ときめきメモリアル OnlyLove 第1話

かわいい女の子が図書室で背伸びをしながら
ちょっと高いところにある本を取ろうとして、でも取れなくて、、
というシチュエーションにかつて一度も出会したことはない。。
というか出会したい。そんな第1話でした。

見流そうしたんだけどキャストさんに(だけw)
魅力を感じたためにちゃんと見ることにしました。

気になったのは生徒会がなぜ男子だけで構成されているのかということ。
ほとんどのメンバーが髪の毛ちょこっとだけアンテナのように立ってたこと。
やはり権力はいいね。たとえ学園内だけの力だとしても、
思うがままに学園を操る力をお持ちのようでした。
最後には追いかけられていたくらいなんで、
結構フレンドリーな会でもあるのかな。

繰り返し「自由」と連呼していたのは、先生たち含めて自由って意味でした。
先生たちはどんだけ入り込んでくるのか・・・。
なぜ先生たちだけちゃんと氏名を紹介していたのだろうw


主人公の青葉陸君が
舞台となるつむぎの高校に転校してきたところから
物語はわかりやすく始まり。
ユニークといえばユニークな歓迎イベントが流れつつ、
主要キャラをちょこっとずつご紹介、という
とにかくわかりやすさが大変よかったです。
結構陸君、運動神経良いのね(^_^;) あとヒヨコさんが強かったです。
ハードボイルドな空気があの鳥小屋を包んでいる。。


彼が最後にたどり着いていたあの場所が伝説の、ってやつかなぁ。
1話見る限り、ときメモというタイトルを使っている意味は皆無でした。


キャストさんで、というのはメイン3人さん以外の話でw
サブキャラの方にとても好きな方が多かったからでした。
特に驚きはやはり椎名さん。
一体何年ぶりだろうなぁ、アニメで声を聞くのは・・・。
デビューから存じ上げてはいましたが、
これといって追いかけてはいませんでしたので、
相当懐かしさがこみ上げてきました。
なので、生徒たちを飛び越えて自分が一番かわいいと思ったのは遙先生w

とりあえず次も見ておこう。
先生だからほんと出番ないだろうなぁ(^_^;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ときめきメモリアル Only Love

    Excerpt: 「出会い」  どうでしょうか?面白そうなにおいはします、第一話だけ見る限りではなんとも云えませんが・・・、主人公の「青葉くん」がドタバタ劇を演じるみたいです、今回も生徒会の陰謀によって全生徒から追い.. Weblog: まるとんとんの部屋 racked: 2006-10-04 20:25