スクールランブル 二学期 第13話

おいでよ!留年先生ーー!


恐ろしい伝説です。
あの留年先生に出会ってしまったが最期、
結果がわかる前に留年がわかってしまうのです。
そりゃ誰だって足掻きますw

出席さえしていれば留年が免れると誤解していた播磨君。
留年先生を電柱の影から見てしまったのを皮切りに、
会う人会う人すべての顔が留年先生のハメコミに(笑)
声は一緒なのに恐ろしい事態です。ノイローゼになります。

あまりの恐怖のため絃子先生に縋り、なんとか留年は免れました。
何度か撃たれていましたが致し方なしです。背に腹は代えられない。

それよりもうちょっと怖かったのは百物語。
だいぶ時間を余しての特別なED後、
ちらっと映った絵が、なんともスクランっぽくなく怖かったw

そもそもプールに巨大生物がいるっていうのは、
怖いといえば怖いが、単に見てみたいと思う気持ちの方が強い。
驚いてた皆さんの方が百倍怖い仕様でした。

さらにもうちょっと怖かったのは天満ちゃんの勉強レベル。
年号はまだしも(いや、1129はないか・・・)
「支店、本店、営業所」にはネタ知ってんのに笑ってしまったw
なぜここまでちゃんと学生生活を送れていたのか疑問です。

必死でみんなで天満ちゃんの頭に詰めに詰め込んで
みこちゃんの恥ずかしい暗記方法でw なんとかテスト乗り切った。
テストのときにさえ覚えれば乗り切れるんだから
それはそれで楽なんだよなぁ。その日はそりゃ地獄だけどw


テストが終わってみんなでパジャマパーティー。
ネタにされたのはみこちゃん、麻生君のデート話。
麻生君ってあんなにみこちゃんに気があったんだっけな?

テスト勉強とは打ってかわって
天満ちゃんが活き活きしてたのが楽しそうでした。
ゲームだろうと手加減なしなみこちゃんが最強に素敵。


なんだか夏を意識してくれて、ちょっとだけ涼しくなることできました。
八雲の出番があってないようなものでしたが(>_<)

次回はきたっ、天満ちゃんお誕生日会!
八雲助手の出番はあるかなー その次かなー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック