テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱

劇場版 涼宮ハルヒの消失

委ねられた世界。  続けてこちらもやっと観に行けました。平日の新宿バルト9.お客さんは6,7割は入っていました。リピータの方もたくさんいた感じです。  何も知らずアニメで知ったこの作品。昨年の二期も、望んでいた形と異なっていたのは確かなの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第25話

みくるの冒険。大冒険。  思えばあの日。もう3年半も前になる2006年4月。この作品との出会いはまさにこのみくる伝説からでした。よもや新番組初回が劇中劇から始まり、しかもその劇がつまらないことこの上ない出来映えで、たいしたフォローもなく終っていくなんて、考えもしなかっただけに、インパクトは絶大だったの、覚えています。  …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第24話

映画はようやく完成を迎えることとなりました。 文化祭は準備してるときが一番楽しい。  映画制作は無事終わり、一時は夢オチという結末になりそうでしたが、キョン君の案により、この物語はフィクションです、という括りで終わりました。世界が変わることはなく、事なきを得ました。  古泉君のいうことをそのまま信じないで。そう、みくる…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第23話

ハルヒ監督の自由奔放すぎる横暴にとうとうキョン君が立ち上がりました。  起きたことといえば、それほどのことはないのだけれど、なんていうかエンドレスエイトがなかったとしても、どうもおもしろさがどこかわからなくなってきました。。彼女が神(に近い力)を保持しているのはもうわかった、っていうか、もうそれは何でもアリなんだってのはわかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第22話

そして突如として照射されたみくるビーム。  ハルヒの進行の下、映画制作は順調に遅れて進んでいました。つまらない映画の撮影風景をただそのままつまらなく、それでいて真面目に描くことの大変さが伺えます。また別な意味でこの作品を経て、京都アニメーションの力を垣間見たような気がいたします。気がするだけかもしれません。どちらだっていいこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第21話

着々と文化祭の準備が進み、ハルヒの進める映画録りもクランクインを迎えました。  淡々と進むばかりで、で、結果できあがりもわかっていると、ストーリー自体へはこれといって楽しみはもうないです。ひたすらみくるちゃんのおどおどした、それでいて大変かわいいところを見るだけです。せめて1期を見ていなかったら、もっと楽しめたのは当たり前か。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第20話

体育祭がざざっと過ぎ去り文化祭へ。  いつまで続くのかと思われた夏休みは無事終わり、お話は一気に文化祭へ。文化祭といえばあの衝撃の1期1話目となっていた朝比奈ミクルの冒険。それとアニメ化になってもっとも力が込められていたライブがあるあの文化祭。今回はその文化祭が始まる前のお話。いかにしてあの映画(と呼んでよいのか定かでは、、)…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第19話

15532回。  ほぼ15527回目と酷似していた15532回目。キョン君は再びハルヒが何を望んでいるのかわからず、八月三十一日を終えようとしたあの八月三十日の喫茶店。とうとう、とうとう、キョン君はループを抜け出すこととなりました。  8度目の繰り返し。もういつまで続いてもおかしくない状況でありながら、確実にキョン君に残…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第18話

15527回。  ほぼ15524回目と酷似していた15527回目。キョン君は再びハルヒが何を望んでいるのかわからず、八月三十一日を終えようとしたところで今回もおしまい。ここまでして何を植え付けようとしているのか。期待はもう充分不安に変わっています。  やはり有希ちゃんはもうとっくに抜け出す方法に気づいているんじゃないだろうか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第17話

15524回。  ほぼ15521回目と酷似していた15524回目。キョン君は再びハルヒが何を望んでいるのかわからず、八月三十一日を終えようとしたところで今回もおしまい。ここまでして何を植え付けようとしているのか。期待が不安に変わり始めるのを待っているように見えます。  やはり有希ちゃんはもうとっくに抜け出す方法に気づいている…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第16話

15521回。  ほぼ15513回目と酷似していた15521回目。キョン君は再びハルヒが何を望んでいるのかわからず、八月三十一日を終えようとしたところで今回もおしまい。ここまでして何を植え付けようとしているのか。期待が不安に変わり始めるのを待っているように見えます。  やはり有希ちゃんはもうとっくに抜け出す方法に気づいている…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第15話

15513回。  ほぼ15499回目と酷似していた15513回目。キョン君は再びハルヒが何を望んでいるのかわからず、八月三十一日を終えようとしたところで今回もおしまい。ここまでして何を植え付けようとしているのか。期待が不安に変わり始めるのを待っているように見えます。  やはり有希ちゃんはもうとっくに抜け出す方法に気づいている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第14話

15499回。  ほぼ15498回目と酷似していた15499回目。キョン君は再びハルヒが何を望んでいるのかわからず、八月三十一日を終えようとしたところで今回もおしまい。ここまでして何を植え付けようとしているのか。期待が不安に変わり始めるのを待っているように見えます。  八月三十日に何かアクションを起こさない限り、この…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第13話

15498回。  前回の終わり方、サブタイから繰り返すのだろう、とは思いつつも、その回数はまた規模が大きく、そういえばハルヒはこんな驚き方をしたかも、とうっすら思い出してきました。  見るべきは「なぜ繰り返しているのか」「ハルヒは何を「足りない」と感じて、世界を繰り返させているのか」に加えて「なぜみくるちゃんは今回気…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第12話

夏を存分に満喫!!  今回も新作。意外にもセオリーを守るようなお話があるのだなぁ、と普通さを感じました。むしろこの作品がセオリーを作っていたのかも知れないけど(小説読まないからさっぱり) ちゃんとこの後何かが控えていると思いつつ見ていたけど、結局今回は何一つ予感させるシーンはなく、ただ流れていきました。  エンドレス…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第8話

「始まったな。」  二期とささやかれてはいたものの、4月からは本来の1話から順々に放送していた本作。1期の正式な1話から7話まで?放送後、突如として今回から新作となりました。相も変わらずこの作品の情報提供方法には途中から疑問しかなかったけれどw そこは京アニということですべてをねじ伏せられるお力を持っているから何ともいえな…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 最終話

ポニーテールは好きです。いいえ、大好きです。 どうしたってやってきてしまうのが最終回。 本当に楽しい時間でした。心の底からそう思いました。 彼女が望みし世界が、次なる世界。 とうとう訪れてしまった世界崩壊の危機。 涼宮ハルヒが望んだため訪れた世界の再構築。 その次なる世界へ唯一選ばれた人間がキョン君でした。 つ…
トラックバック:78
コメント:3

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第13話

もう本当にあと僅か。噛み締めながらながら楽しみます。 古泉君の真の力が明らかになりました。 今回前半と後半で物語が大きく異なっていて、 ハルヒちゃんの踏切での会話を境に、 彼女の憂鬱から引き起こされる産物が後半明らかに。 よ、ようやく見れたという安堵感も高かったw ハルヒちゃんができるまでが、今回明確に描かれてい…
トラックバック:65
コメント:4

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第12話

望んでいることをやってくれる。 最高だと、誰もが確信持って言えるはず(^.^) もう終わりがすぐそこだというのに、どんどんよくなってる。 全回に全力が見られる数少ない作品です。 もう既に数回前から、ありがとうの気持ちで胸一杯で。。 ささっと始まっていた文化祭。あの第1話での映画がようやく世間に公開w このアニメの…
トラックバック:60
コメント:2

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第11話

ま、またしても有希ちゃんが。ここまで見せられてしまえばもう、 彼女がヒロインということに大いに頷けます(^.^) 誰が真のヒロインか。 三者三様に分かれ兼ねないそんな不毛な愚問に、敢えてまともに答えると、 自分は、自分も?、有希ちゃんに他ならない。 きっと二人が光るお話もたくさんあるんだろうけど、 今期はもう揺るがない気…
トラックバック:60
コメント:3

