おとぎ銃士 赤ずきん 第32話

 さよなら、ブレーメン遊撃隊・・・。

 32話目にてナイトメアリアン誕生秘話が語られていました。結構こっち側もしんどそうでした・・・。しかも不適合だと光になって消えてしまうと。。残酷です。。
 そのことをきちんとわかった上で、それでも兄貴のランダージョの力になるために、カーネたちは自らナイトメアリアンへとなることを選びました。泣けてくるのはそれを知ったランダージョが、「どうしてそんなことを」と嘆きつつも、彼らの意志を無駄にはできない、と涙を堪えて赤ずきんたちに立ち向かっていたところ。一番辛いのはランダージョだったというのに、、、
 けれど途中で拒絶反応が出てしまい、ランダージョはもう戦うことをやめ、彼らに正気を取り戻して貰おうと必死でした。ランダージョがそんなことするわけない。見てた視聴者はなんとなくわかっても、草太君たちにまでそれが伝わっていたとは驚きでした。今までなんだかんだで結構やられていたと思ってたw 自分はランダージョはグレーテルちゃんには優しいし、彼女の味方にもなってくれているので好きです。よくいる"憎めない"キャラの典型だろうな。途中からおでんネコ一本だったけど、それでも結構がんばっていたよ・・・。

 なんとか彼らを助け出せる方法はあると、白雪は教えてくれましたがその代償に彼らの記憶が失われる可能性があると・・・。哀しすぎる展開でした。そのあとの回想でアレクトールが「たまごは嫌いっす」ってのに笑ってしまいました。そりゃそーなんだろう、って納得(^_^;)

 苦しむ彼らを見ていられない。でも今までの思い出が消えるのも。。ランダージョは涙しながら選んだ選択は白雪が教えてくれた方法でした。苦しむ姿を見ているの方が辛いよね。。
 こうして三人は記憶は失われてはしまったけれど無事元の姿に戻り、サンドリヨンの下も離れることとなりました。ランダージョも号泣しながら彼らを見送って。。さらにラストではハーメルンがいいところ(涙)
 きっとみんなが楽しく音楽ができて聴ける日が来る。来るようにしなきゃだ。

 良い、とても良いお話を見させてもらいました(^_^;) どうしても終わり際になると良いお話が増えてくるのはどうしようもないか。。
 しかしハーメルンはりんごちゃんをどうにか(逆?)しようとしているので気が抜けません。次回からはレギュラー入りを宣言していたことだし。草太君は全然気にもしてなかった。。

 次回はそろそろグレーテルちゃんにも終わりが来るか。。彼女だけはなんとか・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • おとぎ銃士赤ずきん 第32話「ブレーメンよ永遠に」

    Excerpt: おとぎ銃士赤ずきん ドラマ& サウンドトラックアルバム VOL.1おお、ブレーメンがメインか。 こりゃ面白くなるのは確実だな。 パターンのオチ、それはドリフの時代から変わらぬ面白さが~~。.. Weblog: シバッチの世間話 racked: 2007-02-16 11:27
  • おとぎ銃士 赤ずきん

    Excerpt: 「ブレーメンよ永遠に」 やっぱりアニメはこうでなくてはいけないですねっ! 賛否両論はあるかと思いますが、適役が退場するにしても、 某セイントオクトーバーのような退場の仕方はどうかと思っていま.. Weblog: まるとんとんの部屋 racked: 2007-02-16 20:43