プリンセス・プリンセス 第3話

姫たちの応援。それは応援という名の奉仕。
あれで本当に嬉しいのか未だに疑問です。
みんなめっちゃくちゃ喜んで、しかも勝ってるけど(^.^)


姫様たちの応援は、ただ笑顔振りまくだけで終わることはなく、
要所要所にスキンシップ的な+αがありました。
間違いなくあの会長が伝統を受け継いでいる。。

決勝に勝ち進めば試合中に姫たちの応援が受けられる。
その特典を目の前に見せられて、
その他大勢の男子たちは部活をがんばりまくって、
見事弱小と呼ばれていた野球部が決勝へ。。


実琴君、さすがに学園外で姫を演じるには猛反対。
でも会長という過去実績もあることから、亨君たちは受け入れました。
実琴君は四方谷君にかなり何度も
「子供」呼ばわりされて、男らしくもない、って。。
どこか一つ、掛け違えている気がしなくもないですが、
一度決めたこと、やるといったことはやり遂げないと、ということか。。

逆に亨君は柔軟過ぎにも見えます。いくらなんでもそんなすんなりは・・・。
長いものには巻かれろ、の方が合ってる気がしなくもないw

実琴君はかなりピュアだから、四方谷君の言葉を受けてすぐ反省。やはり子供。
最後は結局強引だったもののw 無事三人揃ってナース服で応援となりました。


あー、やっぱまず声だ声w
最初からわかっていたことで、何度も何度も気づかないようにしてきたけれど、
あの容姿で女の子の話し方をされたら、そりゃどうしたって・・・。
朴さんしか受け入れられない。脳内で違う人の声を当ててみるか??(笑)

三人の姫が応援に来てからは、野球部は尋常ではない強さを発揮。
ありゃ応援のレベル超えてるよ、単にやる気ないだけんじゃねえか?w
9-22で見事勝利となりました。他にも続々と決勝進出の部が(^.^)


なんだかんだでまだ見ている自分が、
さらに楽しんでみている自分がいましたw
そう、四方谷君、
いやいや、四方谷さんだけ見ていけばいいんだ。そうしよう。。


次回はその四方谷さんの過去話。
きっといつもより楽しめる気がする(^_^;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プリンセス・プリンセス#03「初仕事、姫様応援団」

    Excerpt: ついに屋外でまで「仕事」をする可能性が出てきた姫様's。 さすがの裕史郎も固まり気味ですw はたからみたら普通に可愛い女の子で通用すると思うので、さして支障はない気もしますが。 やはりあの姿.. Weblog: 今日もお部屋で☆アニメ中心生活 racked: 2006-04-21 01:45