テーマ:たまゆら

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第2話

祝☆写真部♪  楓ちゃん、一大決心で決めた写真部。堂郷先生のおかげで無事設立となり、新任教師である下上山先生@西村ちなみさん♪ が、顧問をつとめてくれる事となりました。  この下上山先生。新任ということもありとてもお若く、ドジっ子でした(^^)  こまちちゃんが見つけてくれた雑誌。先生はそこに写っていた楓ちゃんを撮っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第1話

また一歩前へ。  徐々に始まっている夏アニメ。今期まずはこれがある意味創造通りの出来栄えで安心のクオリティでした。サトジュンにまたぐっと、何度もやられそうです。  物語は楓ちゃんが竹原に帰ってきて1年が経ち、1年を振り返るところから。帰ってきて直後のところは、かおちゃん目線だったのが良かったなぁ。  今期はどうやら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~hitotose~ 第5.5話

動き出した、止まっていた時間。  二期も楽しみなたまゆら。BD最終巻に収録されるTV未放送分が、AT-Xで先行放送されたため見てみました。もうだいぶ昔に思えるようで、そんなことはなくて(^_^;) 懐かしさと新しさが感じられる作品です。  お話は花火大会。  楓ちゃんが子供の頃、今回と同じように楽しみにしていた花火の日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~hitotose~ 最終話

いよいよ私たち展。  みんなで作る展覧会。ももねこ様から始まり、大盛況でした。  女子高校生4人が、自分たちが素敵だと思うことを、みんなに見てもらいたいというところから始めた展覧会。もしそのようなイベントが近くであるなら是非に行きたいって思います。そこには彼女たちの夢でもあるかもしれないし、「今」がたくさんあるかも。心の底か…
トラックバック:18
コメント:2

続きを読むread more

たまゆら~hitotose~ 第11話

みんなでつくる「私たち展」の、前に(^^)麻音ちゃんの大舞台!!  みんなで、自分たちの作ったものを見てもらう私たち展。その場所も日取りも決まったある日、麻音ちゃんは朗読劇をしたいということをみんなに打ち明けました。でもそれより前に、ちょっとリハーサルを兼ねて、実家である大崎下島で、旅館を利用してやろう、ってことに。するとあれ…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~hitotose~ 第10話

かおるちゃんの見つけた夢。  かおたんのお話。阿澄さんの演じられているキャラの中で、自分が見た中だとかおるちゃんというキャラが本当にナチュラルで、良い意味で普通なキャラなのが、とても新鮮で、おとなしいところがまた大好きです。とても可愛いしね(^^)  かおるちゃんは自分だけが、夢を見つけられていないのでは、と、少しお悩み…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~hitotose~ 第9話

ももねこ様のご苦労と、志麻子の恋、その後。  今回も二本立て。1本目はももねこ様の一日が、ももねこ様視点で描かれていました。まさかまさかのももねこ様回(*^_^*)  彼、はw 結構楓ちゃんたちのはなしを聞いていて(耳に入ってくるだけかもだけど)、悪口、ってほどじゃないけど、自分のことを言われてるととても気にしてて、言葉はも…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~hitotose~ 第8話

欲張りなこと。  楓ちゃんが憧れてる写真家の志保美りほさん。  仕方ないのだけれど、志保美さん@葉月さんの出番が多くなればなるほどに、ARIAが思い出されてきて、また見たいな、って思う気持ちが強くなります。全部購入していて良かったな、って思った次第ですw 作品自体が良かったのもあるし、やはり葉月さんの声に癒されていたんだ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~hitotose~ 第7話

想いはきっと届くから。  たけはら憧憬の路。「しょうけいのみち」ってどういう漢字だろ、ってぐぐってみたら、たくさんの方が既に聖地巡礼されているんだなぁ、ってこともわかりました(^_^) あれだけ細かく描かれていると、行ってみたいって気持ちは他作品より強くなるのはわかるなぁ。是非行ってみたい。「たけはら憧憬の路」はちょうど先月末…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~hitotose~ 第6話

今回は二本立て。麻音ちゃん♪  一つ目は麻音ちゃん口笛と出会う、なお話。彼女がまだ幼稚園児だった頃、初めて口笛を吹いたあの日。その場にはまだ名前も知らない同士ではあったけれど、楓ちゃんも、のりえちゃんもかおるちゃんもいました。  麻音ちゃんはとっても恥ずかしがり屋。楓ちゃんとの場面で気づいたら顔が全部隠れてたってところ、多少…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~hitotose~ 第5話

