鉄子の旅 第8話

 秘境駅はデートにぴったり。

 変則2話連続で見て書く、という手法でリカバリしてみた今週。鉄でラストとしようかと思ったのだけれど、どうにも前回はいつもに増して駅の紹介(それが本題なんだけど(^_^;) で終わっていたので、逆にこれを機に飛ばしていくことにしてみました。

 前回は初の北海道。でも次回が普通にまた本州?ってところでちょっとがっかりでした。せっかくならもうちょっと北海道を回って欲しかったのに。。電車では帰ったことないんだよなー


 で、今回は飯田線。とっても横見さんが大人しくて、いつもとがらっと違っておりました。何よりも檜山さんがかっこいいw それは今回が秘境駅巡りだから(^_^;) 自然を感じるためには騒がしくしない。といってはいたけれど、にしてはどうも横見さんの様子が変でした。


「俺、ロマンチスト」

 ペースを掻き乱す彼の静かな行動。一人でいるときになんか頬が赤いなってところで気づけましたが、実は今回は完全にリハーサル。キクチさんを実験体としての、単なる予行練習でした。だから横見さん、常に「女の子と二人で」を意識されててw それで様子が変だったというオチでした。でも最後の駅では自分の知らない道とか見つけて、いつもの横見さんでした。あーじゃないと調子が出ないってキクチさんの気持ちよくわかったなあ(^.^)


 正直声が普通にかっこいいので(笑)あれなら本当にひょっとしたらひょっとするかも、とも思いました。


 秘境駅。そのどれもが本当の山奥にあり、自然に包まれていて景色も良く癒される。これも是非行ってみたい駅ばかりでした。人はとことん、いつまでも「癒し」は求め続けるもので、嵐じゃなきゃ、雨もいいなってところも共感できました。秘境一位が北海道の駅ってのはちょっと嬉しかった(^.^)


 次回は路線を見てもどこかわからずw きっとまた自然なイメージです。田園ってところだけで判断(^_^;)

鉄子の旅 VOL.1
鉄子の旅 VOL.1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック