テーマ:こばと。

こばと。 最終話

魂が、同じだから。  時は流れ。記憶に留めておいた想い出は何度も何度も思い返し、忘れないように留め、そしてさらに時は流れ、季節は何度も何度も巡り、場所は移り、景色は変わり、それでも思い返し、忘れたくないと願い、留めておいた。  彼女の、花戸小鳩との想い出を。  一度は藤本さんもみんなと同じように、記憶から小鳩ちゃん…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第23話

大切な人だから。  時は待ってくれない。  無情にもただただ流れ過ぎ去っていくその一瞬一瞬。  こばとちゃんは最後に、自分の願いに生きました。  季節が4つ過ぎてしまい、でもコンペイトウは一杯にはなりませんでした。よって契約に従い、こばとちゃんは本来いるべき場所へと行ってしまった。  彼女に残された時間があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第22話

願いは何一つ・・・。何一つ彼女に笑顔をもたらせてくれない・・・。  清花先生はよもぎ保育園を閉園したこと、後悔はしていませんでした。最後まで自分の決断でそうできたことを、むしろ誇りに思っていたほど。  そしてこばとちゃんに対し「藤本さんを助けてあげて。」と、お願いをしてくれた。  藤本さんを頼っていたのもの事実だけれど…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第21話

大切に想っているから。ずっとその気持ちに変わりはないから。。  よもぎ保育園での一件は、この作品の優しさそのままに無事終わりを迎えることとなりました。  沖浦さんが抱えていた、誰にも渡せない問題。自分が手を離してしまえば、確実に清花さんをもっと哀しませてしまう。その優しさから、彼は自分がどう想われても構わない、清花さんを…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第20話

性別はかわいさで決まります。 あと数え方は1もこな、2もこな、です。  予告にちらっといらっしゃったとおり、小狼君とファイさん、黒様が「こばと。」の世界へと来てくれました。サクラちゃんがいないところと、みんなの洋服から見て、"あの旅"が始まっていること、がわかりました。旅が目的、とも言ってたからね。早くあちらも再アニメ化切望…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第19話

「雪も、きれいなもんだな。」  「藤本さんは偉いです」そう言いながら涙を拭うこばとちゃん。何に対して偉いと感じられたのか。何に対して涙が流れたのか。痛いほどに伝わってきました。  彼女は藤本さんと出会ってから随分と経つのに、何も知りませんでした。それは藤本さんが自分から話すタイプではないことと、訊いたところでほとんど…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第18話

「わたしに何ができるんでしょう・・・」  お話はもう保育園のお話1つに絞られてきました。とうとう、というこの時期の感覚はなんともいえません。淋しさが一番なんだけれど、どうなってしまうのだろう、という期待も同居しています。  借金取りさんのおかげで保育園の評判は悪化の一歩を辿っていました。門前に立っているだけでも、充分…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第17話

いおりょぎさんの大冒険。  こばとちゃんがバザーを頑張って宣伝していた頃、いおりょぎさんは一人奮闘していました。中には予想もしていなかったゲストキャラがお二人も出てきて、軽くテンション上がりました(^_^)  いりょぎさんは再びくまのバームクーヘンを頂きに、異界の住人である玄琥さんのところへと趣き、たらふく食しており…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第16話

何か自分にできることがないか。 こばとちゃんは考えてあるアイデアを実行することにしました。  再び以前保育園に電話してきた渋みのある方が、今度は直接こばとちゃんと遭遇・・・。名前は沖浦。彼は清花先生のことを「清花」と呼び捨てにしていた。つまりは先生の元旦那。何故元旦那が保育園を潰そうとしているのだろう・・・。  今…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第15話

なくしてしまった記憶。  一つ、大きな転機となるお話に見えるよう、いつもと雰囲気がシリアス多めで、今後の展開が変わっていく。そんなお話でした。  清花先生が過労で倒れてしまったこと。  こばとちゃんにとって、大切な人が倒れてしまうことは、初めてのことだと思ったのだけれど、いおりょぎさんの「記憶が?」という言葉で、そ…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第14話

焼き芋を食べていると幸せを感じられます。  保育園では秋の行事の1つとして、毎年ご近所に住んでいる農家の方のご厚意で、さつま芋掘りをさせてもらっていました。  農業という職業は大変なお仕事ですが、一時的にでも体験すると、それはそれは新鮮で、勉強にもなるから、時折は触れてみたい。  こばとちゃんはコンビニで学習したと…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第13話

銀杏の気持ちと幸せ。  季節は夏が過ぎ、秋へと移り変わっていました。  前回から幾分時間は経過したようで、コンペイトウは結構溜まってきてはいました。でも期限はもう半分過ぎ去ってしまっていたのは事実で、いっぱいにはほど遠い。。  こばとちゃんは行きたいところに行くために、コンペイトウを集めています。そこがどこかはもち…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第12話

不可侵を犯した罪への償い。  今回はこばとちゃんの働きっぷりがちょっとだけ横に置かれて、、、、いや、結構描かれてた(^_^) 藤本さんの分まで、っていつも以上にはりきっていて可愛かったです。で、本編はいおりょぎさんのお話。  なぜ彼はぬいぐるみになってしまったのか。森にいるくまさんはバームクーヘン屋さんや、銀の猫さんとの関係…
トラックバック:7
コメント:2

続きを読むread more

こばと。 第11話

こばとちゃん、ケーキ屋さんでアルバイトを始めました。  もっともっと自分にできることはないか。こばとちゃんは常にそう考えていてこの度、アルバイトを始めることとなりました。あと途中からは一転。事件を解決すべく探偵さんにもなりました(^_^)  バイト先は千歳さんに紹介してもらった洋菓子店「チロル」。ここの制服がまたかな…
トラックバック:13
コメント:2

続きを読むread more

こばと。 第10話

大切だから優しくする。大切だから大事にして、守ってあげたいって思う。  今回は全編「藤本清和君」回でした。  いつもムスッとして、こばとちゃんに対しては特に素っ気ない態度を取ってくる清和君。こばとちゃんも彼のことだけは、いじわるな人、という印象を持っていました。  けれど彼の過去を知ったこばとちゃんは、彼の気持ちと、自…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第9話

大好きな友達だから。  昔からの親友。なっちゃんとゆきのちゃんは、小さい頃から一緒で、これからもずっと一緒。そう、思っていました。少なくともなっちゃんはそう思っていた。  でもゆきのちゃんは高校に入った辺りから熱中できるものを見つけて、どんどんそっちに興味が傾き、いつの間にか昔のように二人で過ごす時間が減ってきてしま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第8話

ミルクのミルク入れ。  CLAMP作品では幾度か登場する「自己満足」の考え方。この作品では藤本さんがそれを担っているようでした。  人への思いやり。優しさ。労り。どれもとても素敵なことで、失ってはいけない心。けれどその想いが、自己満足ではないと言い切れるのか。つまり本当に相手のことを想ってのことなのかが、わからない。藤本…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第7話

他人の優しさを認めてあげること。  藤本さんが落とした、大学で使うであろうレポートを拾ったこばとちゃん。清花先生から、彼に届けてあげて、とお願いされ張り切って大学へと入り込みました。  彼女が地上へと来た目的が目的なだけに、人から何か頼まれることは、なんでもかんでも喜んで受けている様子です。彼女ならきっと失敗は繰り返しそ…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

こばと。 第6話

森の中にある、くまのバームクーヘン屋さん。  今回も保育園でのお話。当面保育園メインで進んでいきそうでした。そちらで遠足があるためこばとちゃんも参戦!! はじめての、、って、大抵のことがこばとちゃんにとってははじめてのことばかりです。遠足もね。  けれど出がけに出た電話が、またあの借金取りさん関係からで、藤本さんに清花先…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

こばと。 第5話

光り方。  ある絵本作家さんのお話。彼が失ってしまっていた光り方を、こばとちゃんが取り戻してくれました。とてもきれいな、それこそ物語らしいお話でした。  冒頭では保育園の事情が少しずつ明かされ始めてきました。もちろん先生と藤本さんはその経緯をご存じのようでしたが、さすがに来たばかり、それに正直子供とあまり変わらないこ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

こばと。 第4話

琥珀さんが泣いていた理由。  今回のこばとちゃんが狙ったターゲットは琥珀さん。彼女が青葉を見て涙を流していた様子を見て、こばとちゃんは「もしかして心が傷ついているのでは?」と予想。そして彼女が彼、宗一郎さんとデートをしたことがないというお話を聞いたところで、頑張り所を見定めました。  結局の所琥珀さんは全く持って心が傷つ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

こばと。 第3話

梅雨。雨の日々が続く頃。  宿無しだったこばとちゃんにアパートを紹介してくれた清花先生。少し不振に思うほどの優しさ、面倒見の良さは、彼女の性格、という捉え方でいいのかな。そのことを清和君は良くは思っていないし、彼女自身もそう思うところはあるようでした。  そのアパートは「ガブ・城ヶ崎」管理人さんは千歳さん!! と、もうほ…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

こばと。 第2話

猛烈にこばとちゃんに癒されたい所存です。  世間を知らないこばとちゃん。知らないということを知らない感じなので、別段気にすることもなくいつも前向き、ポジティヴで、純粋に、ひたすらに純粋に街の人たちの助けになろうと努力していました。  子供達の遊びに付き合ってあげたり、ティッシュ配りのお兄さんから、ティッシュをありがたく全部受…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

こばと。 第1話

夢を叶えるために。  秋新番16個目。今期一番楽しみにしていたCLAMP原作新番組。素晴らしく望んでいた完成度で、1話目でありがとうといいたくなる作品でした(これまでにも何回かある(^_^;)  CLAMPは大好きながら漫画はほとんど読んでおらず、でもこれまでTVアニメ化された作品はほぼ見ていました。その後原作を、と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more