ああっ女神さまっ それぞれの翼 第16話

力の暴走、自己崩壊が迫っていた魔のウルド。
特記事項が禁則事項です。


神と魔に見事に分離したウルド。
でも魔力のリミッターがはずれている今、
このまま力を使い続けると確実に暴走し自己崩壊に繋がってしまう。

なんとかこのことを姉に伝えたいベルダンディーでしたが、
それは特記事項なため、直接言葉では発することが出来なかった。

しかし膨大な力の前に、クローンである魔のウルドの体が先に悲鳴を上げた。
どちらにしても問題は崩壊に繋がることで、
力の解放の前に行う彼女の目的は、
神のウルドである本物の体を奪うことだった。


いつもマーラーはどうしようもなくなったら女神たちにお願いにきます。
そこがいやらしくもかわいい(^.^)
単純に「仕事だから」争っているだけで、本当は親友。
失うわけにはいかないと、ベルダンディーたちに救出をお願いしにきました。
特記事項を知り、加えてマーラーの言葉から
「闇なしで存在できる光がない」という意味も知りました。

魔性と神性。常に二つが同居していたウルドは
奇跡的なバランスで保たれているんだと思う。
そこを強引に分けてしまったのだから、助かる道は再び一つになるしかない。
どちらかが滅ぼせば、どちらも本物なのだから、滅ぼした側も滅んでしまう。


今回スクルドが誰よりもウルドを心配しているシーン
多かったのが印象的でした。ちょっと増えていたと思う。
いっつもケンカして、いっつも負けて、それでもまたケンカしちゃう。
でも好きか嫌いで見ると、スクルドはどちらの姉も同じくらい大好き。
二人とも掛け替えのない姉妹だということ、
今更誰に言われるまでもなく固い絆で結ばれているんだということが
今回強く表されていました。


ちょこっと名残はありましたがw
魔ウルド捕獲シーンはさすがにチェンジされていました。
あれけっこうグロくて好きだったんだけど(笑)
アイアインメイデンっぽい自販機で見事捕獲。
スクルドのリモコンなんか似たの見たことある、というか持ってる・・・w

こうしてウルドはちゃんと元に戻ってくれた。
スクルドの気持ちもちゃんと込められていたから成功したんだよね。
ん、あれ?、元に戻ってるようで戻ってなかった(^.^)
あれはあれでありな終わり方だな。ありがちです。


意外にオリジナルに組んできてくれていて嬉しく、今回もおもしろかったです。
飽きさせないようにがんばってるのかなー


次回はようやくヒルド降臨っ
子供姿もhpのキャラ紹介には用意されていたから
2話くらいはいてくれるかな。楽しみ。
キャストはゲームやったことないんだけどゲームと一緒かなー

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック