ときめきメモリアル OnlyLove 第4話

お互いに気づかないうちにお互いを想い合っている。
惹かれ合っている・・・。青春な温もりを感じます。


「青葉君、遊んでばかりで体育祭大丈夫なのかしら」

陸君、迷惑被っているだけなのに
学園のアイドルに変な誤解受けてて可哀想です。
しかもキャラ変わってきてて楽しんでます。学校が楽しそうで羨ましいです。
あんだけかわいい娘が学校にいれば毎日それだけで幸せになりそうです。


優介君にスポーツ少女がなんたるかの力説を受け、
実際に鑑賞することでその素晴らしさを堪能していたところ
キモイ、あ、怖い先生たちに見つかって一騒動w
その間に陸君は今回のお目当ての女の子、弥生水菜ちゃんのところに
偶然誰もいないプールにて出会うことが出来ました。
このシチュエーションの発生を望まれるのが主人公!

どうしたってみゆみゆにしか目は行きませんでした(^_^;)
あと今回遙先生の出番が5秒くらいだったので尚残念。
出てくれるだけありがたいと思うべきかなぁ。

あと小百合様はやっぱどうにも好きにはなれないキャラです。
優等生を地でいっているところ、少し見方を変えると
彼女は意識せずとも統率を計っており、
リーダーに成るべくしてなったわけじゃないけど、
そういう生活がきっとずっと続いてきているから
自然とリーダー的役回りをしていて、思うようにいかないところも
周りがフォローしてくれる、という暗黙の篭にいるようです。
何書いてるかわからなくなりましたがw とにかく伝説はもういいっすw


優介君の力説は燃えておりましたが変なところは一切ありませんでした。
すべて真実と受け止められました(笑)真剣な眼差しっていいね。


今回も急に出てきた購買部の千和さん、もよかったですが
ひよこっこにまた惚れました。
なぜあのひよこはあんなにもかっこいいのだろう。
舞さんはなんて素敵なんだろう。
修行受けたいです。精神、身体共に。


最後はちょっと勇気を出した水菜ちゃんがかわいかったな。

「精神的なコーチ」

い、いい響きのフレーズを頂けました。喜んで引き受けたいコーチでした。
どういう意味なんだろうぉ、とか考えないキャラこそが主人公になれるんだ。


さりげなく時間も流れていて次回は体育祭。
ときめくアクシデントって聞くといいけど
ときめく事故って字にすると何を言ってるかわからないw
次もどっかの公安から横流しされたアイテム出るかなー

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック