デジモンセイバーズ 第25話

メ、メルクリモン!!(泣)

久々に盛り上がりを見せてきたというのにメルクリモンここにて退場・・・。
彼は本当にマサル父の意志を受け継いで、人間との共存を願っていました。
なのに倉田は自分が怖いだけで、自分だけが大事という考えだけで
デジモン達を抹殺しようとしていた。自分だけを守りたくて。

どうしたってそんな人間、デジモンだけではなく
同じ人間であるマサル君たちだって彼を許すわけにはいかない。
なのに彼の創りだした人工デジモン・ギズモンATには
完全体3体をもってしても太刀打ちできず、絶対な強さを誇っていました。
さらに疑似進化までしてもっと強くなっちゃって・・・。

しかしここで一矢報いたのはメルクリモン!!
倉田たちに致命傷を受けながらも、強引に一撃与えた。
さすが究極体。彼は最後まで最強だったのかもしれない。
力だけの強さではない、人間には失われていた心の強さも
彼はちゃんと持ち合わせていて、
どちらが正しいかはもう誰の目にも明らかだった。

けれどもう一度ギズモンにあの一撃を喰らったメルクリモンは
とうとう光りとなって消え去ってしまった。
最期にイクト君に「生きろ」と残し、彼は消えてしまった。。

彼がやろうとしていたことは誰にも責められるものではなかった。
例えどちらが先に、と考えたとしても彼らには何の否もなかった。

ユキダルモン、そしてメルクリモンの遺志を戦う力と変えたイクト君。
とうとうデジヴァイスの正当なる使い方を発揮させ(やっと叫んだ(^_^;)
ファルコモン完全体「ヤタガラモン」へと進化!!ここでいつもの挿入歌!!
あの歌もう流れないのかと思っていたけど
「ここぞ!」というときだけ、に変えたんだな。まさにクリティカルでした。
燃えないわけがないこの展開。見事ギズモン撃破!
やはり漢とは怒ってこそその真なる力、潜在能力を引き出すというもの。
完全体3体で勝てなかったのに、ヤタガラモン一体で倒せたのも、
きっと彼ら、イクト君とファルコモンの
奥底に眠っていた力が爆発したからだろう。やっと仲間になれたね。


メルクリモンがイクト君になんとか本当の敵が何なのかを教えていたシーン。
これまでがあったからこそ、彼らの絆の深さは伝わってきました。
イクト君を本当に大事にしてくれていた。メルクリモンに感動でした。
だからこそここで失ってしまうのはあまりにあまり。
2体いた究極体がもう消えてしまったよ・・・。


次回は上手い具合に総集編になりそうでした。
EDはなぜここで、と思ったら絵を見てはっきり。
四人目の戦士を称えての新EDでした。ヨシノちゃんかわいかった(^_^;)


いよいよ折り返し。倉田さんがあの臆病者キャラで
どこまで楽しませてくれるか楽しみです。臆病者だけに改心もしそうw
あの長官?はきっと最後までいそうだなぁ。
次のクールでは残された最後の一人、
薩摩隊長・クダモンペアのの勇士、期待してます!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック