ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! 最終話

 みんなの歌声が大きな翼へと。

 とうとうブラッククリスタルキング様に飲み込まれたてしまったファインレイン。けれどその様子を見守っていた学園のみんなが歌という力で、二人に力を伝えようとしてくれて、その歌声はプロミネンスへ力を注ぐことになり、そこからファインレインに力を送ることが出来ました。ミルロから、という流れも良かったなぁ。
 一度は解けてしまったドレスも復活。その翼も以前のものよりは大きく光り輝いていました。

 彼女たちが掲げていた友達の輪。その結果が今まさにここで証明された瞬間でした。望みはなかったとは思う。ただ仲良くなれば楽しいから。そう願って二人はいつも友達を作っていました。でも時としてその友達から自分たちへと与えてくれることもあります。彼女たちが受けた力は、紛れもなく彼女が勝ち取った証でした。

 Bパート開始早々、OPをもレギュラーキャストたちで歌うという素晴らしい演出。あれってアフレコ現場での歌声に聞こえたな。力の入り用が尋常じゃなくて、勇気づけられることはもちろん、なんていうか泣けました。この2年が、って思い出せてきて(^_^;)
 前向きな底なしの元気さ。彼女たちから得られることは決して多くはなかった。でも貫いていたその絶対の信念は本当に強いと思いました。「楽しいだけじゃだめなんだ」となりがちな気持ちを、より大きな幸せと元気で覆い尽くし、そんな疑問、疑問にも思わせないところがあったなぁ。根底で見せられる強さってそういうものなのかもしれない。

 全員のハッピーをブラッククリスタルキング様に与えることで自己崩壊を狙い、見事ブラッククリスタルキング様爆散!!! 一時は暗なエンディングが!?と不安も過ぎりましたが、無事二人も笑顔を取り戻し、ハッピーエンドとなりました。
 あまり終わり際に気づくことじゃないけどエルザママはきちんと姉、妹、の順で名前呼ぶんだってこと最終話で気づいた・・・(汗)

 エドちん、エドワルド様も元の姿に残念ながら戻ってしまいw 無事2枚の絵は1つになってハッピーでした。ビビン、良かったよ。がんばったね・・・。


 ラストはエリザベータ様による計らいでダンスでおしまい。エリザベータ様、最後はファンゴとダンスできてこれもまた良かった・・・。さらにシェイド様のお花、ハッピーフラワーも満開!!


 わかってはいたけれども(^_^;) 完璧なハッピーエンドとなりました。これ以上ないってくらいにみんなが幸せになれて言うことなしです。
 まだ続けられそうでしたがw この2年。1話も逃さず102話見てこれたことがすごかったかもしれない(^_^;) それも何もかも、おもしろかったから見てこれたわけで、偉大だったなぁとしみじみです。見ることが出来てこちらも本当に良かったです。お疲れ様、と心から言いたいです(^.^)


 次回は同じ佐藤監督のケロロ軍曹がこちらの時間帯にお引っ越し。ケロロもまさか4年目突入とは驚き。バックグラウンドにたまに見えるガンダムが支えとなっているのかw この時間ならリアルタイムで見られそうだからたまに見ようかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック