シムーン 最終話

皆、少女だった。

どんどん続く最終回。
こちらは見事なまでに完成されたエピローグでした。
みんなのその後はとても自然で、驚きなんかよりも
彼らの未来が繋がっていて嬉しかったです。

それぞれの未来は誰もが望んでいた未来となっていた。
やりたかったことが出来ていたんだろうな。

特に心に残ったのはまずはユンちゃん。
彼女こそのが永遠の少女ならぬ、永遠の美少女でした。
どんどん魅力的な女性に成長していくことでしょう。
選ばなかった罪を背負うことは並大抵のことではないだろうけれど
彼女はこれからも少女たちの気持ちを受け止めていくと決意していた。

あとはなんといってもフロエかな。
キャストさん、きっと大変だったんじゃないだろうか(^_^;)
敢えてフロエにラストを引っ張らさせたのも、印象強さを濃くさせました。


あとはもう、、追々捉えます(^_^;)
1度見ただけでは正直わからない。各々の解釈でもいい気もするし。
感想としてはただ幸せになれて、幸せな道を見つけられてよかった。
それに尽きます。

パラ様のらくがきも見事でしたし、
新天地へと旅だったはずの二人のラストダンス。
最終話に役をもらえていた理科さんと英梨さん。
すべてが感動しかありませんでした。


そして最後にリモネ。
リモネの髪がもし黒髪になっていたら
もれなくあいちゃん降臨でした(またw)
あの赤い真っ直ぐな瞳に鬼気とした強さと怖さがあったから。。

彼女が選んだのは未来ではなく、ドミヌーラただ一人。
永遠のパルである彼女との時間を彼女は選んでいました。
哀しみと重さを感じることはあっても、彼女は笑顔でいられる。
そのためにドミヌーラが必要不可欠だったんだけど。
もう少し先の未来は、そうはいっていられない状況になっているのかも。。
見たいようで見たくない、
彼女のお話だけは他の人とは違う印象を受けました。



2,3話前からアムリアとの再会は諦めていましたが
別役で英梨さんがいらっしゃっていてくれたことに感謝でした。
最後にまた同じ現場にいられるってのもきっと嬉しいだろうな。


百合とは明らかに違う流れとして見てきましたが、
最初の印象とは相当異なった展開がかなり楽しかった。
何より楽しいのはまだラジオもあるってこと(^_^;)
企画CDも楽しそうだなぁ。みんながOLになったらってw
これからもまだまだシムーンには楽しませてもらえそうで楽しみです。
そういえば若干ゲームも気になる。


どこで見極めるかいつも大変で、これからも大変で、
きっと見極めに失敗した作品も自分としてはたくさんあると思う。
そんな中、奇跡的にこの作品を見続けて来れて
そしてきちんと見終えることができてとてもよかったです。
エピローグをここまできちんとTVシリーズの中に収めてくれたのも
最近では珍しいんじゃないかな。
永遠の少女達に、心からありがとうと言いたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • シムーン最終話

    Excerpt: 最終回だというのに新キャラ(違う)出すぎ! キャラデザインのAS様、本当にお疲れ様でした。 Weblog: ライトニングソルジャー racked: 2006-09-27 02:18
  • シムーン 第26話 「彼女達の肖像」 (最終回)

    Excerpt: シムーン   評価:2.5   [戦争]   テレビ東京 : 月曜 25:30   テレビ愛知 : 金曜 26:28~   テレビ大阪 : 金曜 26:30~   AT-X : 木曜 10.. Weblog: アニメって本当に面白いですね。 racked: 2006-09-27 13:07
  • 彼女達の肖像

    Excerpt: 「みんなは、飛ぶの。 絶対なんてあり得ない空に飛ぶの。 不確かな希望に向かって、飛ぶの。」 Weblog: tune the rainbow racked: 2006-09-27 13:47
  • シムーン第26話「彼女達の肖像」

    Excerpt: 最終回。寂しい…。 本日一番笑ったとこ。 パラ様の息w 「えーやだぁー」 ロードレさりげなく嫌がってるしw しかも、どこをどうしたら頬にすりすりの流れになるんだあんたら。 カイムはパラ.. Weblog: 旅のお供に racked: 2006-09-27 15:49
  • シムーン 9月26日付 第26回「彼女達の肖像」

    Excerpt: シムーン 9月26日付 第26回「彼女達の肖像」ついにシムーンも最終回だ。幸いなことに狂気に満ちた行事週間は終焉しているのでゆっくりと見れた。流石はシムーンとしか言いようがないような気がするのは何故で.. Weblog: 第23軍日常報告 racked: 2006-09-27 18:24
  • シムーン 第26話(最終話)「彼女達の肖像」

    Excerpt: シムーン 第26話(最終話)「彼女達の肖像」いよいよ、最終回です。 Weblog: 恋華(れんか) racked: 2006-09-27 18:32
  • シムーン 第26話「彼女達の肖像」

    Excerpt:  シムーン simoun ■シムーン最終回です。大人になることを選択したシヴュラたちのその後が描かれていて大変興味深い最終回でした。 ■まずはパラ様。ものすごく女性らしくなってなにやら孤児.. Weblog: アニメのせまくてあさい森 racked: 2006-09-27 21:56
  • シムーン #26 最終話「彼女達の肖像」 少女だったといつの日か思うときが来るのさ

    Excerpt: ・当時は自分たちが何をしたいのかよく分かっていなかった。 ・今でもハッキリとは分からない。 こらこらw   で、 ・少女のままでいたいという夢を託したのではない。 ・今ここ.. Weblog: ■■テラニム日記2■■ racked: 2006-09-28 03:07
  • 遂に迎えたシムーン最終回

    Excerpt: 半年間見続けてきたシムーンも、いよいよ最終回である。前話で各人のドラマ自体はほぼ決着がついていたため、今話ではエピローグのような雰囲気の中で、それぞれのその後が語られている。 話自体は、成長した.. Weblog: 戯言人Blog racked: 2006-09-28 23:51
  • ?????26?????????

    Excerpt: ????????????????????????? AS???????????????? ???????????????????????? ??????????????????? ???????.. Weblog: ???????? racked: 2006-09-30 00:09
  • シムーン #26(最終回)「彼女達の肖像」

    Excerpt: なんとも言えない余韻が残るシムーンらしい最終回でした。 でもこの終わらせ方が生きるのはシムーンだからこそ。 生半可な作品でこれをやられると伏線投げっぱなしで説明不足に感じて印象悪いけど.. Weblog: アニよりすぐれた弟なぞ存在しねえ! racked: 2006-09-30 18:02
  • 『シムーン』第26話(最終回)

    Excerpt:  皆の願いを受けて飛び立つ“アーエル”“ネヴィリル”のシムーン。そして二人は「翠玉のリ・マージョン」を敢行する―― 数年後、それぞれに自身の生を送る元コール・テンペストの面々。自分たちは確かにここにい.. Weblog: 球根栽培法 racked: 2006-09-30 22:16
  • シムーン 最終話 『彼女達の肖像』

    Excerpt: 最終回3発目はシムーンです。 結論から言うと、極端に賛否両論に分かれそうな最終回でした。 物語的には前回で終わってると思ってた私はどちらかというと良の方ですね。 リモ.. Weblog: よせあつめ離島 racked: 2006-10-01 00:51
  • シムーン 第26話(終)

    Excerpt: サブタイトル「彼女達の肖像」   アーエルとネヴィリルが旅立ってから数年が経過した。   再び戦乱が起こりそうな不穏な世界で、かつての「少女」たちはそれぞれの人生を歩んでいた... Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ racked: 2006-10-01 14:51
  • 『SIMOUN(シムーン)』 ネヴィリル

    Excerpt: 『SIMOUN』のネヴィリルです。 背景は、戦闘母艦【アルクス・プリーマ】の窓から見下ろした景色という事にしといて下さい。 決してネヴィリルが、単体で空を飛んでいる訳ではありません( ̄∇ ̄;).. Weblog: ゆったりイラスト空間 racked: 2006-11-11 16:53