テーマ:咲-Saki-

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第1話

春新番20こ目。和ちゃんとまた遊びたい一心で。  最初は前期の続きかと思っていたけれど、どうやら外伝。しかも和ちゃんサイドで、且つ、和ちゃんは「目指すべき目標」として位置づけられており、主役はかつて和ちゃんと一緒に小学校時代を過ごした高鴨穏乃ちゃん。なんとも複雑な気持ちにはなったけど、スタッフは概ね一緒みたいなので、見ていこう…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 最終話

最後は女子だけでの4校合同合宿。次なる舞台は全国大会!!  県予選での個人戦も終り、いよいよ全国へ。その前に4校での合宿話が最後を締めくくこととなりました。もう断然続編が楽しみです。きっとあるはず。もしくはもう決まってるはず!  あんな、割と小さめの広間に、あれだけの人数。しかも女子だけっていう魅惑の空間。一体どんな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第21話

団体戦、中休み回を過ぎて次は個人戦。 福路キャプテン再開眼です。  タコス@優希ちゃんが快進撃。一日目でどれだけ優勢になってれば二日目さらに有利になるかわからなかったけど、他の方々がそれほど上位には来ていなかった点から見て、少なくとも今回の一位はそんな劇的に有利になるってわけじゃないのかも。最終的には3位に入れば全国に行ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第20話

「今年の夏は、長くなるわ。」  見事全国への切符を手にした清澄高校麻雀部。今回はそのご褒美も兼ねて、みんなにプールで息抜き。他にも衣ちゃんをいつも大事にしている透華さんのお話や、次なる個人戦で当たるかもしれない咲ちゃんのお姉さんの場面も少し入っていました。  もちろん和ちゃんのその胸には誰もが目を奪われるスケール。水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第19話

「麻雀って楽しいよね。」  長きに渡って繰り広げられた決勝戦。無事に清澄の勝利で幕を下ろしました。最後の咲ちゃんの上がりに、衣ちゃんが流した涙。もうそれだけで充分でした。  大将戦。そこで得たもの。  清澄は勝利を。咲ちゃんは麻雀に持っていた楽しさを思い出すことができ、衣ちゃんは友と呼べる人ができたし、たくさんできてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第18話

咲ちゃんはまだ、本調子には至っていませんでした。 その理由は、なんとも意外なら、それでも納得いく理由でした。  前回の終わりから、ここから咲ちゃんのターンかと思いきや、なんかまだ本調子でなかった。その間に、0点だった華菜ちゃんが息を吹き返し、数え役満! ついで加治木先輩も上がり、二回連続で衣ちゃんは押さえられる形に。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第17話

反撃の兆し。  完膚無きまでにやられまくって前半終了。その合間、各々のチームがなんとかリズムを取り戻そうと、休憩時間を過ごしていました。  一番叩かれたのが風越の華菜ちゃん。休憩に入っても席に座ったまま卓にふさぎ込むように座ったまま。美穂子キャプテンはぎゅって、ずっと抱きしめてくれていました。来ちゃいけない、って言われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第16話

花天月地。  局面が進めばこうなることは明白でしたが、やはり何が恐怖で、何がすごいのかわからなかったw そこを度外視しても見てはいけるものの、やっぱりなんか悔しいな。。  ハイテイ(海底)。だから演出が海の中、になっていたりしたのだな。最後の牌で上がられるとそれはそれは高い役になってしまうから、なんとかずらそうとしていた…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第15話

大将戦。魔物は一人ではなく、二人。  前回から続きの副将戦。ステルスモモちゃんの独壇場、、とはならず、戦いはほぼ平行なまま大将戦へと移りました。モモちゃん出番が少なくかなり残念。。  これまでいろんなあり得ない能力者が多々出てきていましたが、自分にはそれはあまり差がわからず、でした。待っていた牌がそのまま来る。遊戯王…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第14話

何が大事ってそれはまず何よりも、誰よりも原村よりも、目立つことを第一とする少女と、 目立つことなく、存在感をマイナスにまですることのできる少女との戦い。  既に試合は4人目副将戦。和ちゃんは頬を赤らめてエンジンがかかっている様子で、対する透華さんは得意の打ち方を押さえてでも、和ちゃんより目立つことに重点を置いた打ち方へと…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第11話

部長の実力。  部長、竹井久さんの能力が明らかになりました。  彼女の戦術とは、わざと悪い待ちになるように手を組み上げておくことで、勝利を収めるというもの。そうすることで上がれることが多い、という経験から得た手法であると共に、見知らぬ相手との対戦であれば、"不可解な行動"と思わせ動揺を誘うという付加価値もありました。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第10話

ビギナーズラック。  初心者、ってどなたことを指しているんだろ、と思って見始めてみたら、今回初登場で、しかも鶴賀学園の方でした。でもよく見てみたらキャストさんは、キャプテンはゆうさん。今回の妹尾佳織さんは新谷さんだったり、他にも桑谷さん、斉藤桃子さん。と、決して穴埋め的な学校ではなかったんだと、今頃気づきました(汗)充分すぎる…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第9話

常に閉じていたその風越 福路美穂子の右眼がとうとう開く。  序盤は優希ちゃんのタコス不足からくるもどかしさばかり目立つ試合運びでしたが、後半は風越 キャプテンである美穂子さんが本領を発揮。鮮やかなまくし上げで勝利を収める形となりました。  決勝がどれくらいの時間戦うかも頭から抜けていた優希ちゃん。彼女にとって"時間"…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第7話

和ちゃんが満を持して登場!!  案の定、試合展開にはさっぱりついていけずにいました。風越の顧問?の方がなぜ激怒していたのかもさっぱり。ここはもう割り切りで。。  和ちゃんはさすがの注目の中、エトペン抱えたまま見事勝利。途中でネットの中の「のどっち」と重なり、あたかも変身したかのような描写は、やはりこの作品はただの…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第6話

県予選開幕!  合宿から1週間足らずで県予選開始。その数日で変われことっていうと和ちゃんだけっぽい。あのエトペンの真価が必ず見えそうでした。せめて移動中はバックにでも入れればよいところ、なぜかそのまま電車にも乗車されていた(^_^;) かわいいからいいんだな。  大会の形態がいまいちわかりにくかったです。1度の試合で…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第5話

部活に合宿ははずせないっ  まだまだ、和ちゃんのお父さんが思っていたイメージと、自分の麻雀に対するイメージは一緒です(^_^;)  予選大会に向けての合宿。合宿先には温泉必須! そりゃテレ東だからさ、湯気しか見えなかったけどさ、扇風機に向かって半裸で風を受けていた咲ちゃんがかわいかったから良いです。無理くり浴衣を…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第4話

プロ雀士 藤田靖子。  カツ丼喰いまくってた女性の方、竹井部長さんのお知り合い?でした。今回はその部長さんのお考えで、咲ちゃん和ちゃんに身を持って龍門渕高校 衣ちゃんの実力を少しでも知ってもらおうという運びでした。その次の合宿まですべて計画通りに進んでた(^_^;)  咲ちゃんが靖子さんに感じていた印象。それは姉…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第3話

目指すは全国。  咲ちゃんのお姉さんが、お母さんと共にかなりな実力者であるとわかりました。お声が中原さんってだけでなんか凄みを感じた(^_^;)  そして早速大会のお話にも繋がっていました。団体戦があるんだなぁ。ヒカルの碁がふと蘇ったり、最近はテニプリも見ているからダブりました。文化系も勝負ごととなれば、体育系と大差はな…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第2話

勝利という初めての感覚。  前回からの続きの対局も、咲ちゃんの意識としてはすべてプラマイゼロという結果を叩き出すこととなり、晴れて咲ちゃんは麻雀部へ入部!  和ちゃんはやはり前回の咲ちゃんの言葉を気にされていました。何が悔しいって、自分が大好きなものを否定され、さらにそのことで自分よりは強いというところ。悪気があ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 第1話

新番20作品目。麻雀麻雀!!  麻雀はゲームなら何となく、でしかできないんで、これまでの麻雀アニメはさくっとスルーしてきました。でも今回は+美少女となっているんで、「美少女ならなんでもいいのかよ!」というノリで、暫く見ていくことにしました。節操がないわけではないと思っているのは自分だけ。  今回みたいに、なんとなく「…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more