テーマ:そらのおとしもの

そらのおとしもの f 第1話

秋新番2つ目。そらおとふぉーりん!  AT-Xでちょうど1期をまた見ているんで、懐かしさは払拭されており(って元々そんな前の作品でもなし、、)OPやら出だしやらはまるっきり同じであって異なるところ。今期も何かやってくれそう、という期待だけが膨らみました。保志さんは本当に素晴しい役者さんです。  これといってそれほど前…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

そらのおとしもの 最終話

忌まわしき力は、望まれし力と変りました。 友達を救うため、何よりも愛しいマスターのために。  最終話。これまで数々巻き起こっていた、飛び抜けた底知れぬ智樹君の偉業を無に返すかの如く、シリアスに、一途にニンフちゃん救出に向けて物語はクライマックスを迎えました。  最後まで騙されてしまうニンフちゃん。会話の中に「マスター」…
トラックバック:28
コメント:2

続きを読むread more

そらのおとしもの 第12話

笑顔のつくりかた。  こちらもとうとう名残惜しいけれど次回でおしまい。思っていた以上に楽しめた作品となりました。最大の立役者はやはり保志さんのお力によるものじゃないかな(^_^;)  今期のお話はニンフちゃんを持って、おしまいとなりそうな終わり方。全然二期をあるものだと思ってるけどw どうかなあ。今期の中ではかなり話…
トラックバック:8
コメント:2

続きを読むread more

そらのおとしもの 第10話

マスターと手をつなぎたい。  歌回となっていた今回、最近ではすっかり王道な構成でしたが、早見さんの歌声が聞けたことが、何より嬉しいところでした。やはりかなり可愛い。  学園祭で、ふとしたことがきっかけで、突如出てきた(ように見えた)私立の方々と対立。やがてその派閥は町を二分するほどまでに至りました。あれほど智樹君が町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そらのおとしもの 第8話

サバゲーに勝ち残り狙う派現ナマ一千万。  夏の夜祭り。可愛い女子達は皆浴衣を着て楽しげに夜店を回るも、会長の一声で一転。その場は戦場と化しました。  サバゲーで活躍していた商店街のみなさんや、スナイピングを楽しんでいた会長さん、英四郎さん。コルクな銃であることを忘れてしまうかのような臨場感溢れる戦闘でした。特にイカロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そらのおとしもの 第6話

朝起きたら増えてました。  川口浩さんを経て、ようやく二人目の天使、ニンフさんがご登場!  イカロスさんの後継機?でありつつ、身の丈はかなり小さく、子供のような容姿でした。ただ言葉遣いには威圧的なところもあるし、智樹君のことをマスターどころから「虫」呼ばわり。地上に来た理由はイカロスちゃんとは異なることは確かでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そらのおとしもの 第4話

渡り鳥のように、それらは戻ってきました。  前々回、飛び立った大量のパンツたちがまさかの再来。地球を一周して戻ってきてくれました。なんというスペクタクル。  智樹君はこの上ない幸せを感じ、つい、部屋中、家中をパンツで満たすこととしました。  しかしその後、そはらちゃんの仕業によってその夢のようなお家は一転、あり得ないほ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

そらのおとしもの 第3話

はじめてのおつかい。  変態と呼ばれることに何の負い目も感じない守形先輩。彼に数学の宿題(難題)を解決してもらおうと、智樹君たちが先輩の家を訪問するところからお話は始まり。  先輩のお家の事情。詳細は明かされていませんでしたが、あの先輩を見ればなんとなくそうなった理由はわかります。きっとあれだな、って。アバンが変わってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そらのおとしもの 第2話

割と簡単に仲間内には受け入れられたイカロスさん。 彼女が来たことによって智樹君が得た力は、夢の力でした。 そして物語はなぜか、壮大なエンディングを迎えました。  "場"を形成するまでがとっても早かったです。空から来た、ってことは信じられないにしても、見ず知らずの、得体の知れないコスチュームを来た、鎖で繋がれた巨乳な少女が部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そらのおとしもの 第1話

秋新番13個目。望む願いをすべて叶えてくれる愛玩用エンジェロイド。  かなりの辻褄を無視した、描きたい内容だけは伝わってくる作品でした。昔はそんなに嫌いじゃなかったけど、今はもう苦手なタイプです。日曜日はこれと夏のあらししかないから大丈夫かな。  お約束、と呼ばれる安易な土台に乗っかってるだけの作品にしか見えませんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more