テーマ:xxxHOLiC

xxxHOLiC・籠

OAD xxxHOLiC・籠  DVDとしてはおよそ一年ぶりとなるxxxHOLiC。時は確実に流れつつも、彼の刻は未だそのままであり、待っていました。  侑子さんが消えてしまった後、後を継ぐことを決めた君尋君。ミセで再び侑子さんと会うことを切に願い信じ続け、待ち続け、いつの間にか時間は流れに流れ、四年の時が流れていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

xxxHOLiC 春夢記 後編

OAD xxxHOLiC 春夢記 後編  ツバサに続いてこちらも後編。前編途中までは単行本と同じ展開だったものの、後半は別に進んでいて、今回はそのままオリジナルな展開で進みながら、逆に後半は原作へと還る、というおもしろい構成でした。  遙さんの残したヒントを元に、お使いゲームかのように次から次へとアイテムを手に入れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

xxxHOLiC 春夢記 前編

OVA xxxHOLiC 春夢記 前編  以前にもツバサにてあった、単行本とDVDとの抱き合わせ。最近じゃ別に珍しくはない商法だけれど、途中まで単行本の内容とほぼ同じ内容が、DVDで描かれていたということに、今回はちょっと驚きでした。  それもまあ最初の15分くらい(って半分・・・)で、残りは本とは違うお話でした。でも実…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

xxxHOLiC◆継 第12話

ホントウのこと。  ひまわりちゃんの体質。それを変えることは、たとえ侑子さんでも、現実的には叶えられないほど大きな、ネガイでした。両親以外、相手を選ぶこともできず、誰かを不幸にしてしまう。両親以外には、ひまわりちゃんも含まれていると考えられます。  でも君尋君は「会えて幸せだよ」と言ってくれた。会う人会う人不幸にしていた彼女…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

xxxHOLiC◆継 第11話

彼女に会ったあと、時々良くないことが起きる。 それは本当に偶々・・・?  過去、ひまわりちゃんと会ったあとに、君尋君には良くないことが重なっていました。それを普通であれば偶々、或いは「グウゼン」という言葉で見過ごしてしまうことかもしれない。でも君尋君はもう気づいてしまった。この世のすべては「ヒツゼン」でできているのではないか…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

xxxHOLiC◆継 第10話

他人がどう捉えていようとも、本当のことを僕等が知っていればそれでいいこと。 なぜなら彼女はとても健気に笑ってくれたから。  先日よりWebラジオが始まっており、まだ障りしか聞けていませんが、実は1クール作品だったことを今更知りました。最近こんなんばっかだw となればもう、ひまわりちゃんのお話が終わったらメインはおしまいなんだ…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

xxxHOLiC◆継 第9話

好きな人が傷つく痛み。  小羽ちゃんへのバッシングは、過剰な表現があったかもしれないけれど、非現実的とまではいかない、リアルな中傷でした。  人はすぐに楽しい方、おもしろい方へと流れ、それは好意よりも悪意の方が激しさを増す。インターネットが現代に及ぼしている様々な影響は、留まることはもうない。ネットの世界といっても、現実…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

xxxHOLiC◆継 第8話

解決のために侑子さんが渡してくれるものは、何度訪ねても、何度も何度も訪ねても「鈴」。ただそれだけでした。  侑子さんのミセへとネガイを叶えてもらいたくて来たその少女は、君尋君と同じ学校の子でした。彼女のネガイは、夜な夜な聞える足音や、ポルターガイスト的な奇怪現象をどうにかしてほしいというもの。侑子さんは確認しました。 「…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

xxxHOLiC◆継 第7話

誰と、その小指で指切りをしたのか。  水汲みのお話。原作とうまく変えてきて、卵がここでご登場でした。指切りもあっただけに、いよいよひまわりちゃんのお話が出てくるな。それほど衝撃なお話ではなかったけれど、もやもやが晴れるといえば晴れるから、楽しみです。  猫娘の依頼によって、井戸の水を汲みにいかされる君尋君。でもその井戸は…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

xxxHOLiC◆継 第6話

全編ほぼ麻雀w  エピローグっぽいこのお話でまさか一話丸々使われるとは思いませんでしたし、まさかAパートはほぼすべて麻雀でくるとも思いもしませんでした。  麻雀はさっぱりわからないままここまで生きてきていますが、なんとなく言葉はどれも聞いたことのあるような、で、まるっきり君尋君と同じような視点でした(^_^;)  …
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

xxxHOLiC◆継 第5話

五月七日小羽  君尋君と近しい存在。彼女も視える人で、本物の方。  彼女のお話は、母親がいるうちは当面辛い場面が多いけれど、その孤独だった世界に、君尋君は光となることができていました。  母親と暮らしているにも関わらず、名前で呼ばれたのが久しぶりだという小羽ちゃん。あの母親は子供を道具としてしか見ていない、というこ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

xxxHOLiC◆継 第4話

夢を買って、飼って、売る夢カイさん。  夢カイのお話にも、そいえばひまわりちゃんが絡んでいました。彼女から夢を買ってしまったばかりに、巻き込まれた夢。でも彼の永遠のパートナーである(^_^;) 百目鬼君からも、夢を買っていたため、窮地を凌ぐことができた。正確には彼のおじいさん、遙さんが助けてくれたことになりました。  発…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

xxxHOLiC◆継 第3話

この世に自分だけのものなんて、一つもない。  自分のせいで他者が傷つくことを嫌うのに、擲つことで他者が傷つくことには気づけない。それは恐らく罪でしかない。  君尋君の左眼のお話で始まった今期。今回でそのお話もおしまいでした。  女郎蜘蛛との戦いは君尋君かなりがんばったし、管狐もかなりな活躍を見せてくれました。このお話で彼が…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

xxxHOLiC◆継 第2話

失われし右眼。  百目鬼君の代わりに、自分の右眼を差し出した君尋君。彼は自分の勝手で、差し出しました。百目鬼君の気持ちなんて全部無視して。実際彼は百目鬼君のことを思って、差し出したのだろうけれど、結果そうはならない。そのことに気づけない彼は、まだ、進めない。  展開はほぼ原作通りに進んでいきました。動いている猫娘がさ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

xxxHOLiC◆継 第1話

怨みとはいつも、理不尽なもの。  今期唯一原作既読な作品。前期で相当気に入ってしまったので、終わるちょっと前くらいから原作すべて集めて読んでしまいました。。  今期は蜘蛛のお話からということは、かなり本編と結びつくお話が多くなりそうです。それをツバサとのリンクなしに進めるとどうなるのか。あまり変化はせずそのまま、となるの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

xxxHOLiC 12巻

 明かされ始めた四月一日君の"存在"  CLAMP作品ではもうずっと前から切っても切り離せない「夢見」の力。このxxxHOLiCにも引き継がれていて、それは最も強く、濃いかもしれない。  四月一日君が見ていたと思っていた夢。それは本当に夢なのか。どちらが現でどちらが夢なのか、いよいよあやふやになってきて真実が近づいてきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

xxxHOLiC 最終話

外伝でおしまいなxxxHOLiC。 こちらもかなり楽しめた作品でした。 だいたい桜の木が出てきたら疑うしかないCLAMP作品(^_^;) 既読なお話ではありましたが、既読じゃなくても あの少年についてはきっともう誰でも察することが出来ただろうな。 四月一日と書いてワタヌキ!絶対に忘れられない誕生日。 最終話となる今回…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

xxxHOLiC 第23話

どちらが自分にとって大切なのかを、無限に選択しつつ生きていくことになる。 片方を掴み、片方を捨てていきながら。 再び倒れてしまった君尋君をマルとモロはミセの外に放り投げ、 その先に立って百目鬼君がキャッチ。ぎりぎりなカットでした。 彼視線でのあの先が明かされることは今期はなかったなぁ。 繭子さんと出会っていることで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

xxxHOLiC 第22話

こちらもあと僅か。 君尋君に話しかけてきたご婦人はそれはそれは美人な方でした。 今回のお話は次回で終われそうだったなー。 紗己子さんが自分のイメージ通りでした。嬉しい限り。 母のような優しさを持ちつつ、恋人のような健気さも持つ繭子さん。 ほぼ毎日和服も、髪型もきちんと変えてくれていて、 こういうところがもう終わっちゃうけ…
トラックバック:8
コメント:2

続きを読むread more

xxxHOLiC 第21話

ヨル、絶対にツメを切ってはいけません。 バイトが有休だった君尋君。 お家の中でごろごろ漫画読んでお休みを満喫でした。 ちゃんとご飯は自炊するところが彼のいいところ。 突然窓から乱入してきた百目鬼君に対しても、 松阪牛に免じて許してあげる優しい青年です。 調理法は触れないがw 食事後、君尋君はすぐに横になり ぼそ…
トラックバック:12
コメント:2

続きを読むread more

xxxHOLiC 第20話

なんでもします、なんてコトバは軽々しく言ってはいけません。 侑子さんの前でなら尚更です・・・。 久しぶりなxxxHOLiC。 しかしその間、どうしても耐えられなくなってw アニメが終わってないのに単行本買って最新刊まで一気に読了。。 ARIAもスクランも一応アニメが終わってから買ったんだけどなぁ。。 何が耐えれなかっ…
トラックバック:8
コメント:2

続きを読むread more

xxxHOLiC 第19話

雪合戦♪雪合戦♪ でも雪合戦だったのほんの最初だけだったw 前回に引き続き今回もいい意味でxxxHOLiCらしくない楽しいお話でした。 もう侑子さんとさやかさんが同一に見えてきて久しいw さやかさんはいつまでもレイラさんでしたが、 徐々に徐々に、こっちスライドしてきたよ(^_^;) 雪が降ったからきっと雪合戦をし…
トラックバック:8
コメント:1

続きを読むread more

xxxHOLiC 第18話

百鬼夜行♪百鬼夜行♪ 着物着た猫さんから侑子さん経由で相当でかいホオズキをもらった君尋君。 仲良し大好き百目鬼君とw "何か"に参加するため夜の公園に行き、 やや予知めいた侑子さんの手紙があってw ホオズキの光がどんどん大きくなって、お二人様ご案内ー なんかゆりえちゃんのところで見たような光景が 長い長い行列をなして…
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more

xxxHOLiC 第17話

眼鏡も素敵です、侑子さん(^.^) この終わり方含め、こういうお話が相変わらずクリティカルです。 アヤカシ無関係な話が来てくれました。 前回の和やかさは嘘のように、いつもの「xxxHOLiC」に戻りまして(^_^;) またすごいおもしろく好きなお話に出会ってしまいました。 かつてなく恐ろしいほどに今回侑子さんの台詞…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

xxxHOLiC 第16話

「なぁ、どっか散歩でもしてこいよ」 啓太君とようこな関係が・・・。 (片方の声だけだけどw) でっかくなったままのクダギツネを小さくするために、 君尋君はワンダーランドへと旅立つことに、、 って、そんなメルヘンじゃなかった。 ただツボに吸い込まれてただけ(^_^;) しかも予告なくw クダギツネかわいかった…
トラックバック:5
コメント:3

続きを読むread more

xxxHOLiC 第15話

人だけが唯一使える鎖。 言葉の必要性と重要性。 口にするだけで、人に話すだけで気が楽になるというのは本当で、 心ではそうは思っていなくても、 言葉として発してしまうとそこには見えない効力が働いて、 引き寄せられるように事象が動いていくこともある。 双子のお姉さんから感じられた波は、ごく普通の言葉によるものであ…
トラックバック:11
コメント:5

続きを読むread more

xxxHOLiC 第14話

デパ地下は愛人の家。 ようやくひまわりちゃんが見え隠れ。 もしかしてアニメの残り話数でなんとかしちゃうのかな。 とてもそーは見えないけど(^_^;) 少しでも、漂わす程度にでも見れたら 今よりはひまわりちゃんが好きになれるかなー あの態とらしい笑顔が何を意味するのか。 偶然出会った双子の姉妹。 そのうちのお姉さ…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

xxxHOLiC 第13話

成長する羽根が一つ、食いつぶしていた。 最近君尋君がひまわりちゃんのことをかわいいかわいい言うのが、 ますます変な感じがしてなりません。 静嬢はもちろん相当かわいいのですが、 ひまわりちゃんには相変わらず魅力ゼロ。なぜ・・・。 学校内で見つけた背中に羽根のある女生徒。 その羽根はやはり自分しか見えないこと、 …
トラックバック:9
コメント:4

続きを読むread more

xxxHOLiC 第12話

至ってホラーです。 夏、あと一ヶ月くらいかな。。 普通に全然、隠し立てなく、違和感なく、 真正面から、誰に断りもなしに、何食わぬ顔でホラーでした。 ノーマルに怖さが。。 自分が一番怖いのはなぜか未だにひまわりちゃん。。 静嬢はすっごいかわいいと思うんですが、あのキャラ、目は どこにも捕らえどころがなくて、不安さえ感…
トラックバック:7
コメント:2

続きを読むread more

xxxHOLiC 第11話

お中元は恩着せがましい人間の習慣。 「雲のむこう、約束の場所」は映画も観に行き、DVDも買っていながら、 「ほしのこえ」をまだ一度も見ていない自分を思い出しました。 覚えているうちに見よう。。 朝五時にたたき起こされておはぎを作らされた君尋君。 おはぎも作れる君尋君はいつでもお嫁にいけますよ。 がんがんお…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more