ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! 第48話

 苦境を乗り越えたその先にあるハッピーを求めて。

 学園長さん、今回は手法を変えてきました。やや遅かった感はありますが、的確な対応です。でもぶっちゃけ彼らの力を信じなければ成り立たない作戦はありました。そこら辺がちょっと悪役にしては奇妙な行動で、でも乗り越えてしまうのがふしぎ姫たち。

 シェイド様が丹誠込めてクレソンさんと作ってきた花壇。それを今回ビビンとエドちんが夜中のうちにこっそり荒らしまくってしまったため、シェイド様は大きく肩を落とされました。ちょうど運悪くクレソンさんが不在時、ということもあったため、責任感の強いシェイド様としては二重に苦しむことに。

 そこをふた姫たちはもちろんフォロー。最初は手助けを拒んでいたシェイドでしたが、怪我をしてしまった後は、きちんとみんなの厚意を受け入れてくれました。友達だったら全く持って当たり前。遠慮しちゃう友達はほんとは友達とはいえないはず。トーマ様も言ってた!(^.^)
 ただ、師匠の一大事だったというに今回もティオ君は不参加だったのがちょっと残念でした アルテッサのほっかむりかわいかったし、レインはいつも通り暴走してくれたというのに(^_^;)
 メンバーがシフォン、トーマ様以外すべてふしぎ星メンバーだったこともあって、ちょっといろいろ思い出してきて、特にお昼ご飯のシーンとかでなぜかじーんとしてしまいました。もうあとちょっとで毎週見られないんだなあ、と。。


 育てようとする気持ちには思いやる気持ちが不可欠だから、自然と良い笑顔になるのだと思います。立派に元気にきれいに、などなど自分以外の何かを思いやるからこそできること。忘れてはいけないことだろうな。

 もう充分でしょう、というブラック学園長の言葉と共に、ビビンは相当不本意ながらフルーツの種をシェイドのスコップへ。現れたフルーツはなんとも地味に、たった今彼女たちが植えた種を掘り起こすという行為に!!卑劣!!! さらにさらにその種を食べるという行為にも!!なんとも残酷!!

 とはいえw いつも通りプリンセスたちが除去してくれて事なきを得ました。花は枯れてしまったけれどまたいつか必ず咲いてくれる。花を愛する気持ちがあれば必ず。

 今回のお話はとても好きになりました。なんとないものだったかもだし、フルーツの悪行が地味に最悪でもあったりしたけどw どことなく集大成的なものも少し感じました。やはりふたご姫はなんだかんだできちんとまとめてくれそうです。

 次回でとうとうビビンとの決着かな。学園長さんについている力の源はなんなんだろ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ?????????Gyu! #48

    Excerpt: ????�????????????????????????????????(^^; ???????????????(??^^;)????????�??????????????????... Weblog: ????? on fc2 racked: 2007-03-08 17:29
  • ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「ふたごVSビビン☆最後の対決!」

    Excerpt: ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「ふたごVSビビン☆最後の対決!」です。 いよいよ大詰めですね。 ふたご姫とビビンちゃんの最後の対決、余計なコメントはなしにして、さっさと中身に行きますか。 .. Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ racked: 2007-03-12 22:23
  • ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! 第 48 話

    Excerpt: 大分追いついてきました。 では、48 話目の感想いきます。 Weblog: 圭佑の気まぐれ日記 racked: 2007-05-01 21:40