CLANNAD AFTER STORY 総集編「緑の木の下で」

出会い、別れ、そしてまた出会う。
その時その時感じること、思うこと、考えることがあり、
その度に立ち止まるのか、後ろを振り返るのか
それとも前へ進むのかを選択していく。

いろいろ、というにはあまりに多くのことを
人は日々重ね続けていくことが、生きること。


1期、2期と、高校入学から一児の親になるまで、
この作品では朋也君たちの人生が描かれていました。

彼等の生きてきた僅か数年ではあったけれど道筋を見て、
「本当に生きる」ということが
どれほど力を使わなければいけないのか、
そしてどれだけ使っても"足りる"ということは少なく、
その度に悔やみ、悩み、哀しみを経験していかなくてはいけないかが、
真っ直ぐにわかりやすく描けていたと思いました。

それが当たり前なんだと思える人もいるし、
そこまでしなくてはいけないののか、と思う人もいる。

正しい方は、という判断はその人に委ねられるけれど
もし自分なら、彼等の生き方こそが在るべき姿である思いました。

求めるべきはゴールではなく、
自分が、幸せと感じられる時、
自分の好きな人たちが、幸せでいてくれる時、
自分が心から都度の選択をして"良かった"と感じられる時、
それらの時間こそが、求めるもの。



1期では夢は継がれていくこと、
2期では、出会わない方が良かった、なんてことは絶対にないこと。
が、それぞれ強く印象を受けました。
どちらでも一貫していたのは、家族という存在になっていました。



真剣に取り組んで創り出されたものだと、
容易に見てわかるところ、素晴しかったです。

今の自分は、極めて鋭く(^_^;) この作品は突き刺さったのだけど、
数年後見返してみたら、確実に違う感情を持つとわかります。
見ることができてとても良い作品でした(^.^)

WEB拍手を送る



CLANNAD AFTER STORY 6 (初回限定版) [DVD]
ポニーキャニオン
2009-05-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック