テーマ:聖闘士星矢

聖闘士星矢Ω 最終話

光牙、最後の戦い。  2年に渡り続いてきたこの聖闘士星矢Ω。「聖闘士星矢」の正統なる後継作品として期待して見始めました。1期のときは前期のキャラはほとんど出てこなかったものの、新な黄金聖闘士はやはり強く、気高く描かれていて、新生という名にも恥じないものになっていました。2期に入ってからは、瞬たちがちゃんと出てきてくれて、これも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第96話

すべての聖闘士の小宇宙が今ひとつに。  星矢渾身の攻撃も、やはりサターンへは通じず、返り討ちとなりとうとう・・・(>_<) サジタリウスの黄金聖衣も砕かれてしまった・・・ あの短剣はやはり万能ではありませんでした。。  残るはもう光牙君達のみ。しかし星矢でさえ勝てなかった神に果たして勝つことができるのか? 次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第95話

聖闘士の戦い。  刻の神サターンに挑む星矢。しかし力の差は圧倒的であり、ほぼ星矢は太刀打ちできない状況。かつて多々、神を倒し続けてきた星矢でこの差ということは、サターンはこれまでの神とはまた別格ということなのだろうか。ハーデスより強いようには見えなかったんだけれど。  その戦いの最中、まず先に決着が着いたのは、氷河と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第94話

決戦のため地上を離れていく光牙君たち。 残されし戦士たちの戦いはまだまだ、続いていた。  決戦の前に、地上での戦いにも一応の節目を。そのために返り咲いて来たのが、2級パラサイトさんであるエーギルさんが! エーギルさん一人に対して聖闘士みんなで寄ってたかって、という戦いでした。  なので、オリジナル鋼鉄聖闘士である翔さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第93話

神降臨。  昴の中にいた方は、刻の神 サターン。すぐさま刻衣も装着。歴代の神を彷彿とさせる、系統を意識した貴賓溢れる衣でした。一番似てるのは海神かな。  ミラーさんも参戦してきて、どうやらサターン、エウロパ、ミラー。この3人がラストバトル進出者のようです。  もちろんサターン様の力は圧倒的。光牙君陣営にも神二名いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第92話

幸せを願ってはいけない人なんていない。  タイタンvs星矢の戦いは、黄金聖闘士同士の戦いや、これまでの四天王との戦いとも異なり、壮絶な力と力のぶつかり合い。そして敵同士、争いからの戦いをも脱し、男と男の戦いへと昇華していきました。  勝敗で決するのは戦いの結末ではなく、二人の戦士の決着。ただ1点のみ。  戦いは熾烈を極…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第91話

愛の女神パラス 戦女神アテナ  二人の女神がとうとう直接対決。どちらも刻衣、聖衣を纏い、神々の戦いが始まってしまった。その戦いは一見、互角には見えたものの、パラスにはアテナの命を吸い取るリングがある以上、パラスが優勢でした。  それでもアテナは屈することはなく、説得を試み続けた。特殊フィールドが形成され、パラスの偏った愛。人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第90話

とうとう当うた津したパラス。  バトルは牡牛座 タウラスのハービンジャーvs天神創世剣のタイタン。この二人の一騎打ち。過去の四天王戦を見ていた限り、彼等には決して一対一では勝てないのは明白。  案の定、開幕一番、タイタンの拳は、ハービンジャーの黄金聖衣も、彼の骨までも砕いてしまうほど。圧倒的でした。けれどハービンジャーは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第89話

何度でも立ち上がったその先で得た力。  昴君の刻が止められた後も、光牙君たちは何度でも、何度打ちのめされても、何度でも立ち上がり、ハイペリオンに挑み続けました。もうこれいつまで続くんですか、って思うほど繰り返し繰り返し。  そして昴君もまた、精神世界で戦っていた。光牙君たちの光を頼りに、諦めることなく、奇跡を信じて。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第88話

まさかの第二ラウンド。  決死のアテナエクスクラメーションでさえも、ハイペリオンを倒すことはできていませんでした。破壊できたのは彼の聖剣 天地崩滅斬のみ・・・。相打ちでも辛いシーンだったのに、まさか剣しか破壊出来ていなかったとは。。かなりなスピード感で龍峰は父の死を乗り越えたっていうのに・・・  もちろん、といっては失礼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第87話

奥義 アテナエクスクラメーション  新OPで既にそのモーションを見ていたので、楽しみではあったアテナエクスクラメーション。その強大さはやはり凄まじくさらに、今回、かつてのアテナエクスクラメーションをも両界していました。  次なる四天王は、天地崩滅斬のハイペリオン。対するはアテナ組であったため、黄金聖闘士が5人も。しかし一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第86話

無限の、奇跡の力。  ガリアとの戦闘は、若き聖闘士、光牙君たちへとバトンタッチされました。  一旦は昴君の、例の理解不能な謎の力が発揮はされたものの、途中でダウン。その後光牙君たち6人の聖闘士で、力を、小宇宙を合わせ高めたところ、そこから強大な小宇宙が発動。そして6人の聖衣がなんとも微妙に(^_^;) マイナーチェンジ!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第85話

生命を懸けて、希望を導く。  パラドクスとインテグラとの決着が着いた直後、現れた四天王のうちの一人、ガリアさん。彼女もまた3つの黄金聖闘士の力を合わせ持った光臨刻衣を身にまとい、その圧倒的な力の差を見せつけてきた。  今回は少し物語が進んで、四天王が実はパラサイトではないことが判明しました。しかもそんなことはとっくにパラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第84話

双子座の宿命  インテグラとパラドクスの一戦。ゆかなさんの2種類のお声を十分に堪能できた回となりました(*^_^*)   戦い自体はこれといって別段特別なことはなく、あ、いやちょっとハービンジャーが合間に割り込んできたのは少し意外でした。情に厚いところ好感度アップです。  黄金聖闘士同士の戦いとなればもうお馴染み、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第83話

ゲイボルグvsエクスカリバー  この神器対決は、かの英霊たちの戦いを彷彿とさせるものがあります。  しかしこちらの戦いはやや一方的。ライブラの紫龍との力の差は歴然でした。そういえばアテナに唯一武器の所持を認められていたのだけれど、ライブラの聖闘士が、ライブラの武器を使ったところって全然記憶ありません。さらに紫龍に至っては、エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第82話

アイガイオンvsフェニックス一輝  今期になってようやく登場し始めたフェニックス一輝。その見せ場がとうとう訪れました。  不死鳥フェニックス。その名の通り、彼が死の淵から舞い戻ってきたことは数知れず。彼こそが最強といっても決して過言ではありません。なんせ倒しても倒しても立ち上がり、壊れても粉砕しても自己修復してしまうその聖衣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第81話

一級パラサイト 重爆雷斬刃アイガイオンがお出まし。  再び物語はチーム光牙へ。そこに現れたのは重爆雷斬刃を持つアイガイオン。重爆刻衣を纏いキラッキラで登場です。どうやらその力は黄金聖闘士3人分を有しているらしく、よって刻衣も律儀に3つの星座を象っていました。だから4人でちょうど12人分ということなのですね。今回の重爆刻衣は山羊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第80話

時の支配者 時貞、またしても現る。  時間を操るパラサイト、という存在が出てきた時点で、彼の存在が過ぎったのは確かです。しかし彼があの狭間から救い出されていたとは。。しかもその手助けをした者こそが、この戦いの真の黒幕のご様子。  しかし残念ながら彼は単にキグナス氷河の、復帰戦に付き合ってくれだけに過ぎず、今度こそ、退場さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第79話

まずは光牙君チーム。瞬さん!  4つへと分離した聖闘士のみなさん。今回からは潤に彼らの戦いを週替りで(^_^;)見ていけそうです。  で、まずはやはり主役である光牙君率いるチーム。メンバーは光牙君、蒼摩君、ユナちゃん。そしてベテラン聖闘士さんはアンドロメダ瞬さん。  対する敵は絶対防御を誇るミスティックストーン スルト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第78話

新章突入。  今回より新章。OPも一新。やっとニコニコから離れてくれて嬉しい限りです。でもまさかガールズバンドが担当されるとはまた想定外。  注目はやはり映像の方かな。黒幕っぽい方や、昴っぽい方。とりあえず前期の青銅聖闘士のみなさんはほぼレギュラーってことでいいのかなぁ。  いよいよパラス城へとたどり着いたものすご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第77話

いよいよパラスの城まで目前と迫った光牙君たち。 Aパート、Bパートもちょっと削りつつ、存分に光牙君たちが打ちのめされた後、満を持して、伝説の青銅聖闘士が揃い踏み。 さすがにほぼほぼ勢ぞろいだっただけに、キャラ数が多く、そのせいか?画がもうだいぶ大変なことにはなっていました。でもあれは見るからに大変そうだったしね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第76話

不死鳥、天翔。  満を持しての鳳凰座 フェニックス 一輝が登場となりました。まさかご担当が杉田さんとは思いもよらず。  その強さは出てくる度に増しているフェニックス一輝。既にとうの昔に黄金聖闘士を凌駕していると言っても過言ではないレベルなため、たとえあのミラーでさえも、勝てるわけがありませんでした。と言うか既に四天王と一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第75話

パラドクス、降臨。  パラドクスさんほどの実力者であっても、元黄金聖闘士だったとしても、パラサイト陣営からランク分けすると、二級ってことだ。じゃ一級に勝てる聖闘士は事実上誰一人いないことになってしまわないんだろうか。少なくとも1対1ではとても・・・  パラドクスさんの実妹、インテグラ@ゆかなさん。ゆかなさんのお声を存分に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第74話

伝説の初代鋼鉄聖闘士登場。  実際、それほど期待もしていなかった鋼鉄聖闘士。前期のときの記憶もほぼありません。。伝説、と言われるほどの活躍があったような覚えはないんだけど・・・ でも3名中2名は当時のオリジナルキャストでえある、中原さんと大塚さんを起用されているところは、大変喜ばしいことでした。  もうほんといい加減…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第73話

アテナ舞い降りる。  もういい加減ぼろっぼろになっていた光牙君たちの聖衣。その修復のために、羅喜ちゃんがわざわざパラスベルダまできてくれました。ついでにw 昴君の聖衣にも助言してくれて、無事昴君の聖衣は彼を小馬座の聖闘士として認めてくれました。個人的には色あせていた方がかっこよかったような気も。  今回メインはその昴君か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第72話

新たなる小熊座の聖闘士。 ケレリスが教えてくれた地下空間を使って、パラスの城へと向かう光牙君たち。けれど昴だけは、どうしてもケレリスのことが心配で、その場に残ることとになりました。強さを、ただひたすらに強さを求め続けてきた昴が、少し、変わろうとしている。光牙君は彼の進言を快く受け取り、そして託しました。それほど彼はもう、成長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第71話

守るべきものがあるからこそ。  前回、ミラーさんにかなりやられたので、もう新生聖衣がみんなそろってずたぼろ・・・ あれでもまだ着けていた方が防御力あるんだろうな。比較的替えが効く鋼鉄聖衣はまだしも(でも今となってはエルナの形見でもあるから、彼の聖衣もまた唯一無二のもと言えるか、光牙たちのはどうするだろ。  地下で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第70話

衝撃のファーストブリット!!!!!!  どうしても言わなくてはいけない気がした(^^)  アルケミーグローブのミラー。彼の体に刻衣(クロノテクター)はなく、唯一あるのはその右腕につけていた「アルケミーグローブ」のみ。そのグローブの特性はなんと、聖衣破壊。  こういったイレギュラーな戦士はなかなかこれまで出てきていなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第69話

かなり久しぶりなユナ様♪  ユナ様のご活躍を見るのはかなり久しぶりな気がしました。相変わらず心体共に強く、心、信念に至っては随一なのでは、と思っています。彼女のありとあらゆる行動にはすべて、全力が感じられるし、すべてに意思を感じます。  しかしながら先週からひぐらしを見続けてしまっているため、すべてが園崎魅音(詩音)に聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖闘士星矢Ω 第68話

愛の女神パラス。  ほんの遊び心で城を抜けだしたパラス様。すぐさま光牙と出会い、彼女はもちろんその素性を核したまま、彼と行動を共にしました。  愛の女神パラス。その愛はやはり相変わらず屈折したものでしかなく、独占欲高く、元よりアテナの聖闘士を寝返らせることなど叶いませんでした。もしかしたら、彼女が幼い子どもではなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more