ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! 最終話

 みんなの歌声が大きな翼へと。

 とうとうブラッククリスタルキング様に飲み込まれたてしまったファインレイン。けれどその様子を見守っていた学園のみんなが歌という力で、二人に力を伝えようとしてくれて、その歌声はプロミネンスへ力を注ぐことになり、そこからファインレインに力を送ることが出来ました。ミルロから、という流れも良かったなぁ。
 一度は解けてしまったドレスも復活。その翼も以前のものよりは大きく光り輝いていました。

 彼女たちが掲げていた友達の輪。その結果が今まさにここで証明された瞬間でした。望みはなかったとは思う。ただ仲良くなれば楽しいから。そう願って二人はいつも友達を作っていました。でも時としてその友達から自分たちへと与えてくれることもあります。彼女たちが受けた力は、紛れもなく彼女が勝ち取った証でした。

 Bパート開始早々、OPをもレギュラーキャストたちで歌うという素晴らしい演出。あれってアフレコ現場での歌声に聞こえたな。力の入り用が尋常じゃなくて、勇気づけられることはもちろん、なんていうか泣けました。この2年が、って思い出せてきて(^_^;)
 前向きな底なしの元気さ。彼女たちから得られることは決して多くはなかった。でも貫いていたその絶対の信念は本当に強いと思いました。「楽しいだけじゃだめなんだ」となりがちな気持ちを、より大きな幸せと元気で覆い尽くし、そんな疑問、疑問にも思わせないところがあったなぁ。根底で見せられる強さってそういうものなのかもしれない。

 全員のハッピーをブラッククリスタルキング様に与えることで自己崩壊を狙い、見事ブラッククリスタルキング様爆散!!! 一時は暗なエンディングが!?と不安も過ぎりましたが、無事二人も笑顔を取り戻し、ハッピーエンドとなりました。
 あまり終わり際に気づくことじゃないけどエルザママはきちんと姉、妹、の順で名前呼ぶんだってこと最終話で気づいた・・・(汗)

 エドちん、エドワルド様も元の姿に残念ながら戻ってしまいw 無事2枚の絵は1つになってハッピーでした。ビビン、良かったよ。がんばったね・・・。


 ラストはエリザベータ様による計らいでダンスでおしまい。エリザベータ様、最後はファンゴとダンスできてこれもまた良かった・・・。さらにシェイド様のお花、ハッピーフラワーも満開!!


 わかってはいたけれども(^_^;) 完璧なハッピーエンドとなりました。これ以上ないってくらいにみんなが幸せになれて言うことなしです。
 まだ続けられそうでしたがw この2年。1話も逃さず102話見てこれたことがすごかったかもしれない(^_^;) それも何もかも、おもしろかったから見てこれたわけで、偉大だったなぁとしみじみです。見ることが出来てこちらも本当に良かったです。お疲れ様、と心から言いたいです(^.^)


 次回は同じ佐藤監督のケロロ軍曹がこちらの時間帯にお引っ越し。ケロロもまさか4年目突入とは驚き。バックグラウンドにたまに見えるガンダムが支えとなっているのかw この時間ならリアルタイムで見られそうだからたまに見ようかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カリスマ声優白書
2020年12月31日 18:12
ようこそ、ロイヤルワンダー学園へ!まず初めに、全国の学校の卒業生、そして入学・就職に内定した皆さん、おめでとうございます。ついに来てしまった最終回。その放送前日、今回がお別れ、見納め笑い泣き納めだと知りながら思い思いに過ごしていた夜。放送が終わるまで、そして終わってもふたご姫を応援する人、ふたご姫で引退するという特別な思いで迎えようとする人。別れを惜しむ雨が絶え間なく降っている所も。だから私はあえて言います。だから子供向けアニメはすばらしい!ことを。迎えた最終回当日の朝。天気はどんよりとした曇り空。でもおひさまの国の恵みが日本を照らしています。今日が年度末。春休みが終わります。これでお別れなんて♪いやいやいや~ん いやいや~ん♪それはみんなも同じです。かつて汗と涙、悔しさをともに流した日々も、全て今日という日のために"後悔などあろうはずがない"最高の結末を信じて、午前10時。最後の放送が始まりました。それでは最終章後編「鳴りひびけ!☆平和のベル」行ってみましょう。ふたご姫に追い打ちをかけるように、BCKの暴走は最高潮に達します。プリンセス・スワンを失って、悲壮にくれるエドちん。余りのひどさにビビンが棒でBCKを攻撃しますが、効くはずもありません。エドワルドの最期を見たふたごはとうとうキレてしまいます。依然不利な状況のふたご姫。とうとう追い詰められ、そしてついには捕まってしまい、ハッピーを吸い取られてしまいます。さらに変身までも解かれてしまい、一瞬で窮地に陥ってしまいます。本当の意味でがけっぷちに追い詰められたふたご姫。もう対抗できないのか?奪われておしまいか?突然挿入歌「ラブフラワー」を歌いだしたのが続編であまり出番のなかったミルロ。その歌はやがて学園の人々の歌に。歌はRW合唱団。しかし、全国でテレビを見ている人も歌います!さぁ、教会の聖歌隊より上手い歓喜の歌を響け!すると、何という事でしょう!無くなっていたプロミネンスが凄い勢いで溜まり始めたではありませんか!激しく光るおひさまの様子はふたごに見えています。BCKから奪い返し、さぁふたごが、ここで翼を広げるか!ふたごが大きい翼を広げ、反撃開始だ!気分は劇場版ふたご姫です。天使達も手伝って、BCKに照射!自由と栄光、統計学の勝利へ!BCKよ、この悪夢の輪を去れ!この時点でMは0.5。泣いても笑っても残すところ最終回後半です。OP「キミのアシタ」にのせてみんなが一体となって歌います。神に届け、キセキのプロミネンス。しかし・・・ふたごがバタッと倒れた!ふたご姫がダウン!万策尽き果てた!BCK、高らかに勝利宣言!ガ~ッハッハッハ!だがその次の瞬間、吸い取ったハッピーが膨張し、自爆します。いかん、まずいもの食いすぎたぁ!バルス!この時、ブッダのようにBCKは死んだ。ソレイユベルの響きが当たりを包みます。だが、ふたご姫は笑いません。目つきが変な表情。そんな・・・涙のサヨナラはいらない!お願い、笑って!悲しみに暮れるみんなに、空から春の雪ならぬハッピーの雪が降ってきます。これを見てファインとレインに笑顔が戻ります!ヤッターやったったー!こらえきれぬ涙と嗚咽の叫び。死に物狂いで取り戻した、平和のベル!光を放ち続けた事によって、星の平和を守ったふたご姫。ふたごの光の放物線は、いくつもの日々を超えてたどり着いた栄光の架橋。もうこれは奇跡とは言わせない!その瞬間、2年間の苦労が報われました。みんなの最後の夢かなう。ふたご姫に今一度大きな拍手をお送りください!おかえりなさい、ふたご姫!輝くハッピーの結晶に包まれながら、ゆっくりと翼をたたむふたご。そこにエルザ様がダダっとダッシュ!最後は母の元に帰る。これなんです。これを見たかったんです。トゥルースも「ふたごに出会えて嬉しいなぁ。今までよく頑張ったよな。ふたご女児パパの花江夏樹も喜んでるよ。こんなこともありうるのか。こんなドラマチックなシーンは見たことないよ。このふたご、1万年経っても出会えないぞ」と。エドワルドやスワンも助かり、全員無事が確認されました。もちろん忘れてはいけません。ビビンです。ちょっとツンデレっぽかったですが、最後は笑顔。これからは絵画の中に戻り、学園を見守ります。末永くお幸せに!あーしんどかった!顔をした学園長は見習いとし、現学園長は一線を退くそうです。教頭先生、お疲れサマージャンボ宝くじ!そしてエピローグ。エリザベータ様の計らいでパーティを開催。シャシャとカーラが巨大なダンスホールを召喚!ロイワンダンスドーム!お別れの曲は1期で何度も踊った"おしゃまな「おしゃれファンタジー」"さあ、王子の暖かい手をどうぞ。2年間のごほうびですよ。エンドクレジットと共に歓喜のワルツを踊るふたご。全国の皆さん、これがなでしこのように輝くふたご姫の笑顔です!泣き虫ノーチェはおもちゃにされていた。コンビ再結成?のはずです。優雅なエリザベータの服をすねるファンゴ。ファインが何やらよそ見を。指さしてみると、目線の先にはシェイドの作ったハッピーフラワーが満開に咲いていました。終わる事のないハッピーの祭り。その思いはRWの後輩たちに引き継がれます。そして締めくくりはふたごのダンス!それではみなさん、足元をすくわれないように前に向かって明日に向かって、せーの、"みーんなハピハピハッピッピ~!"午前10時半【おわり】のエンドガードで、全放送が終了しました。同時におひさまの国は太陽に帰り、日本の一番長い卒業式が終わりました。2年間本当にお疲れさまでした。本当は3期の報告をしたかったですが、ハッピーエンドならそれでいいです。胸を張って堂々と歩きましょう。もしこれが悲劇的な結末だったら、ふたご姫を知る人はいなかったでしょうね。子供たちの前で、アンハッピーエンドは出来ないでしょう!万感の思いでいっぱいです。その2人を私たちは決して忘れないでしょう。放送翌日、ふたご姫を見ていた人はそれぞれの道に進みました。すごく楽しかったけど、今は寂しい。年齢の関係でもうふたご姫の新作は出来ませんが、必ずふたご姫特番やるよ!の報告をして帰ってきます!今度は皆さんがふたご姫の思い出を語り継ぐ番です。どうかこれからは空の上から元気で見守っていてください。振り返って、ふたご姫はツイてますよ。光は正面に光りますしね。そして2021年、Gyu!もまもなく15周年を迎えます。今は結婚し子供を作り、幸せな家庭を作っています。今のテレ東アニメの主役はアイカツ!とキラッとプリ☆チャンの陰に隠れて、ふたごの話題は見かけなくなりました。でも、ふたご姫と現代の私たちの子供たちとの絆は、今も生き続けています。

この記事へのトラックバック