テーマ:機動戦士ガンダム00

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

変革から統一。そして新たな道に導かれし人類は旅立ちました。  最終話から1年半。物語の中でも2年の時が過ぎていました。  TVシリーズを見ていたとき、やはり"ガンダム"は扱いにくいものになってしまったのだな、と、思っていました。たった一つ、この作品は「ガ…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 最終話

望むべく未来を、彼等はガンダムを持って、勝ち得ました。  戦闘はラストであるがゆえ、最大でした。ここにきてあるべき戦闘というか、2期に入ってからの戦闘シーンはどれも結構良い方だったと思います。それでも今回のが一番かっこよく演出されていました。二人が加勢にきてくれたところとか燃えるなあ。  刹那君は純粋種の力を遺憾…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第24話

未来を創るために、人は、変わる。  戦局は刻一刻とソレスタルビーイングに不利な状況へとなっていきました。唯一救い出せたと思ったルイスという光ですら、与えてくれないのか。次々と消えゆく命をただ見ているしかないのか。知ることしかできないままなのか。  そのとき、刹那君は彼らの声を聞き、覚醒への扉を開きました。  彼こそが人…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第23話

最終決戦。いくつもの光が散りゆく戦場で、導き出せる未来は今まさに、選択の時を迎えようとしていました。  全貌を明らかにしたコロニー型外宇宙航行母艦 ソレスタルビーイング。刹那君たちがこれまで自分たちの総称、組織名称として用いていた名と同じ名を持つ要塞は、もちろんこれまでで最大の驚異となっていました。何せよ核となるのはあのヴ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第22話

戦う目的。  ここまで、ここまで引っ張ってきたからにはさぞや壮絶な戦いが見られるのかと思いきや、今回、始まって僅か数分で決着。勝利勝利と叫ぶグラハムさん。勝利のために戦っているわけではない刹那君。もう二人のフィールドはとっくに離れ、分かれていました。 「俺は、生きる。生きて明日を掴む。それが、俺の戦いだ。」  さす…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第21話

分かり合う気持ち。  てっきり消失していたと思っていた兄妹さんがいらっしゃったり、人類初のイノベイターは彼女ではなく、刹那君になろうとしていた事実があったりと、今回も凝縮されていました。もう残り時間はあと僅か。  イノベイターの位置づけが、ニュータイプのそれと同意なのだとすると、やはりそれは進化、革新、と呼ばれるのは…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第20話

心の底から、二人は分かり合えた。  無事ガンダム奪還は阻止することができたものの、オーライザーはちょっと壊されてしまいました。  アニューと対峙したソーマさん刹那君、そしてロックオン兄さん。刹那君はすかさずロックオンの行動を読み取り、ロックオン兄さんをロックオンしすぐさま発射。見事的中♪ さすが刹那君。敵味方共に裏を…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第19話

ダブルオーの光。刹那の声。  マリーさんはただ大佐の仇が討ちたかったから、ソレスタルビーイングに居残っていたんだ。ソレスタルビーイングも人員不足だから形振りは構っていない。つまりはただの戦争屋。いいのか、それで。  沙慈君はルイスに会うと決めて出撃を果たしました。そしてダブルオーの力を借りて彼女と会話するまでに至った…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第18話

想いは、どこまで届き叶うのか。  前回から四ヶ月が経過し、アフリカタワーはなんか復活していました。倒れてはいなかったから直せたっぽい。で、代わりにメメントモリはダブルオーの巨大ビームサーベルによって今度はちゃんと破壊できました。  どのようにして連合は先の戦いを正当化し、民衆から指示を得たままだったのか。さっぱり浮かばないの…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第17話

一時でも、多くの人々の意思が一つにまとまったとき、 人は本当の強さを感じ、得ることができる。  どんな理由があったとしても、戦いは戦い。戦争は戦争でしかない。そこで失われる命があって、その命を嘆き哀しむ人が続いていく。でももし、救えることができるとしたら。  軌道エレベーターをメメントモリから守るため、刹那君は…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第16話

再来。  クーデターは本当に小さな波紋に過ぎず、そのまま波となることはないほど、極小の勢力に制限されてしまいました。  ハーキュリーさんの掲げた革命は、世論の決起。けれど真実を世界に伝えることが、どれほど困難であるかを思い知らされてしまった。所詮映像情報だけではあったけれど、世論を動かすには充分でした。真実はねじ曲げられ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第15話

過去は変えられない。変えられるのは今と、未来でしかない。  ダブルオーを持って、刹那君はマリナさんのところへ転がり込みました。辛いときは助けを求めていいよね。トランザムがあったからといっても、よくあの体でサーシェスさんと戦えたもんだ。  「ロシアの荒熊」こと、セルゲイさんはやはりクーデターに荷担しそうでしたが、彼の信…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第14話

動き出した連邦。集まりつつある勢力は徐々にその形を見せ始めてきそうです。  年明け初のガンダム00。OPも最終のものへと変わりました。いよいよ正念場の4クール目。ここですべてが決まります。その始まりとしてはかなり良いものだったんじゃないかな。  メメントモリ破壊後、トレミーは奇襲に遭い地球へ降下。その事実をネーナちゃ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第13話

ソレスタルビーイング全戦力を持って臨む、メメントモリ攻略戦遂行。  カタロンからの情報、そしてネーナからの情報を元に、戦術予報士はメメントモリ破壊ミッションを作り上げ、速やかに作戦遂行へと移りました。  彼らが現時点で持っていた出せるだけの全力が本作戦では注ぎ込まれ、見事その目的を達することができた。やはりもうスメラギさ…
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第12話

何をすれば、自分の道が自分で決められて、歩めるのか。  ダブルオーライザーを装備したダブルポーガンダム。新たな性能として機体量子化という、特殊能力が備わりました。それはまたしても戦争バランスを覆すほどのものであり、MS一機でさえも、戦争という大局は変えられるもの、という図式が再び裏付けられた結果にも思います。そんなのは戦争、戦…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第11話

出会ってしまったその戦場で。  保留とされていたティエリア君が抱えていた秘密。彼は意を決してみんなにそれを伝えました。自分が聞いたことすべてを、そのままに。すると彼らはほぼ迷いなく、敵はイノベイターであると判断し、戦うことを決めてくれました。ティエリア君自身もまた、イノベイターであるという事実を知った上で。  けれどその…
トラックバック:6
コメント:6

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第10話

宇宙からの光  宇宙と上がったスメラギさん率いるソレスタルビーイング。それを追随するマネキンさん率いるアロウズ。二人の戦術予報士による戦いは、その過去を少しずつ明かされつつ、尚も続いています。  14年前のスメラギさん。そのTシャツのセンスは触れない。触れないけどかわいかった(^.^) 何かとこのお話にはカタギリさんが出…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第9話

舞台は宇宙へ。  一人新たな真実を知ってしまったティエリア君。突如目の前に現れたサーシェスに対しての、ロックオンへの思いも重なって、苦悩は続いていました。  今回は小規模な艦隊戦と、キーキャラたちのお話がわずかに進んだに過ぎず、少し休息な印象。舞台を移したかったのが大きいのかな。  二期に入ってから戦術予報士は…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第8話

イオリア計画  イノベイターであるティエリア君を主軸に、今後の方向性を決めるかなり重要なお話になっていました。その構成も無理なく、わかりやすく描かれていたと思います。もちろんわからないところも残しながら。  突如ティエリア君の前に姿を現したリジェネ・レジェッタさん。彼から伝えられた事は、リボンズさんも否定はしていない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第7話

長き冷たい過去の雨は流れ去り、新たな陽の光が二人を照らす。  マリー・パーファシー。彼女の再始動にほぼ1話使ってくれたこの構成はかなり嬉しいものがありました。  戦闘・戦争がガンダムのMastでありつつ、でも本当に描かれなくてはいけないことは、その渦の中で奇跡とも呼べる人と人とのドラマでなければならない。本作は立ち戻ってくれ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第6話

無自覚な悪意  戦争が変えるもの。沙慈君のお話がいよいよ前面へと出てきました。サイドとしてはできればいきなり敵でも良かったけれど、こっちでもいいです。  彼の生き様。それを成長と呼べる物語になるのか否か。今後最も楽しみな点です。  自分がしてしまったことの重大さを、ティエリア君に突きつけられ、改めて認識していた沙慈…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第5話

招き入れた惨劇。 たとえきっかけは小さいとしても、 引き起こした現実はあまりに無惨なものでした。  アバンとラストで例の傭兵さんがご登場。あっち側にいることがわかりました。おおよそのキャラがこれでおしまいだろうな。コーラサワーさんがまだなだけで(^_^;) 早くあの傭兵さんが出てくれること楽しみです。彼が唯一のライバルキャ…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第4話

未来のために世界の歪みをガンダムで断ち切ること。 それが、戦う理由。  僅かまだ4話目ながらにして、構成が安定してきていました。つまりは、主人公はやはり主人公なのだから、もっと会話できないとね、と行き着くw それでも良くなるんならいいです。  スメラギさんはやはり押し出される格好で、艦長、制服に袖を通すこととなりま…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第3話

「貴方が、泣かないからよ・・・」  悩む時間など、戦場ではほぼないに等しい。  スメラギさんは場に流される形、アレルヤの生存が確認された、というニュースに押し流されて、ソレスタルビーイングでの戦術予報士に戻ることとなりました。  彼女ができなかったことは過去多々あった。それを再び繰り返してしまう可能性があるという、恐怖…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第2話

二つの命を持つガンダム。  起動を果たした00ガンダム。最終的には気合いでの起動(^_^;) 主人公機らしい、説明不要の初陣となりました。  各キャラは個々に自由に行動しつつ、ソレスタルビーイングは元のメンバーを集め始め、彼らの敵だったメンバーも連邦へと徐々に集結しつつありました。  自分はとても最初からw あ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第1話

望む変革を夢見て、彼らは再び動き出しました。 武力を持って成し得る、勝ち取れる未来。 そして再生。  何がやりたくてセカンドシーズンへと移ったのか。自分として、最大の焦点はそこでした。ただ「Z」がやりたいだけだったらかなり引いてみようと思っているのだけれど、特にセカンド、とは意識はさせずに、劇中の時間を進めるための、様々な…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第25話

「オレたちが、ガンダムだ!」  思っていた以上にいろいろケリをつけて、終わっていきました。この引き際、幕引き、潔さが込められていたと思います。  アレハンドロさんは無事、最後の仕事を終えられて逝きました。あまりに突発的なMAでの出陣だっただけに、ここでの敗戦は明白。未熟なパイロットでここまでやれるのか、は貴方に返した…
トラックバック:10
コメント:1

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第24話

 収束していく光の如く、命は輝きを放っていき、そして散る。  さらに攻撃の手を緩めない国連軍。その背景には、あり得ないサイズのMAが増援されていたからでした。疑似太陽炉何個付いているのか・・・。  戦いはそのMA主体となってしまい、ガンダムチーム、及びプトレマイオスは悉くやられていってしまう。そしてまた、尊い命が失わ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第23話

 彼が成し得たこと。彼が与えてくれたこと。  勢いを増す連合軍は、宇宙にいるプトレマイオスへ進軍。対してソレスタルビーイングはヴァーチェとキュリオスで応戦。が、やはり同レベルの機体性能での戦いになってしまっている以上、数には勝てず、圧倒されていきました。  苦肉のトランザムも諸刃であるが故に、緊急回避くらいにしか用途がなさそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 第22話

 解放されし新たな力。  ルイスちゃんに続いてロックオン兄さんも負傷。スナイパーにとって命よりも大切と思われる効き目の損傷でした。あの世界に義眼の技術力がどれほどあるか。或いはハロとのリンクで充分補えるものなのか。デュナメスが換装後、その事実は明らかになりそうでした。でも眼帯姿めちゃくちゃ良かった(^_^)  彼は自…
トラックバック:31
コメント:0

続きを読むread more