甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第28話

ソーマ君覚醒。彼の恨みの力は相当なもので、
それはポポに対するものであり、自分に対するものでもありました。


ポポ自身の力はぜんぜんなのに、彼は選ばれし者で、
ムシキングと共にいることで強いように見えるかもしれないけど、
実際にはブーメラン弱いし、戦闘ではムシキング、サーカス団が戦っているだけで、
彼は応援一辺倒。

それなのに選ばれし者と呼ばれるんだから納得がいかないソーマの気持ちは
ある意味、こちらが正常、なのかもしれない。彼はあまりに弱すぎる。

それでも彼は森の守護者の証を受け継ぐ、
選ばれし者であるという事実は揺らぐ事のない事実。何があってもそれは絶対。


今回もそれは運命といわんばかりに変わることはなく、でもムシキングは岩に挟まったまま・・。
御労しい姿です。。小さくなればいいんじゃ・・。

ポポはソーマに詰め寄られ、崖から濁流に飲まれるのかと思った瞬間、
パサーがきてくれた。何の脈絡なく来たので普通にびっくり。
やはり敵が仲間になるほうが燃えます。
パサーにそのスタイルにあまり変わるはなかったけど、

滅び行くこの世界をポポなら変えられるかもしれない。

パサーはポポに運命を託していました。それは"この星の意思"でもあると。


ソーマ君のがんばりはなかなか見ている方が辛くなるほどで、
奇しくもここでポポのほうが・・、って思ってしまうほど(^.^)
すっかりチョークはママだし、デュークもパパに見えてきたよ。

ソーマとパムがユニゾンしているシーンはすごいよかったです。
予想以上に長台詞。相変らずパムがまだ変わったようで変わらないんだよなぁ


次回、グルム再登場、、だけどアクティオンが・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック