げんしけん2 第4話

 二人の関係はもうとっくに、服を作る人とそれを着る人、ってだけのそんな簡単なものじゃなくなっていました。
 二人の関係を次のステップに進めたい。そう考えていたのは、大野さんであり、田中さんも同じでした。


 付き合っているっていうのは、二人が想っていればそれで成り立つって思うのだけれど、簡単には言い表せられない問題なだけに、二人らしい答えが出せていて大変おもしろく、そして良かったです。


 大野さんはすっかり田中さんのことは好きで、他人の衣装を作っているところすら、もうイライラくるほどw 一方の田中さんは"我慢"していました。正確にいうと、我慢しているといいながら逃げていただけだった。


 オタク同士なんてろくなことにはならない。そう言う荻上さんの過去?もなんか気になったりもしたけれど、趣味が同じ人同士が、というのはよく聞く。趣味が同じでも、その趣味の中での好みまで一緒ってのはほとんどレアケースで、となると二人ともきちんとした意見を持って、対立が耐えなくなる、って流れだろうか(^_^;) かなり大変そうで、何より疲れそう・・・。


 今回かっこよかったのは久我山さんだったなあ。いつもはっきりしない回答が多いのに、事、恋愛のこととなったらあのはきはきとした意見。すごい、って思ってしまった。

 「それは耐えてるじゃない、怖がってるだけだ」

 って。いい友達です。どう見てももうカノジョとしか思えない人がいる男に対して、同じ男で、かつカノジョがいなければ、それはそれは冷たく接します。当たり前です。優しくする理由がないのですw
 半分はいい加減な気持ちもあるかもしれない。でも今回の彼の場合だと、見ている側もちょっともう迷惑、みたいなレベルまできていたから(^_^;) 久我山さんのアドバイスはベストでした。あ、くっちーがボコられていたのは別に迷惑ではありませんでした。むしろ爽快でしたw


 その後大野さんが勇気を出してエロゲーのキャラのコスにチャレンジ欲を見せ、さらに田中さんにそのキャラを攻略してってw 隣で見てるってどんな状況だ。。想像すらしたくないよ・・・。

 どんどんゲームを進めていくうちに田中さんが限界w そして告白という見たことない展開でした。

「オレね。大野さんのこと、好きよ」

 見たことないシチュエーションだったけど、良かったです。ものすごく正直で、偽りも繕いもなく、素の自分を見せた田中さん。自分に自信がないこと。彼女を喜ばせてあげられるか、っていう自信。持てませんでした。自分で良いのか。他にもっと相応しい男がいて、そいつなら大野さんをもっと幸せにしてあげられるんじゃないか。でも絶対に譲りたくはない

 たぶんその一緒にいたい、って気持ちさえあれば、それが自信になると思う。そう思いました。キスがうまかったのは、趣味のおかげだったね(^_^)


 恋愛のお話も実にげんしけんでした。リアルさがあったなあ。あり得ない話ではなかったんだろうな。実際ありそうで。
 でも笹原君、お前はどーするのだ(^_^)

 次回は別に流れわからずでw 斑目さんがリアルタイプに(笑)

WEB拍手を送る

げんしけん2 第2巻
げんしけん2 第2巻

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • (アニメ感想) げんしけん2 第4話 「デキテンデスカ?」

    Excerpt: げんしけん2 第2巻 笹原と斑目は部室で大野と田中の関係について話していた。すると斑目と笹原には意外だったのだが「付き合ってないと思いますけど」と女の勘なのか荻上が言う。咲と高坂、朽木もその話題.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2007-11-03 01:03
  • 07年10月新規アニメ 第5週 感想 げんしけん2 Myself ; Yourself

    Excerpt:  げんしけん2 第4話  Myself ; Yourself 第5話  の感想です!  マイユアは相変わらず良いですね!今回は特に良かったと思います。最後の伏線が気になりますが・・・.. Weblog: 荒野の出来事 racked: 2007-11-04 01:10
  • げんしけん2 第4話

    Excerpt: 「げんしけん2」の4話は、田中と加奈子がメインです。完全スピンオフ前提のエロゲー「ラーメン天使プリティメンマ」も本格的に登場です。 Weblog: ホビーに萌える魂 racked: 2007-11-06 00:36