機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 第19話

 人一人の力がどれほど小さいか。けれどそれはゼロではない。人の力は、決して無力ではないのだから。


 「戦いが私的じみてしまう」って当初から用意されていた言葉なのかが少し気になりだしてきましたが、実際の所、物理攻撃より精神攻撃が勝るということがこの物語の着地点なのか、というのも気になってきました。


 最強と証明された直後、イシュタルの敗退。確かにそのインパクトは大きかった、かったけど、やはり戦闘(及びギガンティック)以外、どうにもお話にのめり込めません。全ギガンティックが紹介される頃には、って思ってたんだけどなあ。たぶん、慎吾君のあの明るさをそのまま受け入れられないからだと思う。試練の中、それでも見せる笑顔、とはどうしても見えず、単に楽観的な、短絡的な笑顔に見えてしまう。。ここにきて彼の過去を言われてもなぁ・・・。走影さんに対しても未だにあの態度。イライラしてしまう(^_^;)

 さらに忍者隊長さんのコメント。目が最初と全然違うって。。ここで何か完全について行けないって思ってしまいました。。だって自分には彼が何一つ変化していないとしか、変化したように描かれていたとは思えません。最後の方では目に見えての成長が見られることを願います。それが単に捉えられていないだけならまだいいんだけど、どーもわかりませんでした。

 と、他にも今回もいつも通りw いろいろ変なところしか目がいきませんでしたが、さりげなく開戦。そしてロシアの圧勝。。 どんだけエネルギー、パワーを持っていたとしても幻惑にかかってしまえばその恐怖は皆無。未だにロシアに勝てる気がしません。これでまた一つ強くなってしまっただろうし。


 残り7話でどこまでストーリーを引っ張っていけるか。ちょっとここにきてこれだと期待は薄いのだけれど、最後までは見届けたいです。熱く、ただ熱く進んでくれると燃えるんだけど彼はそういうタイプじゃないしなぁ(^_^;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 第19話「惨酷」

    Excerpt: 赤丸ホッペ増量中(笑)  いよいよ残るギガンティックは4体。パイロットの中には、  ロシアのセルゲイたちのようにギガンティックによる侵食が  進んでる者も現れる・・・。もちろん慎吾と真.. Weblog: ミルクレモンティー racked: 2007-08-11 22:43