ソウルイーター 第8話

「パパ参上っ!!」


 シュタイン博士とクロナ君との戦いは、圧倒的、とまでは見えなかったものの、シュタイン博士&マカパパの勝利。液体固体を自在に変化させるあの武器、ラグナロクはかなりやっかいな性質でした。しかもそれが常に、クロナ君の体内を流れる血となっているとは・・・。たとえ体外に出たとしても、その意思はもちろん保ったまま、単独での攻撃も行ってきていて、いかにマカちゃんが浅はかすぎたか実感でした。武器の強さ以前に、あの攻撃をマカちゃん自身が体術で交わすことができなければ、到底すべてを防御できる代物じゃなかった。果たして気体にもなれるんだろうか。。

 あとは魂の波長の打ち込み。これもできていなければ、話にならない相手みたいでした。早々に会得しないと、こんなの何度もやってたらほんとソウル君粉砕されちゃうよ。。


 あと一歩でクロナ君を、というところで、上空で待機していた魔女が、封じていた己の魔力を解放させご登場。魔女の中でも桁違いの強さを持っている方で、シュタイン博士でさえも、見逃してくれて良かった、って感じだった。さくっとクロナ君は彼女に回収されて、なんとか課外授業はおしまい。

 あんな強い魔女もいるし、あんな見たことない職人と武器もいるんだね、って感じでまた次回から仕切り直すかと思いきや物語はまだ続いていました。
 ソウル君の怪我。体の傷はシュタイン博士のおかげでなんとか治ったものの、どうやらクロナ君の血が彼の体内に入ってしまっていると。。ソウル君の傷口に、シュタイン博士たちが景気よくクロナ君の血を浴びせていたからかな(^_^;) このことがこの先どう影響してくるのか。とりあえずマカちゃんじゃなくて良かった・・・。

 さらに、死武専で普通に働いている保健室の女医さん?のお声が法ちゃんでした。あー二役か、ってことはなく(汗)あの桁違いの強さを持った魔女、メデューサさんご本人! プロテクトして普通の人の魂の波長を装っているんだね。
 上空にいたときも、学校にいたときも、彼女の魔力は誰にも悟られてもいない。死神様ですらわかってないんだろうか。。気になる・・・。


 お話が次々と繋がりつつ、進展するのはおもしろかったです。長いスパンの中の一つに過ぎないのかもしれないけれど、この流れはとっても良かったです。

 がw 次回は別に繋がりは見えずで、ブラック☆スターとキッドが聖剣求めて冒険。ラグナロクの次はエクスカリバーだ。二人とももう武器あるのになぜに・・・

WEB拍手を送る

ソウルイーター SOUL.1【予約先着特典:絵コンテ付】
ソウルイーター SOUL.1【予約先着特典:絵コンテ付】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ケッツアール
2008年05月26日 23:55
魔剣の次は聖剣でしょw

この聖剣は…ネタばれになるので控えますwとにかく、一番強いキャラ登場ってことで見逃さないように★
ブラックスターよりもビックな存在、キッドの求めるシンメトリーも凌駕する神々しさ…

女医登場ですね、このあと新キャラが増えきますよ。敵か見方かは見てのお楽しみです。

黒血の存在=死武専の意義、これが少しずつ分かるようになります。
ただの黒い血ではないということも、今後の展開で明らかに

シュタインの今後の動向も面白い展開になっていきます。どんなに強い職人でも

聖剣の一呼吸置いた後は第二幕の開演です。魔女と死武専の戦いの幕開けですよ。
2008年05月27日 09:41
 魔剣は鬼心の一歩手前、なんですよね。じゃあ聖剣は。。一体誰が一番強いのか毎回わからなくなってくるの好きですw

 あの魔女さんを3組だけでは、倒すのは至難の業としか思えないんで、どう乗り越えていくか楽しみです。死神様のあのライトなノリも気になる・・・。

この記事へのトラックバック