徒歩3時間・・・  1話で登場されたちひろちゃんが、5話にて再登場。歓喜!w OVAのときは「ん!」と思えるキャラはいなかったのだけれど、TVシリーズになって初回でちひろちゃんの可愛さに負けていた次第です。  楓ちゃんを訪ねて、ちひろちゃんが夏休みを利用して竹原へ遊びに来てくれた。相変わらずの感動屋さんで泣き虫さんなのと…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~hitotose~ 第4話

麻音ちゃん、ご実家に帰るなお話。  今回は麻音ちゃん@ぎぶりん♪ 彼女の実家である大崎下島。もちろん行ったことないけど(^_^;) とても細かく描かれていて、しっかりロケしてきたんだろうなあ、って、誰が見ても感じる描き方だったと思いました。  麻音ちゃんのお家は旅館。夏休みを利用してその旅館をお手伝いするのが、毎年のこと…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~hitotose~ 第3話

笑顔のために。 旅行とかに行った時、結構昔は料理を毎回写真に撮っていたんだけれど、実際のところ、あとで見返した所で、って思うことが多くてw 難しいんだよね、食べ物も。。最近はやめてしまったなぁ けど食べた後の写真を撮ったことはないなw 今度やってみよw おいしいランチの後、今回は見知らぬ小学生、こまちちゃんが…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~hitotose~ 第2話

みんなで友情を深め合うってことでお泊り会!  2話目も1話目と変わらず、ゆったりのんびりのスピードが和みます。ぽってこと、楓ちゃんは結構テンパリ気味になることが多くて、わたわたする場面を少なくはないんだけれど、そんな場面もやっぱりのんびりほんわかしているもんだからw ずーっと同じテンションというか目線、気持ちで見ることができま…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~hitotose~ 第1話

秋新番組7つ目。待望のTVシリーズなのでっ!!  OVAを(AT-Xでだけれど)を見てから、これならTVシリーズになってくれても楽しめるなぁ。というか絶対なるんだろうなぁ、と、思ってた作品。晴れて今期より開始となりました。  1話目となる今回は、時間軸としては繋がってて、OVA版より少し昔のお話。まだ楓ちゃんたちが竹原に来る…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら 第4話「それはあの日のこと、なので」

写真に込められている心。  とてもとても楽しく見ていたたまゆらも今回でおしまい。最後もまた、心温まる、愛情溢れるお話に仕上がっていて、ほんわかな気分になれました(^_^)  香ちゃんの描いた絵の場所を探したい。楓ちゃんは兼ねてからその想いがあり、今回、さよみさんの秘境探検ツアーに同行・・・、連行・・・ されたことでw…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら 第3話「みんなで歩けばハッピー、なので」

繋がり広がる想い出。  今回初登場となったのはかおるちゃんのお姉さん、さよみお姉ちゃん!@大原さん! サトジュン作品にはもう欠かせない声優さんのお一人(^_^)  そのお姉ちゃんが、楓ちゃんが大事にしているお父さんとの想い出の写真の場所に心当たり?があるってことで、みんな一緒にそこへ趣くこととなりました。  気軽に電車…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら 第2話「水色の小さな切符、なので」

ふわふわな時間。  2話目は楓ちゃんがみんなと仲良くなって、喫茶店をやっているお家へご招待するお話から。  彼女のお母さん役が緒方さんで、これがまたキャラに大変馴染んでおり、非常に良かったです。あ、家に入った途端、香君に萌えまくっていたのりえちゃんはのりえちゃんで可愛かったw  あと忘れてはいけない儀武さん。これまでに…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら 第1話 「大好きがいっぱいの町、なので」

ARIAのスタッフで送るサトジュン最新作。 1話だけでしたが、先行放送されました。  「うみものがたり」以来のサトジュン監督作品。うみものがたりは終わってみれば儀武さんのイメージですべて包まれた作品になってしまいましたw  こちらの作品にも儀武さんは大変アグレッシヴで、きちんとご出演も決めるという、何ともいつもながら尊敬で…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more