創聖のアクエリオン 第13話

一万年と二千年前の過去。

もともとここらへんを漂っていた作品だったと思うんで、元に戻りつつあるようです。
度重ねて刷り込んでくる反復練習がじわじわ効いてきた。

堕天翅トーマ様本気だったんかなぁ
バロンさんはここで亡きものになられた。一瞬助かったの?と思いきや、
その姿影も形もありませんでした(>_<)

「友を想わぬものはディーバにはいらん!即刻立ち去れ!!」

司令、あなたの言葉訳さないとわからないことが多かったけど、
この言葉はストレートにきました。惚れそうです。

強引に光の矢が刺さったまま両腕を引きちぎり、
そしてルナの両腕が強引に出てきた。魅力的な合体の形。

トーマ様、途中でオトハさんを残して琥珀に入っていた羽の下へ。
追いかけるアポロ、シルヴィア。入れ替わる麗花とつぐみ。

麗花姉さんの力はもう本物となっていました。もう合体成功率なんてなんのその。
頼れます。パイロットが複数いるという形態が初めて活きた気がするw

トーマのところにはシリウスも駆けつけてはいたけど、トーマ様の力は絶大。
トーマ様の悪魔の誘惑にもアポロは屈しなかった。
しかしトーマ様がシリウスとシルヴィアを軽く指差した瞬間、
彼らのブレスレッドから、たくさんの羽が次から次へと舞い落ちた。

彼らは羽を受け継ぎしもの。

それでもアポロは二人を仲間だと 「こいつらは俺の仲間だ」と。
アポロ君、主人公らしくなってきました。嬉しい、なんかとても嬉しい(^.^)

外では麗花姉さんが活躍中。またしても強引な盛り上がりですw 歌がいいよね、、
アクエリオン・ソルナ?とか叫んでたのかな。

外での戦いが及んで、羽はなくなり、トーマ様は引き上げました。

最後にアポロ君、シルヴィアにあの置物を。
優しい笑顔でした。穏やかで。でも次の瞬間、バロンさんのことが頭をよぎり泣きながら猛ダッシュ。
アポロ君、もう感情がごちゃごちゃになってそう。
でもこれでアポロ君目的がひとつなくなった。果たしてこれらからは・・・。

予告がまるで使い物にならなくなってますw
副指令・ジェロームさん、ほんとあれだけだったらかなりおもしろい(笑)
そういう意味で期待です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック