テーマ:おとぎ銃士 赤ずきん

おとぎ銃士 赤ずきん 最終話

 最後は温泉でまったりのんびり。そしていつかまた、必ず。  ファンダベーレへと帰るその日の前に、赤ずきんたちは草太君たちと楽しい思い出を作るためみんなで温泉に。一時とはいえ、グレーテルちゃんの制服姿が見られたり、髪の毛おだんごにしている姿が見られたりと、最後の最後まで楽しめました。  いよいよお別れというシーンでも、赤ずきん…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第38話

 舞台はいよいよエルデへ。最終決戦に決着が着きました。  サンドリヨンまさかの!?巨大化。こうなるともう最終話テンプレートでもあるかの如く(^_^;) いわば王道的な取りまとめのフェーズへと入った感じです。それがベストと見えるようにきちんと創られていました。  二つの鍵の力を手にしたサンドリヨンは化け物となりさらには巨大化、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第37話

 鍵の力が解放され、サンドリヨンの真の目的が明らかに。  ふたつの世界の物語はすべて彼女が彼にし向けた壮大な罠。彼女はこれまでの長い時間をかけて、かなり考え抜いてここまで来ていることが終わり際になってわかってきました。  二つの世界は鍵の力によって繋がってしまい、数多くのナイトメアリアンがエルデへと攻め入っていきました。エルデと…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第36話

 目の前で大切な人を失うことほど、深く大きな哀しみはない。  サンドリヨン城になぜか囚われていた草太君のお母さん。その目的はあまりに残酷でした。彼の力の解放の源となる感情の爆発。それを引き起こすために、サンドリヨンは草太君のお母さんを彼の目の前で消し去ろうと目論んでいました。これはまた朝から重々しい・・・。しかも鏡の中のお母さんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第35話

 決戦の場所であるサンドリヨン城がとうとうその姿を現し、彼の真なる力も。  いろいろと辻間合わせが行われた後、突如として狼族のライカンさんがナイトメアリアンとして再登場。このナイトメアリアン制度はこの前のブレーメンから単なる化け物に、というものじゃないとわかってしまったので彼がもう以前の彼として助からない、、というのは目に見えまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第34話

 ヘンゼルとグレーテル。  赤ずきんたちの仲間となったグレーテルちゃん。打倒サンドリヨンを胸に、赤ずきんとも特訓を重ねていた。何よりも兄を救うために、彼女は戦う道を選んでいました。けれど一番最初、ヘンゼルとグレーテルがサンドリヨン様のところへ来たとき、兄、ヘンゼルはサンドリヨン様に「なぜ力が欲しい」と問われ、「妹をを守るため」と答…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第33話

 仲間です(^.^)  喜びの気持ちよりも、「ようやく」という気持ちの方が大きいお話でした。元々サンドリヨン様はあまりグレーテルには期待もしていなければ執着もなかったから、一応はトゥルーデを送り込んできたものの、追う価値もないといった感じで見逃してたのか、必要とあればいつでも連れ戻せる、って考えかな。  草太君たちと三銃士は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第32話

 さよなら、ブレーメン遊撃隊・・・。  32話目にてナイトメアリアン誕生秘話が語られていました。結構こっち側もしんどそうでした・・・。しかも不適合だと光になって消えてしまうと。。残酷です。。  そのことをきちんとわかった上で、それでも兄貴のランダージョの力になるために、カーネたちは自らナイトメアリアンへとなることを選びました。泣…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第31話

燃えさかる炎の中で彼は、赤ずきんを守るために立ち向かい、彼女と共に歩む道を選びました。すべてを擲ってでも守ることだけを考えて。  ヴァルから彼の秘密が語られました。今までずっと隠し続けてきた彼の過去は一人で抱えるには大きすぎてこれまで見せてくれた数々絶妙なツッコミにさえ、振り返ってみると切なさが、、感じないけれど(^_^;) 意志…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第30話

ヴィーゼ村。そこは赤ずきんが生まれ育った村で、ヴァルと出会った場所。 ほぼ全編シリアスのまま終わりました。 かつてここまでシリアスだった回はなかったと思います。 ゆかりんの真の力(^_^;)も発揮され、ヴァルの正体も明かされました。 赤ずきんとヴァルの信頼は絶対でした。 いついかなる時でも互いが互いを助け、 協力…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第29話

「一緒に戦おうよ、大事なものを守るために」 この言葉を、ずっと待っていました。 グレーテルちゃんが泣かないで済む方法は、一つしかないのだから。 グレーテルはずっと兄、ヘンゼルのために戦って戦って、 兄が喜んでくれるよう、兄の助けになるよう 兄の側にいられるように戦い続けてきていました。 けれど彼は未だ操られたままで、…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第28話

ドワーフの洞窟にて、草太君がこれまで旅を少しだけ振り返ってくれました。 グレーテルちゃん今回も出番があって何より。 冒頭からグレーテルちゃんが出てきてくれました。 でもちょっと無理したみたいで、手に怪我を(>_<) あんなどーでもいいところで無理しなくていいのに・・・。 草太君たちが(いつも通りw)ラン…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第27話

狼族の方達とハーメルンさん。ちょっとお久しぶりでした。 彼らが出てくればどんどんお話が進んできます。 エルデの鍵と対を成す存在、ファンダヴェーレの鍵。 その鍵はなんともうすっかり掴まっていたフェレナンド王その人でした。 二つ揃わないとだめなものだったのか。 しかもフェレナンド王曰く、サンドリヨンのこれまでの時間稼ぎは …
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第26話

三銃士がドッキリしてすべてお見通しでした。 徐々に明かされゆく過去。メガネをはずした白雪! いよいよ2クール目終了。 二つの世界ができる直前、できた直後の過去話が少しずつ埋まってきました。 そこに前回から引き続き白雪の故郷のお話も含まれてて思わぬ展開に。  取り急ぎ草太君のキャストが変更になっている理由はhpにあり…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第25話

ちっちゃくなった白雪姫。 小さくなってもわがままぶりは変わらず、かわいさだけは増していました。 そして初めて彼女の過去が少しだけ明らかにもなりました。 楽しいところやヴァルの突っ込みは残しつつ 全体的な雰囲気はちょっと変わりつつあるのかも。 あんなにも白雪の過去が重いものだったのは意外でした。 生まれてからずっと幸せなプ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第24話

草太君のお母さん!結構毒舌なんだね。。 登場して早々にヴァルに疑われていた草太ママ。 登場の仕方があまりにも不自然&感動ないよ、な点や 白雪に本当のことを躊躇なく話していたところからも もうすっかりバレバレでした。 それでも僅かながら秋子さん、もとい皆口さんがご出演でよかった(^_^;) 草太君と一度お別れし…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第23話

彼女の想いはあの時とずっと変わっていませんでした。 二つの世界を一つに、というその願いは今も尚・・・。 以前(17話でした)出てきていたかわいいゲストな女の子が再登場。 お名前が出てきましたがあれがご本名なんだな。で、法ちゃん♪ でっかい魚からガラスの靴が出てきて、 かわいいりんごちゃんがかわいく履いてみたら、…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第22話

塔に住む美少女ラプンツェル。 彼女の願いは、彼女の優しさがあったからこそ叶いました。 良いときと悪いときがあるのは3クール以上あれば致し方なし。 この作品はその差がかなり激しいです。で、今回は当たりです(^_^;) いつものように身勝手 アクティヴな赤ずきんから始まり、 実にかわいいゲストキャラ、ラプンツェルさんの…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第21話

大きくて優しい風の力。それがフェレナンド王の力。 フェレナンド王は草太君のお母さんをご存じでした。 彼がファンダベーレへ来た理由。彼が鍵である理由。 すべてが偶然ではないのだという意味づけがようやく見始めてきました。 二つの月が重なり合い、そこから生まれる光の力によって あの世界を潤すための水が生まれていました。 4…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第20話

トゥルーデを倒すために得なければならない新たなる力。 選ばれし者は誰か。あと草太君が一番好きな娘は誰か。 ハーメルンさんが探してきてくれた賢者さんに 赤ずきんたちはトゥルーデを倒すための新たな魔法を教えてもらいました。 3人が脱線したら、賢者・サルタンさんが水で目を覚まさせる。 幼い彼女たちにはまだ彼のような導く人が必要だ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第19話

狼族がご無沙汰でした。 手を組むけど心は組まない。 サンドリヨン様うまいこと言っているようでイマイチ(^_^;) ランダージョには申し訳ないが、彼は最初からおもしろキャラ。 だからおもしろければそれで役目を果たしていますが 物語進行には一切関連性がない。。 せめてグレーテルちゃんが出てこないと前にも後ろにも進まない。…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第18話

歌い放題でした(^.^) 最近ここまで販促なお話は見ていなかったから ファンには溜まらない?であろう素晴らしいご紹介でした。 加えてなんか今日は普通のアニメパートもきれいで ブレーメン音楽隊にハーメルンさん出てきてかなり賑やかで楽しかった。 特にかわいかったのがハーメルンさん♪ ハロウィンなパンプキンのお話だった…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第17話

千年もの間灰の降り積もる街。 あの街の人々はあんなに暗くなってまでも あの街を捨てることができなかったんだろうか。 それが千年も続いているとなると、 さすがに新天地を探した方が子孫のためにもなりそうなものを。。 巧みにボケる喋る犬に続いて、 今回はお話をしてくれる小鳥さんが草太君たちの前に舞い降りてきてくれた。 …
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第16話

いばら姫の帰郷。 いつもの軽快な展開とは打ってかわって、いばら姫の少し切なお話。 白雪のランダム転送魔法によってたどり着いた国は、 その存在場所自体あまり知られてはいないという、エルフ族の国。 すなわちいばら姫の生まれ故郷でした。 ご両親だけなぜにあんなに色濃くなまっていたのか。 そこは特に疑問に思うことなく、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第15話

いきなし強敵現る。脈絡ないところがいいです。 ランダージョがだんだんと追いやられているのがちょっとかわいそう・・・。 やっと土曜日分にたどり着く。長かったなあ今週は。 半期に一度のラッシュはいつもながら必死です。 あまりに必死すぎて漏れたのも多々。。あとでまとめよ。。 前回のグレテルちゃんの興奮を思い出しつつ …
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第14話

「それでも僕は、信じるよ」 りんごちゃんと、グレテルちゃんがいればもういいです(^.^) ヘンゼルお兄様とグレテルちゃん。 はどうして二人にはサンドリヨンの支配力に差があるんだろう。 今回彼女の鍵となりそうな過去が見えてきました。それは即ち希望(^_^;) エルデの鍵と交えて今回、こちらのお話にぐっと光りが見えてきた。…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第13話

今回はグレテルちゃんご活躍♪ なんてことない宗教なお話でした。 なかなか飽きる展開でしたのでので途中で睡魔に負けましたがw 負けじともう一度最初から見直してやっと見終えました(^_^;) 赤ずきんちゃんは何度見ても赤ヘルないほうがかわいいし、 くねくねとあの踊りを踊っている様子も結構かわいかったよ。 毎回…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第12話

サンドリヨン城を目指す途中で、別のお話が入ってきてくれました。 ヴァルの過去、隠された秘密がありそう。 今回もいつも通り、りんごちゃんに癒しを求めて見始めましたが 新たにキャラが出てきたと共に、別のお話が食い込んできました。 ファンダヴェーレの国はかなりあるようで、かなり独立めいているみたい。 それは種族が違うから、と…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第11話

りんごちゃん、いつか必ず信じてるよ・・・。 ちょこっとだけまともになってきました。 話がどうこうより、まずりんごちゃんが最優先には変わりません(^_^;) 今回、りんごちゃんたちご一行はは赤ずきんの母校にご到着。 さも学校目指して来たかのような口ぶりだった赤ずきん。 目的が一応はあって動いていたということでいい…
トラックバック:26
コメント:0

続きを読むread more

おとぎ銃士 赤ずきん 第10話

花への声が、意思となって応えてくれた。 守りたいという気持ちと、裏切りたくないという気持ちを。 前回でやや離れかけはしたけれど(汗)見方がなんとなくわかってきた。 定まっていないだけかもしれないけれど、 もしかしたら新しいタイプなのかなとか(^_^;) 最終的にどちらに転んでもいいように見ていこー。 りんごち…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more