シュガシュガルーン 第40話

争うことは避けられるようではなく、
バニラちゃんの目がどんどん冷たくなっていく。。


4クール目にしてようやく気づけた(妄想めいているが)こと。

・ショコラのおだんごはやはり好きにはなれないけれど、
 時々おだんごじゃなくなるときがまま、ある。
 きっとそこを喜べってこと。
・バニラがいなくなってしまったけれど、
 ここから本番ってこと。

あれ?、もっとあると思って書き始めたがなかった(汗)


バニラがいなくなってしまって、
ショコラちゃんはやっぱり落ち込んでます。
ナイトなウーとソールがいつも側にいてくれます。
でもたまには離れたくなる、ってショコラちゃん、二人から離脱ダッシュw
ショコラちゃんのその自由さが、魔界では魅力なのでしょう。
ぶっちゃけ普通にひどい娘ですw

よく聞いたら魔法詠唱のシーンでのバニラちゃん、
前よりちょっとよくなっているような。
ノワールのハートを盗られた人ってやっぱ普通のと一緒で、
この場合"嫉妬の気持ち"がなくなるってことだよね。


高村君という他校の生徒とお友達になったショコラちゃん。
春は別れと出会いの季節。
彼を利用してハートをゲットするはずが、
ピエールたちに見つかり、逆に彼のハートをノワールに染められてしまった。
操られている高村君、痛々しい物があります。

「高村、愛じゃないよそれは。
 あんたが勝手に思いこんでるだけでしょう!!」

あぁ、思いこみはよくないよね、思いこみはそのうち妄想になって、
さらにその先にはそとーきんぐに繋がる。。
困ったショコラちゃんは彼にこれでもかと、
彼が好きではないと言うことを、はっきりと告げた。
そしてノワールハートが最大になったところで魔法発動。

ノワールのハートを普通の魔女が盗ってしまったら、ショコラちゃんの命が、、
でもノワールはホルダーには収まることはなく、
弾かれてどっか飛んでいってしまいました。
それがショコラちゃんの作戦でした。
大きなハートは盗れないんだね φ(..)メモメモ

「二人はわたしの最高のシュバリエだよ」

おぉ、ごく最近どっかで聞きました。騎士、シュバリエ。
ショコラちゃんはやっぱ心の底からいい娘です。


あれで対応策決定かな。
できてしまえば、案外簡単にいくもんだ。
またさらにピエール様たちも考えてくることでしょう。


次回は太らないスパイスで、もはや直接対決。
クイーンとかどう思っているか聞きたいよ、娘さんのこと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック