フルメタル・パニック!The Second Raid 第9話

かなめちゃんはいつも非常に強くて、か細く弱い。
宗介と出会ってから彼女が覚えた術は、もちろん彼が彼女を救ったともいえます。

身の危険を直接感じるようになってしまったかなめちゃん。
今までは見えない壁がいついかなるときでも彼女を守ってきてくれていたけど、
その壁はもういない。
確実に彼女の視界、周りの空気から消えていました。

そうなったとき、彼女は守られる立場から、自ら守る立場へと変換しました。
己を己で守るというシンプルな変換。かなめちゃんだからできた行動でした。

自分の今の環境から自分を隔離し、
そして自分の周りで今何が起きているのかを把握し、
敵が何かを見定め、そして自分の危険を察知し守り、そして戦う。
すべてがきちんとしたプロセスに基づいた行動であり、考え方でした。
それを実践できるのが彼女の強さ。


いざ本当に彼女の思っていた通り、見張られた人を見つけ、
さらに敵が現れ、襲われ、倒され、そして口唇を奪われた。

確かに飛び込んだのは彼女かもしれないけど、
それは時間の問題だけでいつかくる確実な未来には変わりありませんでした。

頭の中で予想していたとはいえ、その現実には激しく恐怖と、悔しさが襲ってきたことだろう。
今まさに自分はひとりであるということを実感したかなめちゃんは、
雨の中うずくまり、どこにもぶつけられないごちゃごちゃな気持ちを振り切る事はなく、
「今ここにいること」がベストではない、という認識ひとつで、最後立ち上がりました。

「もう少し悪あがきしたらどう?、あたしはするわよ、これからも、ずっと」


早く、一刻も早くかなめちゃんを助けてほしいです。
このままではきっと自滅する可能性もなきにしもです・・。

宗介、宗介がきてくれないとかなめちゃんが。。
次回はきてくれるのだろうか・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック