さんは憤りを隠せませんでした。意味不明な、民間療法??を取っていた来院者に対して怒鳴ったり、協力してくれている室井さんに対してまで。 …
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第5話

死は止まらない。  次々と謎の死を遂げていく村人達。その異変に、尾崎医院の人たち以外にも、徐々に気づき始めてきていました。状況をすべて把握すれば、誰もがその異変に気づくのだけれど、それが出来る人、出来ている人がほとんどいないため、まだ少ない。でもいざわかってしまえば、広まるのは時間の問題に思います。  室井さんは独自に調…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第4話

死はいつも側に。死は早さこそ違えども、誰にでも平等に、必ず訪れる。  4話。「死話」とサブタイをつけていたように、沙子ちゃんから語られていた「死」についての事実は、この先を知る上で必要な情報に見えました。  死は万人に平等に与えられるもの。特別なことは何一つなく、死はあくまで死でしかなく、若くても老いていても、ひどいこと…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第3話

必ず、近いうちに。・・・必ず。  視点は夏野君のまま。彼の友人?である徹君。それと保君と正雄君が登場。中でも正雄君はかなりなビジュアルもあったことから、インパクトがありました。  気にならないわけにはいかないのはその言動。ここまでキモチ悪く演じられるなんて、という点や、その考え方、物の捉え方がこれまたキモt悪くw インパクト…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第2話

最悪から疑う。  今期どれもアニメーションとして見ておもしろうなものが見つけられないままでしたが、こちらの作品が試みている演出は、自分の好みであるとわかってきました(^.^) いつもだけれど、ほんと、ちょっとしたことでいいんですw  ヒロインなのかな、と、思われた恵ちゃんは呆気なく死んでしまいました。死因は解剖できな…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

屍鬼 第1話

夏新番11こ目。夏にぴったりな作品が続きます。  ホラー小説原作という内容から、また季節にあったよい作品をセレクションしてくれたなぁ、と、思ったのだけれど、このキャラデザは残念でしかなかったです(^_^;) 「魍魎の匣」みたいのを勝手にイメージしていた自分が一番残念。。単純に小説をアニメ化、で良かったんじゃないかな、って。。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more