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第10話

有希ちゃんが活躍するお話が、どうしてもおもしろいです。 もう有希ちゃんが大好きです。 最近ほとんど出番のなかった朝倉涼子さんが、今回の事件を引き起こしました。 正直彼女の存在すら忘れかけていたので(^_^;) 疑うなんてできるわけもなく、 夕方の教室での、彼女のすべての言動はまさに再来でしかなかった。 なんてことない下駄箱…
トラックバック:60
コメント:5

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第9話

諦めるわけないじゃん! 今回でおしまいとすれば、 とても無難でいい作品でした、と括れそうでした。 でもそこにもまた、この作品自体を凌駕する 京都アニメーションの力は心血注がれていた。 もう既にありがとうです(^_^;) SOS団にとっての日常のほとんどは、あーいう日で終わっていたのかなー。 いつものみくるちゃん弄り…
トラックバック:68
コメント:4

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第8話

一週置いた上での解決編。 クローズドサークルの中、ナイフを心臓に突き刺されていた多丸(兄)さん。 状況証拠は僅かではあったものの、 以後の様々な証言・発言から、真犯人は浮かび上がってきました。 ポピュラーな推理もののようなオチではありましたが、 見所は本来そこではなく、 今回はハルヒちゃんのかわいさが光ってたと思う。…
トラックバック:64
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第7話

有希ちゃんの勇姿がやっとちゃんと見れた!やはり伊達じゃない! あ、あと古泉君の力も。 改めてなんでもありなこの作品がまた好きになりました。 相変わらずあのスタジオは何でもできるんだなー 飛びぬけたストーリーを、見事にアニメーションに起こせていると思う。 前回のお話は次回にお任せされ、 今回は有希ちゃんの絶大なる力…
トラックバック:62
コメント:2

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第6話

夏の定番は孤島。 とても普通に展開されただけに次回が、と思うお話しだった。 でも敢えてまた裏切られるのかと思うと、 前編の次にすぐ後編が来るとは考えない方がよかったんだ、とか そもそも後編があるのかとかも気になる・・・。それもおもしろいなw 古泉君のお力で孤島に合宿に行くことになったSOS団。 そこに行くまでにも…
トラックバック:29
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第5話

納得してホっとした自分と、 心の底ではまだ納得したくなかった自分がいました(^_^.) まさか全部一度にくるなんて。。 とてもじゃないがまとめられる自信がないので、スルーしよw 思っていたより言葉一つひとつは難しいものではなかったので、 理解はできたし、もうあまり驚くところでもありませんでした。 むしろ物語自体より、絵の…
トラックバック:44
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第4話

野球だ!!チアだ!!! 1話で出ていた方がいつの間にか部室にいたり、 ちゃんと自己紹介して出てくれていたり。 あのサブタイはちゃんと読み取って見ないといけないんだ。 1話についてこれた人であれば、原作既読者でなくても、 もうこの先何が来て平気と思ってよさそう。 やはり面白いし、何よりもまず楽しい(^.^) …
トラックバック:50
コメント:3

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第3話

三話目にてようやく落ち着いて見ることができました。 なんだかみくるちゃんが"かわいい"から"可哀想"に見えてきた・・・。 SOS団設立後、着実に部室に物が増えていき、 ハルヒのいつもの暴走めいたその行動が、 実は至って平常モードだということがわかってきました。 彼女が暴走するということは、つまり、 セクハラで横暴、かつ恐…
トラックバック:49
コメント:4

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第2話

SOS団結成です。 さすがと言わざるを得ません。 やっぱり"アニメーション"を作れるスタジオははずせないよな。 まだまだこれからもより多くの期待が持てるスタジオです。 お話がはじけているのは確かですが、 とにかくどこもかしこも素晴らしいの一言。 前回は前回としてw、今回はちゃんと順を追って 杉田さんの見事なまで…
トラックバック:46
コメント:2

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 第1話

ぎりぎり可です。 正直、池に落ちた当たりから負けを感じた。。 手に取るようにわかるこの展開。 でもこういうのって放置するのが最も効果的と思いますw 声優さんって大変だなぁとつくづく感じましたし、 だからこそ、やっぱりすごいなぁとも感じました。 後藤さんのカミながらの台詞は素晴らしかった。実に素晴らしいものでした。…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more