電脳コイル 最終話

 痛みを感じることの大切さ。繋がることの、大切さ。


 電脳世界コイルドメイン、精神空間、医療空間にも繋がりを持っていた。そして"アッチ" ミチコさんの存在。


 壮絶で壮大でした。当初、あの世界観からは想像すらできなかった精神世界がこの物語の大枠、始まりであり、終わりを告げさせるものになっていた。感動でした。とても一言二言では言い表せられない、ここまで見て初めて得られる感動だと思います。当てられたまま書いていますw


 イサコはヤサコの声を聞き、兄の力を借り、自らの意思と足で、を抜け出すこと成功しました。

 心の痛み。
 痛みからは逃れてはいけない。なぜなら人は生きるのであれば、痛みとは必ず向き合わなくてはいけないからであって、1つ逃げたとしても、必ず次の痛みが訪れる。理由なんてない。生きているから、という理由以外ない。

 イサコは誤解もあったけれど、痛みから逃れるために心を閉じてしまいました。そして一度はサルベージされたものの、再び兄と出会うために、潜ってしまい、過去の自分の心と出会い、閉じてしまった。

 どうしても避けられない。避けてもいけない。乗り越えなくてはいけない。それは一人で難しいなら、誰かの助けを借りてもいいと思う。でも最後に歩みを進めるのは、必ず自分の力でなくては、乗り越えたことにはならない。



 デンスケとの再会と改めてのお別れ。お兄さんとの再会と、お別れ。閉ざされていた記憶が蘇り、同時に、そのときの感情も蘇っていました。ミチコさんが生みだすことになってしまった二人の感情は、もしかしたらハラケンが言っていたように彼に対する「同じ気持ち」だったかもしれない。

 探偵局のメンバーに父がいたとはなぁw 弱みを握られることでメンバーに強制加入させられていたとは…。相当探偵局も今回の一件に絡みが多すぎていました(^_^;)


 素晴らしく楽しい半年間でした。毎週毎週、終わった瞬間に次回が気になって楽しみになる。基本でした。まだまだアニメを見ていこう、と思わせるほどのスケールを感じたし、感謝でした。



 戻ってこれたイサコは最後までヤサコを友達とは呼んではくれませんでした。でも仲間には違いない。でもでもそれも同じ路を進んでいるときだけであって、これからは離れるだろうと。。
 でも彼女は、

 「また会おう、同じ路を迷ったとき。」

 そう、言ってくれた。そして最後の「私はイサコ、名付け親はあんただ」という言葉に、彼女のヤサコに対する今言える気持ちのすべてが込められていたんだろうな。



 あの電脳の世界が発展するということはつまり、ネットワークが発展するということ。ネットワークとは「繋がり」そのものであり、人は遙か昔から繋がって生きている。さらに目に見えるものと見えないものも、人は遙か昔からその存在を疑ってきたことはない。

 直接は目に見えない電脳ネットワーク。メガネをかけて初めて見える電脳世界(^_^) そこに繋がりを感じて、いつしかそれは心の繋がりへと結びついていく。であれば逆に、心から、ネットワークへとも繋がっていけるのではないだろうか。そんな流れがあったのかな。

 想いの力は必要不可欠。何もかもそこからすべてが始まる。決して忘れてはいけないことであると、教えてくれました。痛みはいつもそこにある、あるからこそ心があるということ。


 全く感想を脱してしまったけど(汗)あとで書き直そう。。
 で、来週からまた見ますw 本当に楽しい時間でした。見れて本当に良かった作品でした。

 二人の再開は望んではいけないのかもだけど(^_^;) でもきっとまた出会うんだろうな。またいつかあの世界を見たいです。

WEB拍手を送る

電脳コイル 第3巻 通常版
電脳コイル 第3巻 通常版

この記事へのコメント

2008年01月05日 17:01
とても、なきました。
LUNE
2008年01月06日 00:29
ラストまで、京子ちゃんの笑顔にも泣けましたね。とてもとても良い作品でしたね。

この記事へのトラックバック

  • 電脳コイル 26話 最終回『ヤサコとイサコ』

    Excerpt: 「見失っても、必ず道はどこかにある」 「人は、細い道で繋がっている・・・時々見失うけど」 「でも、きっと繋がっている」 ヤサコのキスとイサコの嫉妬で生まれたミチコさん、 イサコを甘い言.. Weblog: よう来なさった! racked: 2007-12-01 23:40
  • 電脳コイル 最終回 第26話「ヤサコとイサコ」

    Excerpt: 第26話「ヤサコとイサコ」 遂に明らかになった4423の謎。ヤサコもまた隠された過去の記憶を呼び戻す。4423と出逢ったあの時、いったい何が起きたのか!?その記憶を辿りな... Weblog: さとぴーの選択範囲 racked: 2007-12-02 01:27
  • 電脳コイル「ヤサコとイサコ」

    Excerpt: 電脳コイル「ヤサコとイサコ」です。 さて、ここまで本当にすばらしい出来だった電脳コイルですが、最終回も見事に着地してみせるのでしょうか。先週までの進展からすると、結構苦しそうで余韻を残すようなラ.. Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ racked: 2007-12-02 07:14
  • 電脳コイル26話(最終話)「ヤサコとイサコ」

    Excerpt: 最終回 電脳コイルに出会えて僕個人はとても良かったです。 言い過ぎかもしれないですが、幸せでした。 面白い、すばらしいオリジナルアニメに出会えました。 磯光雄監督はじめ�... Weblog: 失われた何か racked: 2007-12-02 07:38
  • 電脳コイル最終話ヤサコとイサコ

    Excerpt: 「これぞ正真正銘の…最終回、最初から最後までクライマックスだぜ!!」「…うん、最後にデンスケが一瞬だけ出て来て消えた所なんて」「あのシーンはほんとやばかった。ウルっときたからね」「言葉じゃ言い表せない.. Weblog: 翔太FACTORY+Face.Chat.Union racked: 2007-12-02 07:42
  • アニメ【電脳コイル】第26話。

    Excerpt: 『電脳コイル』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさる方は御覧にならない様に注意をして下さい。 最終回 第26話 ... Weblog: どっかの天魔日記 racked: 2007-12-02 08:20
  • 電脳コイル 26話 最終回 「ヤサコとイサコ」

    Excerpt: ★★★★★★★★★☆(9) いつでも どんな時も 道は続いている 繋がっている まさかの百合END来たー!!(マテ いやいや、心配してたけどとても綺麗な終わり方だったと思います。 勿.. Weblog: サボテンロボット racked: 2007-12-02 10:33
  • 電脳コイル最終話『イサコとヤサコ』感想

    Excerpt: 4423を探しているヌルはヤサコのおじじでした。 そしてあっちの空間とは 交通事故で兄を失った妹の勇子の心を癒す 電脳空間であったことが判明しました。 その空間に入る�... Weblog: Powerd BYエコール・ド・サンファル racked: 2007-12-02 13:25
  • 電脳コイル 第26話「ヤサコとイサコ」

    Excerpt: サヨナラが言えたよ――。 ひとの心の痛みから生まれた影が、イリーガルだったのか知れない。 さよならできなくて…そんな思いが生み出した存在たち。 それでも子供たちは、明日に歩いていかなくてはいけな.. Weblog: SeRa@らくblog racked: 2007-12-02 15:14
  • 「電脳コイル」最終話

    Excerpt: 最終話「ヤサコとイサコ」イサコを救うため”あっち”と呼ばれる空間に侵入したヤサコ。様々な妨害を乗り越えた先に彼女を待つものとは・・・?「勇子の”勇”は勇ましいの”勇”!!!」「戻ってきなさい!イサコ!.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2007-12-02 16:21
  • 電脳コイル #26

    Excerpt: 見たくてたまらないのに、もったいなくて見られない。いつの間にか、そんな深い思い入れをしていた最終回でした。崩壊する異空間に閉じこめられたヤサコ。彼女を救ったのは、なんとイ... Weblog: 日々の記録 on fc2 racked: 2007-12-02 19:28
  • 電脳コイル26話「ヤサコとイサコ」

    Excerpt: もう最終回になってしまったんですね。これでこの観想ができなくなると思うとしみじみ思います。 あんなにナゾばっかだったのに綺麗に最後はしあがったなと思います。いっていいですか。ちょっとうるうるしま.. Weblog: *ユキグニ* racked: 2007-12-02 19:32
  • 「電脳コイル」26話 ヤサコとイサコ

    Excerpt: 終わった。なんとか終わった。 これおさまるのかなと思ってたけど謎解きとテーマだけはしっかりと描いて終わった。こっちはエピローグをもっといろいろやる計算だから足りるかなと�... Weblog: 蒼碧白闇 racked: 2007-12-02 21:53
  • 電脳コイル 第26話(最終回) 「ヤサコとイサコ」

    Excerpt: ミチコさんはイサコとヤサコの生みだした存在だった。 子供から大人になる過程で感じる心の痛み。自立への扉を開けて歩き出すイサコ。 イサコがヒロイン、ヤサコがヒーローのよう�... Weblog: Refuge racked: 2007-12-03 17:48
  • 電脳コイル 第26話「ヤサコとイサコ」…まとめきれぬわ!w

    Excerpt: まずは世界設定についてとか(`・ω・´)   ヤサコとイサコのつながりは両者の記憶の混線(っぽい様子)からある程度予想していたのだけど、デリケートな部.. Weblog: ■■テラニム日記2■■ racked: 2007-12-04 04:23
  • 電脳コイル #26

    Excerpt: 『もどってきなさいっ! イサコ!』 Weblog: ANIME NO HITOKOTO racked: 2007-12-04 18:25
  • 電脳コイル#26「ヤサコとイサコ」

    Excerpt: 【4423】はイサコの患者ナンバー。事故で兄が死んだショックでイサコを治すために生み出された空間。この空間に入って来たヤサコが4423とキスしているのを目撃!メラメラ嫉妬からミチコを生み出してしまった.. Weblog: Sweetパラダイス racked: 2007-12-04 19:21
  • 電脳コイル 第26話

    Excerpt: 「ヤサコとイサコ」 電脳コイル 第4巻 限定版折笠富美子.桑島法子.矢島晶子.朴ろ美.小島幸子.斉藤梨絵.鈴木れい子.野田順子.小林由美子.梅田貴公美 磯光雄 バンダイビジュアル 2007-12-.. Weblog: 本を読みながら日記をつけるBlog racked: 2007-12-04 21:32
  • 電脳コイル 最終回「ヤサコとイサコ」(感想)

    Excerpt: こちらは感想です。内容は前半・後半。思いついたままに書き連ねます。落ち着いたらまとめたいと思います。まだ訂正・追記するかもしれません。4423はイサコの患者ナンバー。そしてイサコの病室。兄の死を知らさ.. Weblog: からまつそう racked: 2007-12-05 03:48
  • 【電脳コイル】ヤサコとイサコと4423のillustと26話〔ヤサコとイ...

    Excerpt: 〔電脳コイル〕26話〔ヤサコとイサコ〕。若し2人の出会いがこうだったらと云う願望のillust。あのヌルはオジジでした。もう、冒頭から号泣です。しかも、もう出てこないと思っていたデンスケ迄もが登場。此.. Weblog: くろぬこillust自由帳【KuroNukoMatryoshka】 racked: 2007-12-08 14:47