シュガシュガルーン 第43話

少ーしずつ解けてきました。
デューク、「ケロ」という前に声でわかったね。

ヴァルプルギスの夜に招待されたショコラ。
あーいう発想はいつもながら独特です。
桜の木が飛んできて、飛んで帰ったよ。。


そのパーティーでは、人間界に来ている魔女が一同に返していました。
ココちゃんもいた!!ってか覚えてない!!(読み返してみる・・・)
16話以来かも。。これは覚えていなくても責められることはないはずw

あとのキャラはどれももう二度と出てこなさそうな方ばかり。
唯一、赤い髪の方がささっと出てきていたのは映えていました。
明らかにデザインが、他の方と違っていた。
彼はまさかのデューク。アイテムのことや、「ケロ」よりもまず声でわかるね。
ロビン先生が敬語ってことはかなりの方なのか。。
今までのデュークの行動から絶対そんなことはない、って思うけどw
正体が明らかになるのが楽しみです。

で、まだいたワッフルちゃん。
彼女のおかげもあって、パーティーはオグルに占拠されました。
クイーンはちゃんとバニラも招待していたことが、
彼女なりのケジメだったんだろう。シュバリエはもちろんピエール様。

彼が正体を晒し,ロワイヨームを倒すと宣言したピエール様、
けれどそこへさらに突如見知らぬ魔女が現れました。
みんなが言うのはかなりの魔法を使える方みたい。
ショコラちゃんが懐かしい、と感じるということは・・・。

少し気になる終わり方だったな。
なにげにまたばあやが変身してパーティーにいたのがおもしろかったです。
確かもう一人、テニスやってる魔女いたよなぁ。


次回「ママからのメッセージ」
ん、あの最後に登場した魔女さんの正体は明かされないのかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック