英國戀物語エマ 第二幕 第5話

 すべては出会うべくして。すべては望むべくして。

 エマさんはいつも美人だけど、最も美しく見えるときはやはり眼鏡を外したお姿。そのお姿が一番好きです。今回はさらに、きれいなドレスも着て、髪もまとめていただいてかつてないほど美しいエマさんが見れました。

 きっと互いの歯車は、それぞれ予定通りの速度をそれぞれの場所で時を刻んでいたいたはずでした。けれど徐々に、それはそれはゆっくりとずれが生じてきている。二つの歯車はいずれまた一つの時を刻むがの如く、どちらもが歩み寄っている。そう願いたいです。どちらも、というところが素敵に思えます。たとえ偶然でも、どちらかがではなくて、どちらもが引き合っていると。


 ドロテアさんとエマさんはロンドンで、ウィリアム様とエレノアさんの婚約パーティーに出席するためロンドンを訪れていたミセス・オーレリアさんとばったり再会。侍女を連れていなかったオーレリアさんにエマさんを同行させよう、というお話がエマさん差し置かれて(^_^;) トントン進んでいました。気づいたらもうパーティー、って感じでした。

 眼鏡をはずしているから、視線の先にウィリアム様がいてもすぐには気づかないエマさん。オーレリアさんに紹介をされ、その聞き覚えのある声を聞き、よーく目を凝らして彼女の息子を見てみると、そこにはかつて、そして今も尚好きで忘れられない彼がいました。その場で彼女は倒れてしまったのだけれど、正直倒れていた姿さえ美しかった・・・。

 このパーティーが彼の婚約を祝うパーティーであるということ。お相手があのエレノアさんだということ。そこで偶然に偶然が重なって再会できた嬉しさと驚き。うっすらと見える彼の表情が不安と動揺に満ちているように見えたこと。全部が一度に押し寄せてきて倒れてしまったんだと思う。もちろん慣れないパーティー、という場にも疲れてしまったのかもしれないなぁ。少しだけこの時点でもう、泣きそうになっていたのも「運命って、、」と思わせる場面でした。

 心の片隅に期待がなかったわけではない。それでもそんなことは有り得ない。そう、エマさんは思いながらもあの時、ロンドン行きを承諾していた。けど現実は決して優しいものではありませんでした。すぐさま彼女はあの瞬間思ったと思う「来なければよかった」と。想い出は想い出のままで。という気持ちも少なからずあったと思うし、何より彼女は率先して望んだ結果ではなかったのも、より運命めいた演出に仕立てられたように見えました(もちろんそう創られているんだけど(^_^;)
 エマさんの人生をこの作品では触れられるような気がして、すると自然と「運命って・・・」って感じました。決してひどい残酷なことではないけど、優しくはなかったです。でも最後には、今回のサブタイの意味するところが用意されていました(^.^)


 エマさんが倒れたあと、すぐにパーティーのシーンは終わってしまい、エマさんはパーティーが終わってもまだ眠ったままだったためそのお屋敷に泊めさせてもらうことに。もちろんその情報をウィリアム様はキャッチしていたため(^_^;) なんとか酒盛り(朝までコース)から脱出! エマさんのいる部屋に忍び込むことに成功!!完全なる夜這いです。

 エマさんはそこでもう一度ウィリアム様を前にし、すぐに涙が零れていました。ウィリアム様が言葉はなく彼女を抱きしめたところで、もうここで終わってほしいと思った(^_^;) 彼と、彼女がずっと、ずっとこうなることを望んでいました。

 彼女の「会いたかった・・・」「ごめんなさい・・」という、消え入るような言葉に対しても、ウィリアム様は小さく「いいよ・・・」とだけ返す。
 前回のウィリアム様の勢いある告白もすごくよかったし、ベストと思いましたが、今回のこの一言の方が遙かに重く優しく、そして何よりも想いの込められた言葉に聞こえました。すべてを受け止めて、ただ抱きしめるだけではなくて、心と体で彼女のすべてを受け入れる。それが抱擁。。

 この先、より辛い日々が訪れそう、、とも思える場面でした。けれどあの瞬間は、あの月夜の一時だけは幸せだけを感じられたと思う。叶えてあげられるのであれば、時を止めてあげたい。そう感じました。あれほど分かり合っているのに、それだけでは越えられないものがあるのかと思うと、切なさ、というより単純に辛さだけが残りました。


 まだ5話なのに前期より早い段階でぐっときてしまいました。あとケリーさんアルさんを出してくるのは反則なのでやめていただきたい(^_^;) 冒頭のドロテアさんオールヌードシーンとか結構衝撃(刺激?w)だったのに飛んでしまった。。あ、ハンスさん観光してたw

 次回はもちろんエマさんはメルダース家に戻っておりました。が、以前とはきっと違うはず。
 何かを得るということは、何かを失うということ。
英國戀物語エマ 第二幕 1
英國戀物語エマ 第二幕 1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 英國戀物語エマ 第二幕 第五章「抱擁」

    Excerpt: こまったもので、トロロープ婦人の侍女として、エレノアとウイリアムの婚約パーティーに参加したエマですが、それまでの段階が長すぎて、再会まで落ち着きませんでした。 上手い具合に、ドレスアップして、ついで.. Weblog: パプリカさん家のアニメ亭 racked: 2007-05-15 22:22
  • 英國戀物語エマ 第二幕「抱擁」感想

    Excerpt: エマ アニメーションガイド(1)森 薫価格普通のアニメブックと違うねとりあえず、「エマ」だから買いました♪これって私が思っていたモノと別の意味で違ってよかったです。ハガレンみたいな、だたアニメをマンガ.. Weblog: ここには全てがあり、おそらく何もない racked: 2007-05-16 00:03
  • 英國戀物語エマ 日英文化交流のアニメ也

    Excerpt: 第5章「抱擁」 サブタイトルが間違っている。 「天国と地獄」だろうが(怒)! いや地獄と地獄か。 Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt racked: 2007-05-16 22:02
  • 英國戀物語エマ 第二幕 第五章

    Excerpt: エマがウィリアムと再会するお話でした。 まさかこんな形で再会することになろうとは、めぐりあわせとは恐ろしい物です。 いきなりドロテア婦人のあんな姿から始まったのには驚きました。 優雅に窓の外.. Weblog: パズライズ日記 racked: 2007-05-17 05:22
  • (アニメ感想) 英國戀物語エマ 第二幕 第5話 「抱擁」

    Excerpt: 英國戀物語エマ 第二幕 1 ドロテアと共にハロッズへ赴くエマ。そこで、偶然ミセス・トロロープに出会う。何でもドロロープは長男の婚約パーティーのため、ここロンドンに来たのだと言う。しかし、パーティ.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2007-05-18 01:00
  • 英国戀物語エマ第二幕 第五章 「抱擁」

    Excerpt: ドロテア婦人、素裸で外を見るのは貴族としてどうでしょうか。20世紀の今ならありえるかもしれませんが。19世紀にそのようなことをするのは、よっぽどの革新家のような気がしますが。 Weblog: ゼロから racked: 2007-05-20 11:01
  • [~FWR~]英國戀物語エマ 第二幕 5月20日付 第5回「抱擁」

    Excerpt: 英國戀物語エマ 第二幕  5月20日付� Weblog: The 23rd Legion Daily Report/第23軍日常報告 racked: 2007-05-20 18:34
  • 英國戀物語エマ 『抱擁』

    Excerpt: 運命の再会! 恋物語は、こうでなくちゃ♪ ドイツとイギリスで、遠く離れ離れだったウィリアムとエマ。 最強の味方と共に、知らず ウィリアムの婚約パーティーに、来ていたエマ。 Weblog: 日々是「紫」 racked: 2007-05-21 09:03
  • 英國戀物語エマ第二幕 #5

    Excerpt: ドロテアとロンドンにやって来たエマは、そこで偶然ミセス・トロロープと出会いました。ミセス・トロロープの侍女としてパーティに参加することになったエマは、ウィリアムと再会して... Weblog: 日々の記録 on fc2 racked: 2007-06-17 12:08