テーマ:灰と幻想のグリムガル

灰と幻想のグリムガル #10

仲間とチーム  ランタの立ち居振る舞いに、どうしてもリーダーという立場上黙ってられないでいるハルヒロ。かといって具体的にどうしてほしいということも言えずにいました。それは彼がデタラメにむちゃくちゃやっているわけではなく、むしろ考えての、彼の立場での、行動だとわかっていたから。  口は悪いし、間も良い時は少ない。協調性とい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

灰と幻想のグリムガル #5

弱さも、強さも。  マナトが死んでしまい、パーティーが分解しかけて、どうにもなる気がしない中、さらに新しく神官がパーティーに加わり、何一つうまくいきませんでした。誰が何を考え、思い、悩み、苦しんでいるのか、何一つわからなくなってしまった。  そう簡単には、人ひとりの死を受け入れることはできない。ましてや忘れることなん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more